企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

印刷する印刷する 

[書籍]

2017/03/16

残業大国ニッポンの働き方は、「共働き世帯」が変えていく~『育児は仕事の役に立つ 「ワンオペ育児」から「チーム育児」へ』(浜屋 祐子・中原 淳:著)光文社より発刊

株式会社光文社(本社:東京都文京区、社長:丹下伸彦)は、浜屋 祐子・中原 淳:著『育児は仕事の役に立つ 「ワンオペ育児」から「チーム育児」へ』を刊行しました。

 

本書では、あえて、「育児は仕事の役に立つ」、という切り口でのお話を展開してきました。それは、思うように仕事ができずに後ろめたい気持ちでいる子育て世代にエールを送りたいという気持ちからです。また、会社や組織に対して、「育児のために会社を定時に飛び出すあの人たちは、育児をしながら、仕事でも活用できるものを学んでもいるのですよ」という視点を提供したいという思いからでした。(「おわりに」より)

 

■概要
育児は仕事の役に立つ 「ワンオペ育児」から「チーム育児」へ
著者:浜屋 祐子・中原 淳
定価:本体760円+税
発売日:2017年3月16日
判型:新書判ソフト
ISBN:978-4-334-03977-6

 

■目次
はじめに―中原淳(東京大学)
第1章 「専業主婦」は少数派になる!?
第2章 「ワンオペ育児」から「チーム育児」へ
第3章 チーム育児でリーダーシップを身につける
第4章 ママが管理職になると「いいこと」もある
第5章 なぜママは「助けてほしい」と言えないのか
第6章 日本の働き方は、共働き世帯が変えていく
おわりに―浜屋祐子

 

著者プロフィール
浜屋祐子(はまやゆうこ)
国際基督教大学教養学部卒業後、企業勤務を経て、東京大学大学院修士課程修了(学際情報学)。現在は経営教育事業に携わるとともに、はたらく大人の学びに関する研究を続けている。著書に『アクティブトランジション働くためのウォーミングアップ』(共著、三省堂)、『人材開発研究大全』(共著、東京大学出版会)がある。

中原淳(なかはらじゅん)
東京大学大学総合教育研究センター准教授。1975年北海道生まれ。「大人の学びを科学する」をテーマに、企業・組織における人材開発・リーダーシップ開発について研究。著書に、『経営学習論』(東京大学出版会)、『リフレクティブ・マネジャー 』『会社の中はジレンマだらけ 』(ともに共著、光文社新書)など多数。

 

◆書籍の詳細は、こちらをご覧ください。

(株式会社光文社 http://www.kobunsha.com/ /3月発表・同社プレスリリースより転載)


ニュースジャンル一覧

組織開発(書籍)ジャンルのニュース

従業員の健康づくりを通じて生産性向上を目指す!健康経営特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

人事向けの会議室HRスクエア

ニュースアクセスランキング

<アンケートのお願い>採用マーケットの構造変化に関する意識調査

注目コンテンツ


「健康経営特集」
従業員の健康づくりを通じて生産性向上を目指す!

健康経営の推進に役立つ多彩なプログラムをご紹介。資料請求のお申込みや資料のダウンロードも可能です。



『日本の人事部』受けさせたいスキルアップ系講座特集

コミュニケーションや英語力、個人の生産性やPCスキルなど、ビジネス上必須となる多彩なプログラムをご紹介


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

HRの領域ではその時々、トレンドとなるワードがあります。最近は「AI」...


プレスリリース掲載に関して

プレスリリース掲載に関して

弊社媒体向けニュースリリースにつきましては、受付フォームをご用意しております。
プレスリリース受付フォーム


『日本の人事部』 主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2017-秋-」を11/14(火)~22(水)に開催します。


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

早稲田大学戦略研究センター教授の枝川義邦氏を講師に迎え、第11回会合を8/30(水)に開催。