無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

【ヨミ】イグジット マネジメント イグジット・マネジメント

「イグジット・マネジメント」(Exit Management)とは“組織の出口(exit)管理”を意味します。組織の健全な新陳代謝を促すために、雇用の入口にあたる採用の一方で、出口に相当する退職などの個人との関係解消についても戦略的に計画・管理する人材マネジメントのことです。社内外の流動化を高め、スムーズかつ建設的な関係解消を容易にするイグジット・マネジメントは、激しい環境変化への適応を強いられる時代に必要不可欠な経営戦略として注目されています。
(2013/5/13掲載)

イグジット・マネジメントのケーススタディ

組織の新陳代謝のためによりよい関係解消を
エンプロイアビリティを育てて流動性を喚起

終身雇用を前提としてきた日本の企業社会では、組織の代謝は定年により一律かつ自然発生的に生じるもの、というのが従来の常識でした。それゆえに、定年退職以外の形での労働契約の解消については、どうしても解雇につながるネガティブなイメージがつきまといがちです。その方策も退職勧奨や希望退職者募集といった、やはりネガティブで、急場しのぎの出口対策しか持ち合わせていなかったのが実情でしょう。つまり日本ではまだ「イグジット・マネジメント」が未成熟な状態にあるわけです。

イグジット・マネジメントの目的は、経営環境の激変に対応するために、組織の健全な新陳代謝を促すことにあります。一般に組織をたえず活性化させるためには、採用活動に注力し、有能・有望な新しい人材を取り込むのが定石と考えられていますが、そうした雇用の入口の管理(エントリー・マネジメント)だけでは十分とはいえません。企業も個人も、そして双方に求められる社会や市場のニーズも時間とともにたえず変化するからです。組織に属する個人の役割が変われば、個人が会社や仕事に対して抱く感情や求める価値も変わっていく――例えエントリー・マネジメントが奏功し、雇用の入口で“個人と組織の相思相愛関係”が結ばれたとしても、それが永続するケースはむしろ稀でしょう。入社当初は意欲に燃えていた新人がいつの間にか精彩を失っていった、パフォーマンスの低い人材が組織内に滞留し改革の抵抗勢力となってしまった、というような事態にも陥りがちです。

そこで必要なのが、個人と組織とのよりよい関係解消を管理する「イグジット・マネジメント」です。組織から人を送り出すためだけでなく、組織に新しい人材をたえず受け入れるためにも必要な考え方で、関係解消を容易にする柔軟な人事システムを構築することによって、エントリー・マネジメントとの相乗効果も期待されます。

さらにいえば、イグジット・マネジメントの要諦は、組織が個人に対して最大限の人材開発・キャリア開発を行い、エンプロイアビリティ(雇用されうる能力)を養成することに尽きます。社外価値の高い人材を社内で育てれば、組織の内と外との障壁が自然と低くなり、流動性の高い“辞めやすい環境”が生まれます。人と組織の関係を時間経過の中で考えると、イグジット・マネジメントは決して出口だけを対象とする施策ではなく、むしろそのずっと前の段階から、極論すれば、採用という組織の入口をくぐった瞬間から取り組むべきテーマだといえるかもしれません。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード