無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

HRペディア 最終更新日:2023/01/31

VUCA時代の人材育成に必要な三つの要素

VUCAとは「現在の社会経済環境が極めて予測困難である」という認識を表します。先の見えない時代において、企業が生き残っていくためには、人材育成をおろそかにしてはいけません。VUCA時代の人材育成において、代表的な三つの要素を見ていきます。

VUCA時代の人材育成において、代表的な三つの要素

レジリエンス

レジリエンス(resilience)は「復元力」や「弾力」などと訳され、具体的には「ストレスに反発する力」や、「困難な状況の中にあっても柔軟に粘り強く考え、うまく適応して乗り切る力」と定義されます。戦後、深いトラウマを負った人たちについて追跡調査することにより判明した要素です。

2013年のダボス会議では「レジリエント・ダイナミズム」が大きなテーマとなりました。2008年のリーマンショックは世界的な金融危機をもたらし、その後、各国は状況が激変した際に備え、レジリエンスをいかに高めるかを目標に取り組んできました。会議では「レジリエンスが高い国ほど、国際競争力も高い」という調査結果も発表されています。

このような背景もあり、近年、企業がレジリエンスに関する研修を行うケースが増えつつあります。レジリエンスに関する研修では、ビジネスにおいて困難に見舞われた場合を仮定し、どのように対処すべきかなどを学びます。

パーソナライズ

VUCAの時代においては、多様な人材のパフォーマンスをしっかりと発揮できる人材育成が重要です。人材育成を考えるときに、従業員を「集団」として捉えるのではなく、「個」として捉え、向き合うパーソナライズの観点が求められます

価値観が多様化した現代において、個々人が求めるニーズや描くキャリアパスはそれぞれ異なります。個々人の持つスキルや特性を把握し、かつモチベーションを維持・向上させるために、人材育成においてもパーソナライズの視点が欠かせません。

ソニーグループでは、人材を「群」ではなく「個」として捉えています。同社では「強い意志と自主性・成長意欲を持った個性あふれる社員一人ひとりに寄り添うことで、社員の持つ力が最大限に発揮される」という、個性を尊重するメッセージを発信しています。

自社が従業員に提供する価値(EVP:Employee Value Proposition)を明確にし、ダイバーシティを推進するために、「ダイバーシティウィーク」というイベントをグローバルに展開しています。またエンゲージメント調査を年に1回開催、従業員エンゲージメントをマネジメントの評価にも取り入れています。

キャリアの視点を持つ

先行きの見えないVUCAの時代だからこそ、従業員のキャリアに対して、より一層目を向ける必要があります。終身雇用、年功序列といった旧来型の雇用スタイルは崩れつつあり、従業員自らがキャリアプランを持ち、スキルや能力を磨いていくことが重要です

また、企業はそれを全面的に支援しなければなりません。キャリア支援室などを設置し、従業員が気軽に相談できる機会を設けたり、社内外での研修を行いスキルアップの機会を確保したりするなどの取り組みが必要になるでしょう。また、社内公募制度や社内インターンなど、従業員が公平に挑戦できる環境を整備することも重要です。

VUCA時代においては、従業員の自立的かつ継続的な成長の支援について、企業は一段と力を入れる必要があるでしょう。

キャリアイメージ

「VUCA」について深く知る記事一覧

企画・編集:『日本の人事部』編集部

HRペディア「人事辞典」

HRペディア「人事辞典」

? このジャンルの新コンテンツ掲載時に通知します このジャンルの新コンテンツ掲載時に通知します
フォロー

無料会員登録

フォローすると、対象ジャンルの新着記事が掲載された際に通知します。
利用には『日本の人事部』への会員登録が必要です。

メールアドレスのみの登録で、15秒で完了します。

用語の基本的な意味、具体的な業務に関する解説や事例などが豊富に掲載されています。掲載用語数は1,100以上、毎月新しい用語を掲載。基礎知識の習得に、課題解決のヒントに、すべてのビジネスパーソンをサポートする人事辞典です。

この記事を既読にする

無料会員登録

「既読機能」のご利用には『日本の人事部』会員への登録が必要です。
メールアドレスのみの登録で、15秒で完了します。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

関連する記事

「VUCA時代の人材育成に必要な三つの要素」に関する人事のQ&A

「VUCA時代の人材育成に必要な三つの要素」に関する書式・テンプレート