企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

印刷する印刷する 
企業人事部人材育成2018/04/03

社内で「副業」丸紅などで導入 イノベーション創出やキャリア開発に 

普段行っている業務とは異なる、他部署の仕事を、従業員に経験させる企業が増えている。

 

丸紅は4月から、国内で勤務する従業員2700名を対象に、「社内副業」に取り組むことを義務付ける勤務時間のうち15%の時間を通常業務から離れ、部門を横断して動くよう促すことで、新規事業の創出につなげる狙い。通常業務をこれまで通り進めるため、社内の稟議書や会議などを削減し、業務効率化にも取り組む。社内副業による成果は、人事考課にも反映させる(日本経済新聞より)。


また、オリックスは昨年8月から10月の間、社員のキャリア形成に役立てることを目的に、社内インターンシップを実施。「他部署の具体的業務を知って視野を広げたい」「スキルや知識を吸収したい」といった社員からの要望に応え、原則5営業日の間、希望する部署での業務を経験させた。

 

部署を越えた業務経験によって、従業員の成長が期待できる。また、受け入れ部署の業務改善や、社内の交流促進などにもつながるだろう。近年、キャリア開発やイノベーション創出につながるとして、「副業」が注目されている。「労働時間が把握しづらくなる」「本業がおろそかになる恐れがある」などの理由から、社外での副業を認めていない企業でも、社内の副業であれば比較的導入しやすいだろう。今後、企業の取り組みはますます活発になることが予想される。

 


(『日本の人事部』編集部)

 


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です
ニュースジャンル一覧
人材育成(企業人事部)ジャンルのニュース

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術<br />
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

2019年4月より大企業に対する適用がスタートした「働き方改革関連法」...


これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!<br />
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

VUCAの時代となり、あらゆる意味でこれまでの企業経営が見直されていま...


プレスリリース掲載に関して

プレスリリース掲載に関して

弊社媒体向けニュースリリースにつきましては、受付フォームをご用意しております。
プレスリリース受付フォーム


『日本の人事部』主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2020-春-」を5/12~15、5/22、5/27~28に開催。<全講演ライブ配信>


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

日本を代表する大手企業の人事エグゼクティブによる、人事の未来を考える会