無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

【ヨミ】コミュニティシップ コミュニティシップ

「コミュニティシップ」とは、世界的な経営学者であるカナダ・マギル大学のヘンリー・ミンツバーグ教授が提唱する、組織変革の概念です。「組織は士気の高い人たちのコミュニティ(共同体)になったとき、最もよく機能する」との理論に基づくコンセプトで、組織をコミュニティとして再生し、活性化するためには、現場に関与しない独善的なカリスマ型リーダーシップに依存するのではなく、一人ひとりが自らコミュニティに参画し、個を尊重しながらお互いを結びつけ協働していこうとする意識――コミュニティシップを発揮することが求められます。
(2014/4/25掲載)

コミュニティシップのケーススタディ

コミュニティが崩れた「失われた20年」
カリスマ型リーダーシップが現場を犠牲に

欧米では経営学の大家としてドラッカーと並び称されるヘンリー・ミンツバーグ教授。古典的な経営理論やMBA型のマネジメントを鋭く批判する異端の経営学者は大の親日家で、伝統的な日本型経営のファンであると公言してはばかりません。

教授が日本型経営を理解し支持するのは、日本企業は「コミュニティシップ」を大切にすることで成長を遂げたと考えるからです。かつて日本企業では、経営者は社員を家族のように大切にし、社員は会社へのコミットメントが強く、それが「我々は会社というコミュニティの一員だ」という帰属意識を育んでいました。現場を輝かせるコミュニティシップこそが日本型経営の原動力であり、バブル崩壊後のいわゆる「失われた20年」の低迷はとりもなおさず、日本企業がこのコミュニティシップを失ったことに起因する現象だと、ミンツバーグ教授は述べています。

教授によれば、日本企業に根付いていたコミュニティが崩壊の危機に瀕している原因は、自らの長所を忘れ、米国型のマネジメントスタイルを取り入れたことにあるといいます。トップダウンを強調する米国型経営では、自ら戦略を策定し改革を強力にけん引するカリスマ的なリーダーシップが評価されますが、そうしたリーダーはともすると一般の従業員の数百倍という法外な報酬を得ることで、自らを特別な存在であると見誤りがち。現場への関心を失い、コミュニティから乖離(かいり)してしまいやすいのです。一方で、米国流の成果主義を導入した結果、一般社員も殻に閉じこもり自分の損得しか考えないように――そうして、日本企業のコミュニティは損なわれていきました。

人々が個を尊重しながら協力して働き、組織をよりよい場とするために互いを結びつけようとする意識――コミュニティシップを形成するのは、現場から乖離(かいり)したトップマネジメントのカリスマ型リーダーシップではありません。コミュニティシップは、現場に配慮しながら人を励まし、巻き込んでいく“ほどよい”リーダーシップの下でこそ発揮されるからです。とはいえ、経営層はその立場上、本来ならばより密接に関与すべき現場と一定の距離をとらざるを得ません。ミンツバーグ教授はそうした“トップの孤独”も認めつつ、その上で組織をコミュニティとして再生し、活性化するためには、現場により深く関与しながら全社的な視点でのマネジメントを担うミドルマネジャー、中間管理職層の役割が極めて重要になると強調しています。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード