ニュース
人事サービス 雇用・採用
掲載日:2012/06/26

日本マンパワー、新入社員意識調査を実施
~新入社員が最も大事にしたい価値観は 3年連続「人の役に立てること」~

日本マンパワーが新入社員のキャリア意識について
今年度最大級の新入社員意識調査(自社調べ)を実施


株式会社日本マンパワー(東京都千代田区神田東松下町47-1、代表取締役:加藤智明)は、
昨年に引き続き、2012年入社の新入社員を対象としたアンケート調査を実施し、結果をまとめました。

本調査は、主に弊社がお手伝いした新入社員研修(個別企業内実施)の参加者、および本趣旨にご
賛同いただいた企業様の新入社員7,592名(回答企業数155社)を対象に行い、
今年度最大級の新入社員意識調査(自社調べ)となりました。


本調査の特徴として、
 1.キャリアや職業選択に関する著名な諸理論(キャリアカウンセリングに関する理論)を活用し設計
 2.新入社員のキャリア形成意識と関連する考え方や価値観を調査
 という点が挙げられます。

また、世相を反映した自由記述形式の質問なども組み込み、より新入社員の意識に
深く切り込んだ内容となっております。

組織内キャリア開発プログラムの企画・実施や、キャリアカウンセラーの養成を中心に、
個人と組織の双方に望ましいトータルキャリアサポートをご提供する弊社ならではの調査内容です。
今年の調査は、下記のような結果となりました。


 ≪ 主な調査結果 ≫

〔1〕 仕事への不安「かなりある」と回答、2012年度が最も高い結果

   仕事への期待と不安に関しては、3年連続して約9割が「ある」と回答
   昨年比較で+3.4%、2010年調査と比べても+1.2%となり、過去最も高い数値結果となった。

〔2〕 不安の対象、「自分の能力(知識・スキル)不足」が第1位
   不安の対象としては、「自分の能力(知識・スキル)不足」「自分があげる成果」
   「仕事での失敗」「職場の人間関係」とした新入社員が、6割を超えた。

〔3〕 5年後のキャリアビジョンが「ある」新入社員と「ない」新入社員の「期待」
   5年後の自分のキャリアビジョンが「ある」と解答した新入社員は77.3%。
   「ある」新入社員のうち、実現可能性について、59.4%が「必ず実現する」、
   「実現できるだろう」と回答。
   キャリアビジョンの実現可能性を高いとしている新入社員は、キャリアビジョンが「ない」と回答した
   新入社員に比べて仕事への期待が高く、不安が低かった。

〔4〕 働くうえで最も大事にしたい価値観、3年連続で第1位「人の役に立てること」
   昨年起きた東日本大震災の影響が考えられるが、その傾向は今年度も引き続き変わっていない。
   「人の役に立てること」を選んだ新入社員は、全般的に成長意欲が高い傾向が見られた。 

〔5〕 会社を選ぶ時に感じた魅力、3年連続で第1位「自分が成長できる」
  2位の「社内の雰囲気や人間関係」は2年前に比べて大きくポイントを下げた(▲4.5ポイント)。
  唯一3年連続で増加基調にあるのは「給与や待遇」で、2年前と比較して+4ポイント。

〔6〕 「会社・組織を選ぶときに感じた魅力」に文系と理系の新入社員の間に違い
   1位は共通して「自分が成長できる」、2位は、文系の新入社員は「社内の雰囲気や人間関係」が高く、
   理系の新入社員は「自分のやりたいことができる」が高かかった。
   最も差が開いた魅力は「自分の能力や知識を発揮できる」で、
   理系の新入社員が文系の新入社員より高かった。

〔7〕 上司にしたいスポーツ選手「イチロー」が第1位
   上司にしたいスポーツ選手は「イチロー」が21.0%で第1位。
   2位「松岡修造」4.6%、3位「長谷部誠」4.2%、4位「澤穂希」2.8%を大きく引き離した。

(株式会社日本マンパワー http://www.nipponmanpower.co.jp/cp/ /6月25日発表・同社プレスリリースより転載)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。