無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

ニュース 掲載日:2022/03/29

【アジア5カ国・地域雇用の実態調査】半数以上の企業が「自社に必要なスキルを持った人材の採用に自信がない」

外資系人材紹介会社ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:港区、マネージング・ディレクター:グラント・トレンズ、以下ヘイズ)はこの度、ヘイズが展開するアジア5カ国・地域で9500人超の社会人を対象に雇用の実態調査を行いました。

■日本企業の半数以上が「自社が必要とするスキルを持つ人材の採用に自信がない」と回答
調査の結果、日本では半数を超える企業が「2022年に自社が必要とするスキルを持つ人材を採用できるかどうか自信がない」と回答しています。
これは今回調査対象となったアジアで最も高い割合です。

日本のスキル不足の背景について、ヘイズ・ジャパンでマネージング・ディレクターを務めるグラント・トレンズは次のように述べています。
「日本のスキル不足の背景には根深い問題があります。終身雇用がいまだに根強く残る日本では、雇用が保障されている事や、スキルアップが必ずしも給与に直結しないことから、積極的に自己のスキルアップするモチベーションに欠けています。これまでは海外からの優秀な人材を採用するなどしてスキルを持った人材を確保することが可能でしたが、コロナ禍で海外人材の確保が困難となり、日本国内のスキル不足が深刻化しています。」
 

■企業が考えるスキル不足の背景、トップは研修不足
また、自社のスキル不足の理由については、「研修・学習機会の不足」が41%、「他社の方が高い報酬を提示している」と「ブランドアイデンティティ、企業文化に改善の余地がある」がともに32%となっています。

一方、従業員の状況に目を向けると、将来に向けてどのような準備を進めているかとの質問について「ソフトスキルの習得」と答えた日本の回答者は44%で、これは調査対象となったアジア域内で最も低い割合でした。また、「ハードスキルの習得」と答えた回答者は23%でした。

トレンズは、新しいスキルの習得がますます求められるようになっている状況を鑑み、スキルアップがいかに重要であるかを伝えています。
「新たな局面を迎えたビジネスの世界で成功していくためには、スキルアップを積み重ねていくことが大切です。そして、これは企業と従業員双方に課せられた責任であるとも言えます。企業は、仕事への関連性が高い研修や学びの機会を増やし、従業員は就業時間以外でも積極的にスキルアップに取り組む意識を持ちましょう。」
 

【ヘイズ アジア給与ガイド 調査概要】
調査期間:2021年10月~11月
調査方法:インターネット
回答者:アジア5カ国・地域の社会人 9,598人
内訳:中国3,329人、香港特別行政区1,120人、日本1,388人、マレーシア2,385人、シンガポール1,376人

 

◆本調査の詳細は、こちらをご覧ください。
(ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社/3月24日発表・同社プレスリリースより転載)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。