企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事キーワード 掲載日:2020/06/29

【ヨミ】デジタルトランスフォーメーションメイガラ デジタルトランスフォーメーション銘柄

「デジタルトランスフォーメーション銘柄(DX銘柄)」とは、経済産業省が東京証券取引所と共同で、デジタルトランスフォーメーション(DX)を積極的に取り組む企業を「DXグランプリ」や「DX注目企業」として選定・公表するものです。これまで5回にわたり、IT利活用に取り組む先進企業が「攻めのIT経営銘柄」として選定されてきましたが、DXに焦点を当てる形で名称を変え、2020年から新たに実施される予定です。

デジタルトランスフォーメーション銘柄のケーススタディ

DXのさらなる推進に向けて
“攻めのIT”から「DX銘柄」へと名称変更

DXが進まなければ、最大で年間12兆円の経済損失が生じる可能性を経済産業省が示唆する「2025年の崖」。今後目指すべき社会の姿として内閣府が発表している、サイバー空間とフィジカル空間を高度に融合させたシステムにより、経済発展と社会的課題の解決を両立する人間中心の社会である「Society 5.0」のような未来の日本の姿を描く上で、DXは避けて通れないものとされています。

ITは成長産業であるにもかかわらず、日本のIT業界は約1%の成長率。アメリカの約6%、中国の約15%という数字を見ると、低い成長率であることがわかります。

原因の一つは、情報システム部門が企業内で長きにわたり「コストセンター」として扱われてきたこと。経営視点でITを利活用しようとする企業が少なく、過去のレガシーや慣習を継続してきた結果、今まさに「2025年の崖」という危機に直面しているのです。

これまでの「攻めのIT経営銘柄」の内容を見ると、2019年の銘柄選定では評価基準にDXの推進を加え、デジタル時代を先導する企業を「DXグランプリ」として新設しています。

DXグランプリには、ANAホールディングス株式会社が選ばれました。空港のスマート化やデジタルサービスプラットフォームといった実効性の高い取り組みや、経営企画にイノベーション戦略機能を新設し、既存ITの刷新とイノベーション創出の両輪からDXを推進する土壌を作り上げたことなどが評価されました。

多くの日本企業はこれまで、事業と技術を切り分けてきました。しかしそこに明確な境界があったことで、セクショナリズムに陥り、成長速度をゆるめてしまった側面もあります。今後は事業側・技術側の双方からDX推進に取り組める人材が必要です。経営や人事は「わからないから人に任せる」のではなく、攻めのIT戦略やDXを最重要課題として捉え、技術人材との目線を合わせていくことが求められるでしょう。

・関連記事
経済産業省に聞く、「2025年の崖」を回避するDX推進の道筋とは

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

2025年の崖
「2025年の崖」とは、複雑化・ブラックボックス化した従来型のレガシーシステムが「デジタルトランスフォーメーション(DX)」の実行を妨げていることを問題視したキーワードです。経済産業省が2018年に公表した「DXレポート」で指摘されました。レポートでは、2025年までにDXを達成できなければ最大12...
ITSS
経済産業省が策定した、IT関連サービスに必要とされる能力を明確化・体系化した指標です。SSはスキル・スタンダードの略で、「ITスキル標準」という言い方もします。
自転車通勤推進企業
2020年4月、国土交通省は「『自転車通勤推進企業』宣言プロジェクト」を創設しました。本プロジェクトは、自転車通勤を導入する企業や団体を自転車活用推進本部長(国土交通大臣)が認定するもので、企業活動における自転車通勤や業務利用の拡大を図ることを狙いとしています。

関連する記事

採用成功企業はここが違う!ITエンジニア採用の最新動向 ~採用成功のカギを握る「採用メタ認知力」とは!~
企業のIT/Web(以下、ITで表記)への投資が拡大している。しかし一方で、ITエンジニア(以下、エンジニアで表記)の採用難が大きなテーマとなっている。特に問題なのは、今後さらにエンジニアの採用が厳しくなっていくことだ。そのような環境下でも、エンジニアを採用す...
2015/03/18掲載注目の記事
2016年「ホワイト企業」認定がスタート! 日本次世代企業普及機構(JWS)が取り組む、次世代に残したい良い会社の基準とは?
一般財団法人日本次世代企業普及機構(Japan White Spread:以下、JWS)は、将来性やビジョン、働きがいといった要素において、これからの時代に残すべき素晴らしい中堅中小企業を発掘し、「ホワイト企業」として認定・表彰を行うことを目的に誕生しました。...
2016/02/10掲載注目の記事
ダイバーシティ推進の必要性は8割の企業が感じているが、施策がある企業は4割
全国4,036社の人事実態調査『人事白書2016』レポート。「ダイバーシティ」について聞いた。自社においてダイバーシティを推進する必要性が「ある」のは約8割。ダイバーシティを推進するための施策が「ある」のは約4割。施策の効果が「あった」のは少なく、「わからない...
2016/07/15掲載人事白書 調査レポート

関連するQ&A

08年賃上げ
お疲れ様です。 08年度の全国平均昇給額と昇給率のデーターをお持ちでしたら、教えて頂きたくお願い申し上げます。 大企業・中企業・小企業別にあれば、なお幸でございます。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 経営戦略 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

POSITIVEの導入事例はこちら 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


メンタルヘルス・健康経営セミナー<br />
職場の活力アップを考える

メンタルヘルス・健康経営セミナー
職場の活力アップを考える

人材不足、多様性、働き方改革など、近年は人材に関する環境が大きく変化。...