【ヨミ】リフレーミング リフレーミング

「リフレーミング」とは、理想的な状態に向かうために、ものごとを認知する枠組みを別の枠組みで捉え直すことをいいます。枠組みは英語で「Frame(フレーム)」、そのフレームを改めることから「Reframing(リフレーミング)」と呼ばれます。もともとは心理学用語として家族療法などで用いられていましたが、現在はビジネスシーンなど幅広い分野で用いられている技法です。

リフレーミングのケーススタディ

上から見るか、下から見るか
別の視点から捉え直すリフレーミング

何かに行き詰ったり悩んだりしているとき、見ている物事に過集中してしまっているかもしれません。そんなとき、視点を変えて引いてみることで、それまでの視点とは異なる側面が見えてくることもあります。

例えば、病院で医師から「この病気では5年以内に10%の方が亡くなります」と説明を受けたらどう感じるでしょうか。10%という確率を決して低くない数値だと感じ、不安な気持ちが増す人もいるかもしれません。一方、「この病気では5年生存率は90%です」という説明であれば、きっと自分も大丈夫だろうと前向きな気持ちを持てるのではないでしょうか。10%の死亡率も90%の生存率も、どちらも同じファクト。そのファクトにどのような意味付けをするかが、一人ひとりが持つフレームで、その後の感情や思考や行動につながります。

リフレーミングは、いくつかの種類に分けられます。視点のリフレーミングは最も一般的な方法で、コインの裏表のように、視点がネガティブな面からポジティブな面に近づくよう角度を変えるもの。文脈のリフレーミングは、現在の環境では役に立たないことも、環境が変われば有益になるかもしれないというもの。意味づけのリフレーミングは、ある事柄の意味合いを変えるもの。例えば、かつては所有することが豊かさの象徴として捉えられていましたが、現在ではミニマリストという概念ができ、所有しないことに対してポジティブな印象形成に成功しています。

ただし、リフレーミングは表面的にポジティブな言葉を使えばいいというものでもありません。思い悩んでいる人に上辺だけのポジティブな言葉をかけると、かえって停滞を生んでしまうかもしれません。リフレーミングは、物事の枠組みを捉え直し、理想的な方向を向くためのもの。誰にでも効果を発揮する万能薬ではないため、現在のフレームや言葉を尊重しながら変容をうながす姿勢が重要です。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するキーワード