無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

ニュース
社会 教育・オピニオン
掲載日:2018/05/24

部下に学ばせたいのは「コミュニケーション」。自分が学びたいのは「経営戦略」「事業計画」~『エグゼクティブの学びに関する意識調査』:経営者JP

エグゼクティブ向けの転職・キャリア支援サービスを展開する株式会社 経営者JP(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長・CEO 井上和幸)は、管理職以上のエグゼクティブに対して「学び」に関する意識調査をいたしました。当社とお付き合いのあるエグゼクティブの男女約 7,000 名(有効回答数 184 名)を対象に、学びに対する意識や注目するテーマ、部下に学んでほしいスキルについてリアルな声を伺いました。

 

【主な調査結果】

■上司が部下に1番学ばせたいのは「コミュニケーション力」
<あなたが部下に学ばせたいスキルや能力はなんですか?>

1位:コミュニケーション力 53.3%  2位:ロジカルシンキング 40.8%  3位:セルフマネジメント 34.2%

コミュニケーションはビジネスにおいても重要なスキルのため半数以上が部下に学んでほしいとの回答になりました。

 

■ 「リカレント教育(学び直し)」、実践するエグゼクティブは37.5%
政府は「リカレント教育(学び直し)」拡充に向け環境整備を加速させる方針を打ち出している中で、実践しているエグゼクティブは全体の37.5%という結果になりました。
一方で自分のスキルや能力を高めたいとの回答が99.5%となり、具体的な方法としては「外部セミナーへの参加」が最も多く32.6%、「テキストや書籍で勉強する」が31.0%という結果になりました。

 

■ エグゼクティブがいま最も注目する学びテーマは「AI」
事業成長のため、仕事内容・働き方を変えるためなどを目的に「AI」を学びたいという回答が目立ちました。他にも「これからの時代を生き抜いていく上で、このような最新技術の基本的な理解は欠かせない。」「人口構成が変わっていく中、企業存続と個人の安定のため、何をどのように活用するか考えたい。」などの理由からも「AI」に注目しているという結果になりました。

100年時代に突入したいま、社会人になっても「学び続ける」ことの重要性に注目が集まっています。政府が後押しする「リカレント教育(学び直し)」の実施や今エグゼクティブが関心のある学びテーマ、部下に学んでほしいスキルなど、学びに対する実態を明らかにしました。

まず、部下に1番学ばせたいスキルや能力について伺ったところ、半数以上の53.3%が「コミュニケーション力」と回答。続いて40.8%が「ロジカルシンキング」、34.2%が「セルフマネジメント」という結果になりました。続いて、自分が若いころに学んでおけばよかったスキルや能力について伺ったところ、66.3%と断トツに高かったのが「英語」。続いて38.0%が「会計・ファイナンス」、20.1%が「経営戦略・事業計画」という結果になりました。

今後、自分が高めていきたいスキルや能力について伺うと57.6%が「経営戦略・事業計画」と回答。続いて「経営学」が42.9%、「マーケティング」が41.3%という結果になりました。

政府も力をいれ、昨今注目されている「リカレント教育(学び直し)」の実態についても伺ったところ、いままで経験したことがあるとの回答が37.5%で半数にも満たない結果に。ただ、自分のスキルや能力を高めたいという意識があるとの回答は99.5%と非常に高く、その理由としては「新しいことにチャレンジするため」「自社の経営に役立てるため」「マネジメントに活かすため」などが挙げられました。いま注目しているテーマについて伺うと、最も多い意見は「AI」となりその理由としては「これからの時代を生き抜いていく上で、このような最新技術の基本的な理解は欠かせない。」「人口構成が変わっていく中、企業存続と個人の安定のため、何をどのように活用するか考えたい。」との結果になりました。

学びの具体的な方法として「外部セミナーへの参加」、「テキストや書籍で勉強する」といった回答が半数以上でした。時間帯は21:00~24:00と夜型が多く、土曜日・日曜日と週末を学びの時間にあてていることが明らかになりました。1週間のうちに学びに投資する時間は平均で6.2時間、1ヵ月のうちに平均19,043円投資しているという結果に。役職別に見てみると経営者が飛躍的に多く、1週間に8.1時間、1ヵ月での投資金額は37,622円と平均の倍近い結果になりました。

学びを推奨している企業も増える中で、社員の学びを促進させるような福利厚生について伺うと64.7%が「ある」と回答。具体的には
「外部講座・セミナー参加費の補助」、「eラーニング学習の補助」、「資格取得の補助」との回答が目立ちました。

今回の調査で明らかになった学び続ける意欲の高さに応えるため、また、学び続ける力はエグゼクティブにとって重要だと考える当社は経営者向けの講座やセミナーをはじめ多面的に学びの場を提供してまいります。

 

■本件に関する問い合わせ先
株式会社経営者JP 広報担当 中村・藤田  
TEL:03-6408-9700/FAX:03-6408-9701   E-mail: info@keieisha.jp

 

◆本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。

(株式会社経営者JP http://www.keieisha.jp/ /5月23発表・同社プレスリリースより転載)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。