企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

ニュース
人事サービス 人材育成・研修
掲載日:2020/09/30

【意識調査】20代若手社員のオンラインで働く悩みに関する最新若手意識調査レポートを公開

リ・カレント株式会社(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:石橋真、以下「リ・カレント」)は、COVID-19感染拡大防止の影響で働き方が多様化しているなか、20代の若手社会人がオンライン(リモート環境)でどのような不安や悩みを持っているか、東京都の20代、1300名に対して調査を致しました。
21年卒のCOVID-19のオンラインでの就職活動を経験した若手など21年卒の若手人材育成について、企業の人材育成に関わる方々に参考情報としてご覧いただけるよう、調査結果をレポートとして公開致します。


◆調査概要
・調査対象:東京都内20代、1300名
・調査期間:2020年9月中旬
・調査方法:選択解答及び自由回答式インターネット調査


■調査結果サマリー・リモートワーク時代の20代若手社員の本音
1.リモート環境での仕事の仕方を学んだことがある若手は約1割

「リモート環境での仕事の仕方」について、「ガイドラインが設けられている」「講習を受けている」若手は約1割。リモート環境で仕事をするなかでは「不安や悩みを感じたことがある」若手は約6割となった。

2.「お互いの意図や気持ちの伝達」「仕事とプライベートの切り替え」に難しさを感じている若手が約半数
リモートワークでの悩みや難しさとしてあげられたのは「お互いの意図や気持ちの伝達」「仕事とプライベートの切り替え」、次いで「質問・相談のタイミング」だった。対面とは異なるリモート環境でのコミュニケーションに難しさを感じていることが読み取れる。

3.リモート環境では「上司、先輩へ気軽に雑談・相談がすることができない」若手が約9割
上司、先輩との雑談・相談について「忙しさや状況をみて遠慮してしまうことがある」が約33%、「打ち合わせの前後であればできる」が約24%、「相談する機会を設けにくい」が15%という回答結果に。リモート環境で上司、先輩がどのような状況か見えないため雑談・相談することへの若手社員のハードルが上がっていることの表れか。


■全体を通して
リモートワークでの仕事の仕方(Q7)を問う設問では、「明確なガイドラインや講習が設けられている」という回答は約1割弱に留まりました。新型コロナウィルス対策でリモート環境の整備や導入が進められている一方、リモート環境での仕事の仕方についての育成はまだ対応しきれておらず、手探りなことが解ります。

そういった状況のなか、オンラインで働く若手社員はどのようにことにリモートワークで悩み、難しさを感じているかを問うパート(Q4,Q5)では、リモート環境で仕事をすることに不安や悩みを「感じたことがある」に該当する回答が約6割という結果となりました。

具体的にどのような悩みがあるかを問う複数回答で設問に対しては「直接会えない中で、うまくお互いの意図や気持ちが伝わらない」が52.6%と最も多く、次いで「在宅環境で、仕事とプライベートの切り替えが難しい」(45.4%)と「周囲に質問・相談するタイミングがわからない」(41.4%)が多く回答されました。
これらの結果から、対面とは違うリモート環境でのコミュニケーションに若手社員は難しさを感じていることが読み取れます。
また、出退勤の移動等がないリモート環境では、仕事とプライベートの切り替えに難しさを感じている人も一定数存在することがわかりました。

若手社員の上司、先輩への雑談・相談について問うパート(Q6,Q8,Q10)では、雑談・相談を「忙しさや状況をみて遠慮してしまうことがある」が約33%、「打ち合わせの前後であればできる」が約24%、「相談する機会を設けにくい」が15%に。
上司、先輩がどのような状況か見えないリモート環境では、「雑談・相談することへのハードルが上がっている」と若手社員が感じていることが読み取れました。

業務に留まらないリモートワークでの心配や不安を問うパート(Q11)では、「何でも相談できる人が職場にいないと感じる」(26.1%)が最も多く、次いで「自身のこれからのキャリア・働き方への変化について漠然とした不安を常に感じている」と続きました。
リモート環境で周囲の状況がわからないため、誰かに気軽に相談することに躊躇していることに加え、「キャリアへの不安」「貢献・成長できているか見えない」といった、他者と比較して自分の状態や仕事の状況を知ることができないことから、自身のキャリアや成長への不安も見られました。

今後リモートワークの導入が進むなかでは、リモート環境ならでは若手社員の悩みである「相談できない」「キャリアが描けない」「貢献・成長できているか見えない」といった「〇〇ない」という、悩みを解消するための「明確なガイドラインの提示」や「学びの機会」が必要になってくるでしょう。

 

◆本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。

(リ・カレント株式会社 / 9月30日発表・同社プレスリリースより転載)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です
ニュースジャンル一覧
人材育成・研修(人事サービス)ジャンルのニュース

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

感染症対策の実施記録に手間なく体調管理 Withコロナ時代は社内研修をオンライン化! 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


人事システムが人材マネジメントの基盤を作る! <br />
~常陽銀行の「POSITIVE」導入に見る、人材力「可視化」の狙い

人事システムが人材マネジメントの基盤を作る!
~常陽銀行の「POSITIVE」導入に見る、人材力「可視化」の狙い

地方の企業は厳しい経営環境にあります。地域経済をけん引する地方銀行では...


強い企業ではなく、変化できる企業が生き残る。<br />
2020年以降を見据えたグローバル人材マネジメントの実現に向けて

強い企業ではなく、変化できる企業が生き残る。
2020年以降を見据えたグローバル人材マネジメントの実現に向けて

日本企業の海外売上比率が高まっているが、一方でグローバル人材の育成やマ...


プレスリリース掲載に関して

プレスリリース掲載に関して

弊社媒体向けニュースリリースにつきましては、受付フォームをご用意しております。
プレスリリース受付フォーム


『日本の人事部』主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2020-秋-」を11/17~20、11/25に開催。
<173講演ライブ配信>


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

日本を代表する大手企業の人事エグゼクティブによる、人事の未来を考える会