企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

印刷する印刷する 

[社会]

2018/10/12

シニア人材活用 鍵は定年延長後の待遇

今月5日、政府は「未来投資会議」を開き、継続雇用年齢を65歳以上に引き上げる法改革を検討した(日本経済新聞より)。現在、企業には希望者を65歳まで雇用することが義務付けられているが、少子高齢化が進む中で、これまで以上のシニア人材の活用を目指す狙いだ。

 

シニア社員の働くモチベーションを左右するのが、60歳以降の給与や役職などの待遇だ。『日本の人事部 人事白書2018』の調査によると、定年延長した従業員の仕事が「定年前と変わらない」と回答した企業は61.4%。一方で、賃金が11%以上下がると回答した企業は約69%、31%以上下がると回答した企業は26.5%にのぼった。同じ仕事をしているにもかかわらず、大きく賃金が下がれば、仕事への意欲や会社へのエンゲージメントの低下にもつながるだろう。

 

レンゴー株式会社では、2019年4月に65歳定年を導入。60歳以降も給与・賞与などの処遇は59歳以前と変わらない対応とし、一律的な役職定年も設けない方針を示した。同社では、「生涯現役」を労使共通のスローガンに、各人が持てる能力を最大限に発揮できる環境づくりを目指すという。

 

今後はシニア人材の活用がさらに進むと予測されるが、その力を十分に発揮してもらうためにも、どのように待遇するのかをしっかりと考えることが企業には求められそうだ。

 

 


(『日本の人事部』編集部)


ニュースジャンル一覧

行政・法律(社会)ジャンルのニュース

注目のHR Technology特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

高尾の森わくわくビレッジ 学びを可視化する ビジログ

ニュースアクセスランキング

<アンケートのお願い>人事コンサルティングに関する活用実態調査

注目コンテンツ


注目のHR Technology特集

【採用・退職率予測・エンゲージメント推進】
人事・経営者として知っておきたいHR Technologyサービス、セミナー、資料をピックアップ!


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


グローバル時代を勝ち抜くために必要な“人材育成とマネジメント”

グローバル時代を勝ち抜くために必要な“人材育成とマネジメント”

日本企業はグローバル化を進めるにあたり、長年解決できない課題を持ち続け...


人手不足と多様化の時代<br />
「給与前払い」は人材採用のフックとなるか?
new

人手不足と多様化の時代
「給与前払い」は人材採用のフックとなるか?

人材獲得施策にはさまざまなものがありますが、最近注目されているツールが...


プレスリリース掲載に関して

プレスリリース掲載に関して

弊社媒体向けニュースリリースにつきましては、受付フォームをご用意しております。
プレスリリース受付フォーム


『日本の人事部』 主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2018-秋-」を11/13・14・15・16・20・21・22に開催。


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

第12回会合として、人事リーダーによる座談会を2/2(金)に開催。