企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ダブルアサインメント ダブルアサインメント

「ダブルアサインメント」とは、「一業務二人担当制」のことで、通常なら一つの仕事や取引先に担当者を一人ずつ充てるところを、あえて二人の担当者を配置し、ペアを組んで業務にあたる働き方をいいます。担当者二人が業務に関する情報や知識を共有し、緊密に連携することで、特定の人しかその業務ができない状態に陥る、“仕事の属人化”を解消するのがねらいです。社員の仕事と育児・介護との両立に資するだけでなく、不測の事態から組織と個人を守る重要なリスク対策としても有望視され、注目を集めています。 (2015/1/22掲載)

ダブルアサインメントのケーススタディ

“仕事の属人化”を解消する二人担当制
人件費抑制にマルチタスクの併用も必須

職場での女性活躍推進の取り組みは、一般に経営規模の小さい企業ほど遅れているのが実情です。厚生労働省の調査によると、従業員5000人以上の企業では全体の97%に課長相当職以上の女性管理職がいますが、300人未満になると、その割合は2社に1社程度にとどまるなど、概して中堅・中小企業における女性活用は進んでいません。

女性を戦力化するには仕事と家事・育児との両立支援施策が不可欠ですが、育児休業や産休などの制度面を整えても、実際の働き方や職場の意識が変わらなければ、それは絵に描いた餅でしょう。とくに従業員数が少ない中小企業では、特定の人材に担当業務が集中しやすく、そうした“替えの利かない”女性社員が産休・育休や時短勤務に入ると、穴を埋めるのが大変に。担当者本人にしかできないこと、わからないことが多いため、業務を肩代わりする周囲の負担感が増し、疲弊してしまうのです。妊娠や子育てを温かく見守るゆとりが職場から失われ、マタニティー・ハラスメントなどのトラブルにもつながりかねません。その結果、貴重な費用を投じて育てた有望な社員に辞められてしまったら……中小企業にとっては、それこそはかり知れない損害でしょう。

そこで注目されているのが「ダブルアサインメント」――一つの業務に二人の担当者を充てることで、「この社員でなければこの業務はわからない、対応できない」という状態=“仕事の属人化”を防ぐしくみです。職場に属人的な業務が存在すると、担当者本人に過重負担がかかり、心身を消耗させるリスクが増大するうえ、担当者に不測の事態などが生じた場合に誰もカバーできないのでは、組織全体としての信頼性を損ないかねません。ダブルアサインメントの取り組みは、仕事と育児との両立支援に対応できるだけでなく、そうした組織運営上のリスク対策としても効果を期待されているのです。

もっとも、ダブルアサインメントの有効性は業務の内容やレベルによって異なります。担当を派遣労働者に置き換えられるような、たとえば一般事務や庶務的な業務なら、必ずしも二人担当制を敷く必要はありません。より専門性が高く、替えの利かないプロフェッショナルな業務、つまり属人化しやすい仕事にこそダブルアサインメントが求められるのです。ただし、単純に一つの業務の担当者を一人から二人に増やすだけでは、組織全体の人件費も2倍に膨れ上がってしまいます。この取り組みの先進企業として知られる、レーザー機器専門商社の日本レーザー(東京・新宿)では、ダブルアサインメントとともに、一人の社員が複数の専門分野や担当を受け持つ「マルチタスク」のしくみを導入。二つの働き方を組み合わせることで、コスト増や負担のしわ寄せを抑えながら、社員がお互いに補い合う組織風土を醸成し、子育て中の女性などの多様な働き方を支えています。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

シェアードサービス
グループ企業や企業内の事業部ごとの人事・経理・総務の間接業務・サービスを1ヵ所に集約・標準化し、人件費などのコスト削減と業務の効率化を図る経営手法。2000年以降、グループ経営を重視・推進する動きの増加とともに、多くの企業が積極的に導入しています。
裁量労働制
働き方改革の推進にともない、労働者が働く時間を柔軟に選べる職場環境の整備が望まれています。労働者のワーク・ライフ・バランスはもちろん、生産性向上や人件費の問題を考える必要性も生じています。こうしたなか注目されているのが「裁量労働制」です。裁量労働制は、労働者自身が業務効率化を図り、時間を有効活用でき...
マミー・トラック
「マミートラック」とは、子どもを持つ女性の働き方のひとつで、仕事と子育ての両立はできるものの、昇進・昇格とは縁遠いキャリアコースのことです。職場の男女均等支援や仕事と育児の両立支援が十分でない場合、ワーキングマザーは往々にして補助的な職種や分野で、時短勤務を利用して働くようなキャリアを選ばざるをえな...

関連する記事

5. 人材派遣が可能な業務と期間
人材派遣は可能な業務や期間が法律で定められている。特に、受け入れ期間については細かい規制が設けられている。その背景には、恒常的に人員が必要な業務に携わる人材は、直接雇用すべきだという行政からのメッセージがあることを理解しておきたい。この原則を踏まえた上で、自社...
2012/11/22掲載よくわかる講座
いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第2回)
「いま求められる“効率的”人事給与業務とは?」第1回では、株式会社サイゼリヤが取り組んでいる事例を見ていくことで、現在の人事給与業務のあり方について探っていった。特に印象に残ったのは、同社の「徹底した業務効率性の追求」。そのためには、人事給与システムの有効活用...
2009/10/16掲載注目の記事
いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第1回)
日々激しく変化する、ビジネス社会。企業を取り巻く環境も、厳しさを増している。今後、企業運営の根幹を担う人事部には、さらに効率的・戦略的に業務を進めていく姿勢が求められるだろう。
2009/09/18掲載注目の記事

関連するQ&A

26業務について
26号業務内で2つ以上の業務を行う契約書(○号業務と○号業務のような形式)は有効となるのでしょうか?
一人で複数の26業務に就くのは可能か。
現在2号業務で受け入れている派遣社員を、2号業務が少なくなってきたため、契約更改時にこの社員に5号業務もお願いしようかと考えていますが、一人の派遣社員に複数の26業務をお願いする事は可能なんでしょうか。
業務請負と業務委託の違い
ある解説では、業務委託は個人が企業から仕事を受ける場合、業務請負は企業が企業より仕事を受ける場合、又業務委託は事務的な仕事で、業務請負は生産の仕事などとありますが、現実には病院患者給食の受託などは、関係法例でも業務請負とはよばず、業務委託と呼ばれていますが、両社の違いがよく解りませんので宜しくお願い...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 就業管理 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

Withコロナ時代は社内研修をオンライン化! 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「日本一いい会社」を目指すために<br />
社内で「産業カウンセラー」を育成するメリットとは

「日本一いい会社」を目指すために
社内で「産業カウンセラー」を育成するメリットとは

健全な職場環境づくりのプロフェッショナルとして、あるいは社内外の信頼関...


河合塾マナビスが実践 ~ 自立して考え、行動できる社員を育てる仕組みとは?

河合塾マナビスが実践 ~ 自立して考え、行動できる社員を育てる仕組みとは?

大学への現役合格を目指す高校生に、映像による授業を提供している、株式会...