無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

【ヨミ】ハカセサイヨウ 博士採用

「博士採用」とは、大学院博士課程の修了者に限定した採用活動のことです。従来、日本企業は、博士号取得者に代表される“高学歴人材”の採用に積極的ではなく、その高度な専門知識やスキル、学術的なプロセスの中で鍛えられた思考力などが、ビジネスシーンで十分に活かされてはいませんでした。しかし近年はダイバーシティの観点から、あるいはビッグデータや人工知能、IoT(モノのインターネット)などの先端技術分野において、開発の競争力を高めるために、博士採用を強化しようという動きが広がりつつあります。
(2015/12/25掲載)

博士採用のケーススタディ

「博士」人材の活用に日米企業で大きな差
専門性よりも鍛え抜かれた思考能力に期待

学校教育法では、大学院の博士課程を修了した者、もしくは大学院の博士論文の審査に合格し、かつ大学院の博士課程を修了した者と同等以上の学力を有する者に対し、博士の学位を授与すると規定しています。この博士号を取得するには、学士過程修了後最低でも5年かかり、その間、多額の税金も投入されるわけですが、そうしてお金と時間をかけ、高度な教育を付与された高学歴人材を、現在の日本企業は充分に活かしきれていません。博士課程修了者の中で企業に就職する人は2割程度。博士人材を定期的・積極的に採用していない企業が、圧倒的多数を占めるのが現実です。日ごろ学生と接する機会の多い企業の採用担当者にとっても、「博士」はけっして身近な存在とは言えないでしょう。

なぜ、日本企業は「博士採用」に積極的ではないのか。その原因は、新卒一括採用で“まっさら”な状態の学生を集め、入社後の一律年次管理と社内教育で戦力化することに重点を置く、日本企業の伝統的な雇用慣行にあります。博士課程まで修了し、ある程度の年齢を重ねた人材には、「専門分野に固執しすぎて視野が狭い。そのくせ、入社時の年齢が高く、配属や管理で扱いにくい」といった印象が根強いのです。逆に「博士採用」に積極的なのが、欧米の先進企業やグローバル企業。とくに新しい価値を創出する研究開発部門では、学士や修士より博士を優先して採用する企業が多く、初任給の金額や入社後の昇給率にもその評価が反映されます。

国内ではこれまで、わずかに外資系企業や一部のITベンチャーが、イノベーションを進める人材として博士採用に力を入れてきましたが、最近はその動きが少しずつ広がりつつあります。先月26日、国内ポータル最大手のヤフーが、博士号を持つ新卒者と、博士号取得後に任期制で大学の研究室に在籍し研究を続けている「ポスドク」(博士研究員)の採用枠を新設すると発表しました。自然言語処理、機械学習など11分野のビッグデータ研究を推進するためで、17年春入社から毎年20人程度を採用する方針です。ディー・エヌ・エーも、AI(人工知能)を活用したゲーム開発向けの人材として、17年春から博士採用を実施します。また総合商社の三井物産も、博士課程修了者に絞った採用活動を始めました。同社人材開発室では、学術的な専門知識より、そこで鍛えられた思考能力を重要視。「とことん突き詰めて頭を使ってきた人たちは多様性の観点からも面白いのでは」と期待しています(朝日新聞デジタル15年11月27日)。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

「博士採用」に関する記事

「博士採用」に関する人事のQ&A

奨学金サポート制度について

いつもこちらを拝見し勉強させていただいております。

今回は弊社の新卒向け奨学金サポート制度についてお伺いしたく、書かせていただきました。

現行の弊社での奨学金サポート制度については下記です
・3年...

nowayさん
愛知県/ 情報処理・ソフトウェア(従業員数 101~300人)
2020/09/02 14:06 ID:QA-0096371 新卒採用 回答終了回答数 1 件

「博士採用」に関する書式・テンプレート