無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

ニュース
人事サービス 雇用・採用
掲載日:2016/05/02

日本の働き手は、世界と比べ「海外勤務」や「異文化の集う職場」で働くことに消極的。一方、30代後半~40代前半の女性の働き手は、海外へ高い関心を示す:『ランスタッド・ワークモニター』調査

総合人材サービス会社ランスタッドホールディング・エヌ・ヴィー(本社:オランダ王国ディーメン、CEO: ジャック・ファン・デン・ブルック)は、四半期毎に世界34の国と地域、18~65歳を対象にした労働者意識調査「ランスタッド・ワークモニター」を実施しています。

今回は、各国労働者の「海外志向」をテーマに2016年第1四半期の調査を実施。5月1日の「メーデー(労働者の日)」を前に、調査の中から、海外や異文化が集う職場環境での勤務に関する結果を発表します。

 

■世界との比較結果
世界と比べ「海外勤務」や「海外出張の機会がある仕事」への意欲が約2割低い
様々な国籍の同僚たちとの仕事等、異文化の集う職場環境への関心はグローバルで最下位

 

■日本の働き手の調査結果
35~44歳の女性の働き手は、海外勤務への意欲が高く、実際に海外出張する割合も高い

 

<調査結果 概要>
世界と比べ「海外勤務」や「海外出張の機会がある仕事」への意欲が約2割低い

「海外で働くことに関心がある」、「自分に適した仕事のために海外に引っ越しても構わない」の問いに、世界の働き手の半数以上が同意したのに対し、日本では約3割の同意に留まりました。

また、「海外出張のある仕事に就きたい」に同意したのは、トップのメキシコやインドが87%に達したのに対し、32.3%と34の国と地域の中で最も低く、日本の働き手の内向き志向が改めて浮き彫りになりました。

 

様々な国籍の同僚たちとの仕事等、異文化の集う職場環境への関心はグローバルで最下位
「様々な国籍/文化をバックグラウンドに持つ同僚と働きたい」の問いに、グローバル平均75.2%、トップのチリとメキシコの働き手95.3%が同意したのに対し、日本の同意は40.7%で、調査国の中で最低の結果でした。国内でも社内外でグローバル化が進んでいますが、職場のグローバル化にはまだまだ消極的である働き手の意識が明らかになりました。

 

35~44歳の女性の働き手は、海外勤務への意欲が高く、実際に海外出張する割合が高い
海外勤務、異文化の集う職場環境への意欲が極端に低い日本の働き手。一方、35~44歳の女性のミドル層は意欲が高く、また実際に海外出張のある仕事に従事する割合が高いことが分かりました。この層の女性が海外にチャンスを見出す傾向が見うけられます。

 

■ランスタッド株式会社 代表取締役社長 兼 COO 猿谷 哲 のコメント
語学力・海外勤務の意識の高い人材を求める企業側のニーズは増加傾向であるのに対し、日本の働き手の関心が著しく低いことが顕著となりました。もともと控えめな日本人の国民性や語学力の問題のほか、日本とは異なる海外での生活環境、安全面への不安も理由として考えられます。

その一方で、今回の調査において日本の35~44歳のミドル層の女性の海外への意識の高さが明らかになりました。日本の女性管理職比率は11.2%で、アメリカ(43.4%)、フランス(36.1%)など他の先進国と比べ依然として低い数値です※1。今回の結果は、キャリアを形成しづらい国内の状況から、海外でチャンスを見出したいという女性たちの気持ちの表れかもしれません。

4月1日から施行された「女性活躍推進法」、政府が進める「一億総活躍社会」の取り組みでは、女性の活用・活躍が要求されていますが、女性が活躍できない理由には、長時間勤務により会社へロイヤリティとキャリアへのコミットメントを示す日本独特の働き方にあるとも言われています※2。企業は熾烈なグローバル競争を勝ち抜くためにも、働き方の改革を推し進め、社内の意識の高い層が活躍できる風土を作っていくべきではないでしょうか。

※1「データブック国際労働比較2015」 労働政策研究・研修機構
※2「Japan Policy Brief: Inequality」 OECD

 

■ランスタッド・ワークモニターについて
ランスタッド・ワークモニターは、2003年ランスタッドの本社のあるオランダでスタートし、現在は欧州、アジアパシフィック、アメリカ大陸の世界34の国と地域で行われています。ワークモニターは年4回実施され、労働市場の動向に関するグローバルトレンドを調査しています。本調査はオンライン上で行われ、18-65歳の週24時間以上の勤務をする労働者を対象にしています(自営業を除く)。今回の調査期間は2016年1月13日~29日でした。

調査実施国:  アルゼンチン、オーストラリア、オーストリア、ベルギー、ブラジル、カナダ、チリ、中国、チェコ、デンマーク、フランス、ドイツ、ギリシャ、香港、ハンガリー、インド、イタリア、日本、ルクセンブルク、マレーシア、メキシコ、ニュージーランド、ノルウェー、ポルトガル、ポーランド、シンガポール、スロヴァキア、スペイン、スウェーデン、スイス、トルコ、オランダ、英国、米国
以上34の国と地域

 

【このリリースに関する問合せ先】
ランスタッド株式会社
広報担当 寺島
Tel: (03) 5275-1883
 Fax: (03) 5275-1878
 Email: communication@randstad.co.jp

 

◆本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。

(ランスタッド株式会社 http://www.randstad.co.jp/ /4月27日発表・同社プレスリリースより転載)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。