無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

ニュース
人事サービス 人材育成・研修
掲載日:2018/02/13

「不正のトライアングル」によって不正の背景を分析し、不祥事を未然に防ぐ~eラーニングライブラリ『企業倫理・コンプライアンス リスク感度アップコース』開講:日本能率協会マネジメントセンター

株式会社日本能率協会マネジメントセンター(代表取締役社長:長谷川隆、中央区、以下JMAM[ジェイマム])は、オンラインで学べる法人企業向け教育ツール「eラーニングライブラリ」(※1)の新コースとして、 2月1日から『企業倫理・コンプライアンス リスク感度アップコース』を開講しました。

 

社会の意識の高まりとともに、企業・組織には、単に法律を犯さなければいいという「コンプライアンス(法令遵守)」にとどまらず、「企業倫理」の徹底が求められています。一方で、自動車会社における「無資格者による完成検査の実施」、大手製鉄会社による「製品の検査データの改ざん」など、組織的な偽装や組織風土に根ざした不正行為が疑われる企業・組織の不祥事は後を絶ちません。企業・組織においてコンプライアンスへの不断の取り組みは不可避であり、コンプライアンスの実践に向け、全従業員に対しての継続的な働きかけが欠かせません。

このような背景のもと、JMAMでは、不祥事(不正行為)の要因となる「不正リスク」の視点から、コンプライアンスの実践を考える教育ツールとして、コンプライアンス必修シリーズ第5弾『企業倫理・コンプライアンス リスク感度アップコース』を開講しました。 本コースでは、米国 組織犯罪研究者ドナルド・R・クレッシーの「不正のトライアングル」を取りあげ、職場・業務に潜む「機会」「動機・プレッシャー」「正当化」という「三つの不正リスク」の視点から、職場で不正が起きる背景を分析し、不正が発生するメカニズムを理解することで、不祥事(不正行為)を未然に防ぐ方法を考えます。

なお本コースは、2月下旬から、スマホやタブレットでも学習いただけます。

JMAMが提供するeラーニングライブラリは、オンラインで1年間、いつでも、何度でも、手軽に学ぶことができる、法人向け教育ツールです。個々人の学習履歴を簡単に把握できるほか、費用についてもマネジメント系教育テーマ全130コースを一人あたり7,560円(税込み)(※2)というリーズナブルな価格で受講できます。パソコン、スマホ、タブレット端末などのインターネットを通じて手軽に取り組むことができ、現在、2,200社超、のべ130万人を超える企業・団体に導入されています。

このほかにも管理職への人事・労務管理教育や全社一斉のコンプライアンス教育、内定者・新入社員教育、英語・中国語などのグローバル教育など、幅広く活用されています。
JMAMでは、今後も企業の人材育成を支援するべく様々なサービスを展開していく予定です。

※1:JMAMが提供する「eラーニングライブラリ(R)」は、「むずかしい」を「わかりやすく」、「手軽に学べて、満足できる」ことを特長とし、インターネットで、1年間、いつでも、何度でも受講できます。内定者・新人から管理職までの階層別教育、コンプライアンスやビジネススキル、語学といった目的別教育、技術・技能教育など幅広いラインアップとなっています。また、eラーニングライブラリの大きなメリットとして、契約期間中は追加料金無しで、新コースが続々追加されていくことです。教材改訂も随時実施しており、スマホ・タブレット対応等、継続的にeラーニングライブラリの充実を図っています。2018年1月末現在、全187コースのラインアップを、2,200社超、のべ130万人以上が利用しています。
※2:マネジメント系ライブラリ(2018年1月末現在130コース)10名さま、7万5600円(税込み)にてご利用いただいた場合の金額となります。ご契約内容に応じて、費用は変動いたします。

 

『企業倫理・コンプライアンス リスク感度アップコース』の概要

1.ねらい
日常業務において、法令遵守はもとより、倫理的な基準をもって行動することの大切さを考えます。 コンプライアンスのより一層の「定着」をめざすコースです。

2.特長
■米国 組織犯罪研究者ドナルド・R・クレッシーの「不正のトライアングル」(下図参照)を取りあげ、不祥事(不正行為)の芽となる、不正リスクを回避するための方法を学びます。
■職場・業務に潜む不正リスクや日常の行動でのコンプライアンス意識についてセルフチェックを行い、コンプライアンスの意識を高めます。

3.学習時間
想定学習時間 1時間 / 最短実行時間 24分

4.監修
中村葉志生(株式会社ハリーアンドカンパニー 代表取締役社長)

5.対象
ビジネスパーソン全般

6.カリキュラム
プロローグ
 0-1 コンプライアンスをとりまく環境
1章 身の回りの不祥事の芽(三つの不正リスク)
 1-1 不正のトライアングル
 1-2 三つの不正リスク「機会」とは
 1-3 三つの不正リスク「動機・プレッシャー」とは
 1-4 三つの不正リスク「正当化」とは
2章 リスク感度を高める
 2-1 不正リスクへの対応(1)「機会」
 2-2 不正リスクへの対応(2)「動機」
 2-3 不正リスクへの対応(3)「正当化」
 2-4 事例 不正会計
 2-5 事例 営業秘密の流出
 2-6 エンディング
※テスト問題1回(客観式10問、ランダム出題)

本コースの詳細はこちら

 

<本件に関するお問合せ先>
【報道関係者お問い合わせ先】

株式会社日本能率協会マネジメントセンター 広報担当 TEL:03-6362-4361(直通) / E-mail: PR@jmam.co.jp

【サービスに関するお問い合せ先】
(株)日本能率協会マネジメントセンター パーソナル・ラーニング事業本部 TEL: 03-6362-4345

 

◆本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。

(株式会社日本能率協会マネジメントセンター http://www.jmam.co.jp/ /2月5日発表・同社プレスリリースより転載)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。