企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事キーワード 掲載日:2018/10/22

【ヨミ】タマツキジンジ 玉突き人事

「玉突き人事」とは、一人の従業員を特定のポジションに異動させたことで、ビリヤードの玉突き連鎖のように次々と穴埋めで行われる人事異動のことをいいます。本来、人事異動は人材育成や組織活性化を目的に本人の希望も加味しながら、明確な目的をもって行われますが、玉突き人事の場合には客観的な理由が不明瞭なまま異動を申し渡されることも少なくありません。

玉突き人事のケーススタディ

新たな問題を生む危険も
異動を行ううえで留意すべきポイントとは

玉突き人事に巻き込まれたことよる異動が、従業員のキャリアにおいてプラスに働けばいいのですが、キャリアが阻害されるようなことになれば、エンゲージメントの低下や退職につながってしまう恐れもあります。また、チームメンバーが変わることで教育のコストがかかったり、一時的に生産性が下がったりすれば、組織にとって大きな負担にもなりかねません。目先の問題解決や業務維持を行うための突発的な人事異動は、新たな問題を生む可能性があるのです。

企業には、やむを得ない事情で異動を行う場合、異動先で活躍できる人材を見極めたうえで本人や関連部署へのフォローを行うことが求められます。異動対象者に内示を伝えるとき、異動理由が明確であれば本人の納得感を得られやすくなります。キャリア開発、適材適所、生産性の改善、全社最適化など、人事異動が行われる理由はさまざま。あらかじめ従業員の能力やキャリアの希望を把握し、企業の課題解決と個人の適性が重なり合った部分を丁寧に伝えるようにしましょう。

また、異動先や異動させる人材を見きわめる上で参考になるのが、各部署で求められる人材のコンピテンシー・モデルです。コンピテンシーとは、ビジネスにおいて優秀な成果を出す人が持つ行動特性のことで、採用や人事評価などに用いられます。これを人事配置にも応用し、配属先に必要な人材をきちんとコンピテンシーに落とし込むことで、新たなチームでのミスマッチを避けることができます。

企業には、ときに人材配置を急遽変えなければならない状況が訪れます。そのとき、単なる人数合わせとして従業員を当てはめていくだけでは、企業にとっても従業員本人にとっても、不幸な結果につながりかねません。目先のニーズにとらわれず、中長期的な組織の運営と、従業員一人ひとりのキャリアの実現に向けて、配慮を行うことが求められます。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

人事異動
「人事異動」とは、会社組織の中で従業員の配置・地位や勤務状態などを変更することです。従業員の仕事を変えたり、部門間の人員のやり取りを行ったりすることで、適材適所を実現することが目的です。住居の異動などを伴うことがあるため、日本企業では年度末に実施されるケースが多くなっています。
スクラム採用
「スクラム採用」とは、全社員が一丸となって取り組む採用方式のことをいいます。スクラムとは、ラグビーにおいて両チームのフォワード選手がボールを間に肩を組み押し合うこと。転じて、全員が共通のゴールに向かって力を発揮することを意味するようになりました。採用売り手市場が続く中で、人事だけでなく全社員で候補者...
降格人事
降格人事とは、一般に従業員の地位や役職を引き下げることを言います。職能資格制度における資格の引き下げや、職務等級制度の等級の引き下げにも、「降格」の言葉が使われることがあります。

関連する記事

人材採用“ウラ”“オモテ”  イノベーションと人材紹介~簡単ではない「イノベーション人材」の紹介~
「新規事業の企画に関わってみたい」と考え、転職を考える人は多い。その多くが、現在は営業や生産などの部門で働く、企画職未経験者だ。しかし、見極めの難しい「イノベーション人材」の採用では、未経験者を受け入れる企業は少なくて――。
2018/04/02掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人事マネジメント「解体新書」第65回 「社内公募制度」「FA制度」で適材適所の人材管理を実現する(前編)
ビジネスや仕事のあり方が大きく変化・進展している現在、「社内公募制度」「FA(フリーエージェント)制度」が注目を集めている。 『前編』では、「社内公募制度」「FA制度」の狙いと、制度を成功させるために人事部が行うべきサポートについて、そのポイントを紹介していく...
2013/08/19掲載人事マネジメント解体新書
人事マネジメント「解体新書」第66回 「社内公募制度」「FA制度」で適材適所の人材管理を実現する(後編)
ビジネスや仕事のあり方が大きく変化・進展している現在、「社内公募制度」「FA(フリーエージェント)制度」が注目を集めている。 『後編』は、大手電機メーカーA社の事例を通して、両制度を運用する際のポイントや工夫すべき点、今後の展開などを見ていく。
2013/08/26掲載人事マネジメント解体新書

関連するQ&A

異動前の名刺の使用について
人事異動決定後、異動日より前に、異動後の部署・肩書の名刺を使用して引継ぎの挨拶周りを行うことは、問題ないでしょうか?
人事異動拒否
 就業規則で人事異動についての規定は一切ありません。  今回本人は現在の部署でもっと勤務したいというだけの理由で就業規則で「社員は人事異動に応じる義務がある」とは記載されていないとして異動を拒否しています。  このような場合本人の同意を得れないと人事異動を発令することは出来ないのでしょうか。  なお...
人事異動
ローテーション(人事異動)のタイミング・どういう経験をさせるかという具体例が浮かびません。アドバイスお願い致します。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

会社の法律Q&A Withコロナ時代は社内研修をオンライン化! 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


若手社員の定着率をアップさせるためには

若手社員の定着率をアップさせるためには

求人難が叫ばれる中で、若手社員の早期離職傾向がなかなか止まらない。少子...


もう時間と場所に囚われない!<br />
 日本マイクロソフトと先進企業に学ぶ ワークスタイル変革推進のためのポイントとは

もう時間と場所に囚われない!
日本マイクロソフトと先進企業に学ぶ ワークスタイル変革推進のためのポイントとは

仕事と介護の両立支援が喫緊の社会的課題といわれるなか、時間と場所の制約...