企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】シャナイコウボセイドシャナイエフエーセイド 社内公募制度・社内FA制度

社内公募制度とは、会社が必要としているポストや職種の要件を、あらかじめ社員に公開し、応募者の中から必要な人材を登用する仕組みのことです。逆に、社員が自らのキャリアやスキルを売り込み、希望する職種や職務を登録するのが社内FA制度です。人事権はあくまで会社側にあるというのが従来からの考え方ですが、社内公募制度や社内FA制度を導入することで、社員が職場や仕事の内容を選択できる環境が生まれ、社員のモチベーションを喚起する効果があると言われています。
(2004/10/15掲載)

社内公募制度・社内FA制度のケーススタディ

FAの応募資格には在籍年数など
一定の条件が課せられる

社内公募制度社内FA制度を人事システムに導入する企業が増えてきたのは最近のことです。財団法人社会経済生産性本部が昨年11月から今年1月にかけて全上場企業を対象に行った調査(回答率9.7%)によると、社内公募制度の導入率は36.3%で、1996年の調査より10ポイント上昇しました。従業員規模の大きい企業ほど導入率が高く、5000人以上の規模では76.3%が導入しています。

一方、社内FA制度の導入率は9.2%で、社内公募制度を下回っていますが、3年前の調査の2.7%に比べると3倍以上に増えています。

14年前から社内公募制度を実施しているのが総合電機大手の東芝。成長分野や新規分野にとどまらず、各事業部門やスタッフ部門でも採用しています。実施時期も定期募集から随時募集に改め、従業員の自己実現の機会提供や人材流動化の促進を図っています。3年前からは社内FA制度も併せて導入しました。こちらは応募資格があるのは勤続5年以上の正従業員に限られますが、年齢や職種についての制限は一切ありません。

同じ総合電機の日立製作所は人材の活性化と適性配置を図るため、日立グループ各社が会社の枠を超えて応募することを可能とする「グループ公募」制度を今年3月から導入しました。人材を必要とする参加各社の各事業部門が必要な人材像を公表し、参加各社の社員らが自らの意志によって応募、一定の選考を経て異動するというものです。制度の開始時点で導入するのは、日立本社と日立グループの計16社ですが、将来的には日立グループ全体を視野に入れています。

社内公募制度社内FA制度が増えている背景には、成果主義や年俸制の浸透・普及があります。会社が社員に対して一定水準の成績を要求し、それをベースに給与を厳格に算出するのであれば、社員に対しても一定の職務の選択権を与えなければ、社内に不満が高まり、モラルの低下につながると思われるからです。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

ボランティア休暇
「ボランティア休暇」とは、企業が従業員のボランティア活動への参加を支援・奨励する目的で、有給の休暇・休職を認める制度のことです。1990年代はじめから、労働時間短縮の流れや企業に対する社会貢献の要請の高まりをうけて、制度を設ける企業が急増。95年の阪神・淡路大震災における市民ボランティアの大活躍をき...
継続雇用制度
2006年4月、改正高年齢者雇用安定法が施行されました。同法には、雇用確保のための65歳までの「定年延長」、希望者全員の「継続雇用制度」、「定年の定めの廃止」――3つの選択肢が規程されていますが、継続雇用制度を導入する企業は対象となる高年齢者に関する基準を労使協定で定めれば、希望者全員を対象としな...
早期退職制度
希望退職制度の一手法で、退職金などを優遇する代わりに、定年前に退職を促す制度のことをいいます。近年、導入企業が増え、対象となる年齢も低くなってきています。

関連する記事

テレワーク導入率は44.8%。ワーケーションなど多様化の兆しはこれから
『日本の人事部 人事白書2020』から、テレワークの導入・活用状況の調査結果を紹介します。
2020/07/07掲載人事白書 調査レポート
人事マネジメント「解体新書」第66回 「社内公募制度」「FA制度」で適材適所の人材管理を実現する(後編)
ビジネスや仕事のあり方が大きく変化・進展している現在、「社内公募制度」「FA(フリーエージェント)制度」が注目を集めている。 『後編』は、大手電機メーカーA社の事例を通して、両制度を運用する際のポイントや工夫すべき点、今後の展開などを見ていく。
2013/08/26掲載人事マネジメント解体新書
労務管理分野のHRテクノロジー導入割合は21.3%。リテンション・退職分野はこれから
『日本の人事部 人事白書2020』から、HRテクノロジーの導入・活用状況の調査結果を紹介します。
2020/07/07掲載人事白書 調査レポート

関連するQ&A

社内公募制度導入の手順に関して
現在、社内公募制度の導入を検討しています。制度自体がどんなものかは様々なデータを参考にして得ましたが、実際に制度を導入していく上での一連の流れ(手順)を教えて頂きたく思います。 また、弊社は会社単体では従業員600人程ですが同じくらいの規模で他社様の導入事例等がございましたら教えて頂きたく思います。...
社内公募制度の活性化策について
IT企業に勤める人事担当です。 以前より、社内公募制度・FA制度を導入しておりますが、さらに活性化させたいという意見もあり、制度改正を検討しております。 社内公募制度・FA制度を活性化させる策などありましたらご教示下さい。 現在は、上司への報告不要・応募要件は所属在籍2年以上 等で運用しており...
社内公募について
この度、社内公募制度を実施してみたいと思っておりますが、導入にあたって分からないことがあるのでお聞きします。 1.「うちの部署も公募したい」が殺到しそう。 2.「なんであの部署が公募できてうちはダメか?」が出そう。 3.上司が放出を拒むことが容易に想像できる。 4.公募で落選した者のモチベー...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 雇用 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


従業員フォローと組織改善の両方に“活用できる”<br />
ストレスチェックの条件

従業員フォローと組織改善の両方に“活用できる”
ストレスチェックの条件

従業員50人以上の事業所で、年に一度の実施が義務化されたストレスチェッ...