【ヨミ】キャリアロス キャリアロス

「キャリアロス」とは、労働者が休職などで職場を離れることにより、査定・昇進面でのマイナス、スキルやモチベーションの低下を招き、復帰後のキャリアに支障が出る現象を指す言葉です。日本で仕事と育児の両立や女性の管理職登用が進まない要因のひとつに、育児休業や時短勤務に伴うキャリアロスの問題があるといわれます。
(2014/11/25掲載)
 

キャリアロスのケーススタディ

長期の育休や時短はキャリアにマイナス
補助的業務ばかりで能力開発の機会失う

日本生産性本部が2014年1月に発表した「第5回コア人材としての女性社員育成に関する調査」によると、企業の課長(相当職)、部長(相当職)、役員の各役職に占める女性社員の比率は、従業員300人未満の小規模企業でそれぞれ15.5%、7.1%、6.2%、300人以上1000人未満の規模で11.0%、4.1%、1.1%、1000人以上3000人未満で6.4%、2.3%、0.9%、3000人以上の企業では4.8%、1.7%、2.7%となり、おおむね各役職とも企業規模が大きくなるにつれて、女性比率が少なくなっています。

多くの企業が女性の活躍を期待して、仕事と子育ての両立支援の推進に取り組むようになり、特に大企業では近年、法定以上の育児休業や短時間勤務を導入する企業が大幅に増えました。2、3年間の育休や、子どもが小学3年生になるまで利用できる時短制度を提供するケースも珍しくありません。それでも先のデータを見るかぎり、実際には大企業ほど女性の昇進・登用が難しく、女性活躍が進んでいないのが現状です。

そうした現状について、企業が両立支援を充実させた結果、妊娠・出産を機に離職する女性は減ったものの、単に女性が辞めなくなったというだけで、それが“戦力化”にはつながっていない、という意見もよく聞かれるようになりました。大和総研主任研究員の河口真理子氏は自身の論文で、現在のワークライフバランス推進策により、「家庭責任が主で、会社では補助的な仕事を行う女性社員」が大量に作り出されたと分析しています。優秀な女性社員が、家庭責任を果たすために、育休や時短勤務などの支援策を何年もフル活用することで、復帰後のキャリアップに支障をきたしている、つまり大量の「キャリアロス」が発生しているというのです。

「子どもが小さいうちは育児に時間をあてたい」「両立する自信がない」などの理由で、女性社員の側から管理職を辞退したり、降格を望んだりするケースも多いでしょう。また、本人がいくら優秀で意欲的でも、上司としては仕事と子育ての両立への配慮から、短時間勤務を使って復帰した女性社員にチャレンジングな仕事は任せにくいこともあります。キャリアは仕事の難易度が高まるにつれて形成されるものですが、補助的な仕事しか与えられない状況では能力開発の機会を逸し、キャリアにマイナスの影響が生じるだけでなく、本人の仕事へのモチベーションまで失われやすいのです。

育休や短時間勤務など両立支援制度の拡充には、社員にとって働き方の選択肢が広がるメリットがある一方、長期の利用によってキャリアロスが生じる可能性があることも留意しなければなりません。各種制度の導入・拡充にあたっては、ただ女性の労働時間を減らせばいいという発想ではなく、仕事のやりがいと効率を両立させながら、女性がきちんと能力を発揮できる環境の整備が不可欠。社員のキャリアロスは、雇用する企業にとっても大きなロスになりうるからです。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード