企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ジコシンコクセイド 自己申告制度

従業員自身に職務の目標、遂行状況、問題点などを自己評価させ、特技、専門知識、希望職種などを申告させる人事管理方法の一つ。従業員の自己啓発、モラルの向上を図り、的確な人事管理を進めることが目的です。
(2004/10/15掲載)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自己申告制度のケーススタディ

自民党でも「自己申告シート」導入
政治家が自分のことを客観視できる?

9月末、小泉改造内閣が決まる朝、日本経済新聞1面のコラム「春秋」に「良い人事とは皆が少しずつ不満に思う人事だよ」という言葉が紹介されていました。4半世紀前に自民党の派閥領袖に聞いたそうですが、「いかに謙虚な人でも自分の能力を多少は買いかぶっているから、という解説付きだった」と言います。

これは自己申告制度の問題点を言い当てた言葉でもあります。昔から自惚れと何とかのない男はいないと言われます。ロボットでない人間は、自分自身を完全に客観的に把握することはできません。営業、事務、技術など、どんな職場でも「あいつと比べれば、まだ俺のほうが能力は上だ」と誰しもが思っていますが、能力と考えるものの中には、人柄や容姿、つきあいの善し悪しなどが混在していることが多いものです。

要するに「あいつは気にくわない。あんなやつより俺のほうが」というわけですが、仕事上の能力だけを比べれば、上司は「あいつ」のほうを買っていたりするのです。上司もまた、部下の能力を冷静に判断するのは難しく、本人と評価者の判断のズレをいかに少なくするか、ズレをいかに埋めるかが、この制度のポイントになるようです。

自民党は党改革の一環で、閣僚経験のない議員全員に「自己申告シート」を提出させたと聞きます。将来の希望、就任したいポストを書き込み、これをもとに閣僚が副大臣・政務官を指名する試み。大方のサラリーマンよりはるかに自己顕示欲の強い議員諸氏が、どこまで自分を客観的に見据えられるか。閣僚のポストが今の10倍あっても足りないのではないでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

メタ認知
「メタ認知」とは、認知心理学の用語で、自分の考えについて考えること、認知に対する認知のことです。メタ認知の“メタ”とは「高次の」という意味で、自分自身の認知活動(知覚、記憶、学習、言語、思考など)を、より高い視点から、あたかも第三者のように客観視して、これらを理解したり、振り返ったり、ときにはコント...
職能資格制度
企業の期待する職務遂行能力をどの程度有しているかによって従業員の序列づけを行い、職能給として賃金に反映させる制度です。最近では、年功的な運用がもたらす「賃金と能力のミスマッチ」など、さまざまな問題が指摘されるようになっています。
戦略人事
「戦略人事」とは、企業経営において、経営戦略と人材マネジメントを連携・連動させることで競争優位を目指そうとする考え方、およびそれを実現するための人事部門の機能や役割などを包括的に示す用語です。今までも人事部門には、事務処理や労務管理などの定型的なオペレーション業務だけでなく、人的リソースの適正配置や...

関連する記事

94.3%の企業が「戦略人事は重要である」と感じているのに、「戦略人事として活動できている」企業はわずか32.2%
最近、経営戦略と人事部門が連動する「戦略人事」の重要性が叫ばれている。その実態について調査した。「戦略人事は重要である」と感じている割合は、「強く感じる」(59.9%)「感じる」(34.4%)を合わせて94.3%。「人事部門が戦略人事として活動できている」と感...
2017/06/30掲載人事白書 調査レポート
95.2%の企業が「戦略人事は重要である」と感じているのに、戦略人事として活動できている企業はわずか25.8%
全国4,036社の人事実態調査『人事白書2016』レポート。現在の人事部門は、経営と連動する戦略人事の重要性を強く認識しているが、その認識と実態は大きく乖離しているようだ。戦略人事が実現できない要因について、人事部門の痛烈な叫び・嘆きの声が多く挙がっている。
2016/07/04掲載人事白書 調査レポート
社員の本音がわかって期待どおりの効果はある?人事・総務担当者に聞く「自己申告制度」の課題
現在の職務に対する満足度、異動の希望、職場への意見・提案などについて従業員に申告させる「自己申告制度」。多くの企業が導入し、能力開発、適正配置、現場のモラール向上など、さまざまな面で活用していますが、その一方で問題を抱えるケースも少なくありません。「従業員が自...
2005/10/03掲載人事・労務実態調査

関連するQ&A

危機管理(リスク管理)
危機管理が叫ばれていますが、人事部としてどこにポイントをおいて、人事部全体の危機管理をしていけば教えてください。
人事制度構築について
現在弊社ではきちんとした人事制度がなくこのたび新しく人事制度の構築に取組むのですが、きちんとした人事制度がない状態からのスタートをする上で人事諸制度を構築する場合はやはり職能資格制度を取り入れた方がいいのでしょうか。成果主義になると人事制度の第2ステップのような感があるのですが、いきなり成果主義の導...
人事発令について
人事発令についてご相談です。 来年度は休日の関係で、4月2日が第1営業日となりますが、新年度の昇格人事発令を4月に行う場合、 どちらが一般的かご教示願います。 ①4月2日に4月1日付で行う ②4月2日に4月2日付で行う
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ キャリア開発 ]
次世代リーダー育成特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

3,650社が活用!業界唯一の統合型eラーニング 研修費ゼロの人材育成

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


次世代リーダー育成特集

さまざまな取り組み方がある「リーダーシップ育成」について手法や外部ソリューションをご紹介します。
コンテンツトップバナー


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


グローバル化、M&A……変化の激しい時代に<br />
「POSITIVE]が選ばれる理由とは タレントマネジメント機能を大幅拡充!

グローバル化、M&A……変化の激しい時代に
「POSITIVE]が選ばれる理由とは タレントマネジメント機能を大幅拡充!

1400社以上の導入実績を誇る電通国際情報サービスの統合人事パッケージ...