企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

印刷する印刷する 

[社会]

2019/01/28

「時差Biz」が冬にも拡大。時差通勤やテレワーク定着のけん引役に

東京都が実施する「時差Biz」について、1月21日から「冬の時差Biz」が新たに始まった。「時差Biz」は通勤ラッシュ回避のために通勤時間をずらす、働き方改革の一つとして東京都が主体となって行っているもので、2月1日まで実施される。

 

2018年7月9日から8月10日にかけて実施された「夏の時差Biz」では、参加企業が前年比で約2.5倍の824社に。また、想定参加人数は同比約3倍の18万人と大幅に増加。東京都によれば、インターネット調査を通じた「時差Biz」に対する認知度も75.3%と高い数値を維持している。

 

「時差Biz」をはじめとした働き方改革につながる取り組みを、多くの企業や自治体が積極的に取り入れている。株式会社パソナテックでは、出勤時間を指定範囲の中から1時間単位で選択できる「シフト勤務制度」を導入。実施者の約60%が所定始業時間前からの出社を選択している。通勤時間は平均で約48分削減できており、実施者のうち30%は時間外勤務が減少したという。

 

東京都豊島区では2018年、「夏の時差Biz」期間中の7月23日から27日にかけて、全管理職を対象にしたタブレット端末によるテレワーク(在宅勤務)を実施。今後は一般職員を対象にしたテレワークを試行し、その後の正式導入につなげたい考えだ。


「時差Biz」の参加企業は回を重ねるごとに増加しており、すでに1000社を超えている。このような大規模キャンペーンをきっかけに、企業や自治体単位での働き方改革に関する取り組みがどのように拡大していくのか、注目される。

 

(『日本の人事部』編集部)


ニュースジャンル一覧

行政・法律(社会)ジャンルのニュース

健康経営を戦略的に推進するステップとは?取り組み事例と外部サービスの選び方

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

ニュースアクセスランキング

注目コンテンツ


健康経営の実践に必要なステップ、外部サービスを選ぶ際のポイント

健康経営を戦略的に推進するための必要なステップや取り組み事例、外部サービスを選ぶ際のポイントをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「人のための組織づくり」への発想の転換<br />
今、企業社会のあり方が問い直されている

「人のための組織づくり」への発想の転換
今、企業社会のあり方が問い直されている

じっくり話しあって採用したはずの新入社員が「未来が見えない」といって早...


プレスリリース掲載に関して

プレスリリース掲載に関して

弊社媒体向けニュースリリースにつきましては、受付フォームをご用意しております。
プレスリリース受付フォーム


『日本の人事部』主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2019-春-」を5/9・14・15・16・17・23・24に開催。


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

日本を代表する大手企業の人事エグゼクティブによる、人事の未来を考える会