【ヨミ】アクイ ハイヤー アクイ・ハイヤー

「アクイ・ハイヤー」(acqui-hire)とは、英語の買収(acquisition)と雇用(hire)を掛け合わせた造語で、買収による人材獲得という意味です。大企業が、優秀なエンジニアや開発チームを獲得するために、そうした人材が所属する零細ベンチャー企業をまるごと買収する手法を指します。2000年代半ばに米グーグルが始めたのが最初だと言われています。
(2015/6/11掲載)

アクイ・ハイヤーのケーススタディ

優秀な人材を得るためのベンチャー買収
オープン・イノベーションで競争に勝つ

数多くのITビジネスを輩出してきた米国のシリコンバレーでは、近年、優秀な開発者や技術者の獲得競争が過熱し、そうした人材の不足が恒常化していると言われます。新しい技術やサービスを創出するために、一からエンジニアを集めて開発チームを立ち上げようと求人募集を出しても、グーグルやアップル、アマゾンといった名だたる企業でさえ、適切な人材を確保するのは容易ではありません。そこで実施されているのが、「アクイ・ハイヤー」と呼ばれる人材獲得の手法です。

すでに関連分野でスタートアップしている零細ベンチャービジネスを探し、数億円から数十億円で買うのがアクイ・ハイヤー。まるごと買収することで、買収先企業の開発リーダーや開発チームを手っ取り早く確保でき、サービスを迅速に立ち上げられます。たとえ数十億円かかっても、ライバルとのし烈な開発競争に勝つことができれば、投資費用などすぐに回収できるのです。

発表によると、グーグルは2010年から2013年前半までに約196社を買収し、推定で約1兆8700億円(187億ドル)を投じています。1年間に約50、60社のペースで買収を繰り返している計算ですが、一件あたりの買収額は平均で30億円程度にすぎません。これは同社が、アクイ・ハイヤーの手法で「人材獲得を目的とした買収」を展開しているからです。

もっとも、2000社以上のベンチャー企業がしのぎを削るシリコンバレーの圧倒的な産業集積の基盤がなければ、とてもできることではないでしょう。このように、社外から人材や技術などのリソースを取り込むことで、開発競争を優位に進めることをオープン・イノベーションと呼びます。また逆に、研究・開発施設などを社内で整備し、自前のエンジニアを育成して、新サービスの創出を目指すことをクローズド・イノベーションといいます。後者の開発手法では、コンピュータ関連やネットビジネスなど技術革新のスピードが著しく激しい分野の競争にはなかなか対応できません。だからこそ、人もアイデアも、手っ取り早く“組織ごと買う”のでしょう。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード