企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

ニュース
社会 行政・法律
掲載日:2018/08/06

平成29年度の申出等の件数は8,507件。対前年度比8.5%減となり、平成27年度から3年連続で減少~平成29年度のハローワークにおける求人票の記載内容と実際の労働条件の相違に係る申出等の件数を公表(厚生労働省)

厚生労働省では、平成29年度のハローワークにおける求人票の記載内容と実際の労働条件の相違に係る申出等の件数を取りまとめましたので、公表します。

平成29年度の申出等の件数は8,507件で、対前年度比8.5%減となり、平成27年度から3年連続で減少しました。また、申出等を内容別に分類すると、「賃金に関すること」(27%)が最も多く、「就業時間に関すること」(21%)、「職種・仕事の内容に関すること」(15%)が続いています。

ハローワークでは、こうした相違に関する相談を受けた場合には、求人を受理したハローワークと連携して、迅速に事実確認を行っています。平成29年度の求人票の記載内容と実際の労働条件が異なっていたのは、3,362件でした。また、事実確認の結果、求人票の記載内容が実際の労働条件と異なっていた場合には、是正指導を行っています。

引き続きハローワークでは、こうした対応を徹底することにより、求人票の記載内容が適切なものとなるように努め、求職者の方の期待と信頼に応えられる職業紹介などを行っていきます。なお、ハローワークにおける求人票の記載内容と実際の労働条件の相違に係る申出等については、最寄りのハローワークのほか、以下の「ハローワーク求人ホットライン」にご連絡ください。
 

【ハローワーク求人ホットライン(求職者・就業者専用)】
電話番号 03 (6858) 8609(ハローワーク)
受付時間 8時30分~17時15分(年末年始を除く)


別添1-1 平成29年度ハローワークにおける求人票の記載内容と実際の労働条件の相違に係る申出等の件数[PDF形式:140KB]
別添1-2 平成29年度 ハローワークにおける求人票の内容が実際と異なるものの対応状況[PDF形式:123KB]
別添2 ハローワークにおける求人票と実際の労働条件の相違への対応[PDF形式:310KB]
別添3 労働者を募集する企業の皆様へ(平成29年職業安定法の改正について)[PDF形式:547KB]


【照会先】
職業安定局総務課首席職業指導官室
首席職業指導官:小野寺 徳子
室長補佐:鈴木 良尚
(代表電話) 03 (5253) 1111(内線5776)
(直通電話) 03 (3502) 6774

 

◆ 詳しくはこちらをご覧ください。

(厚生労働省 http://www.mhlw.go.jp// 8月3日発表・報道発表より転載)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です
ニュースジャンル一覧
行政・法律(社会)ジャンルのニュース

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

タレントパレット 仕事と家庭(育児・介護)』の両立支援 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


管理職1年生日記 (第3回)

管理職1年生日記 (第3回)

ほとんどの会社では、新任管理職を対象とした「管理職研修」を行っているこ...


プレスリリース掲載に関して

プレスリリース掲載に関して

弊社媒体向けニュースリリースにつきましては、受付フォームをご用意しております。
プレスリリース受付フォーム


『日本の人事部』主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2020-秋-」を11/17~20、11/25に開催。
<173講演ライブ配信>


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

日本を代表する大手企業の人事エグゼクティブによる、人事の未来を考える会