無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

HRペディア 掲載日:2021/07/30

【ヨミ】ストローク ストローク

「ストローク(Stroke)」とは、人とのコミュニケーションから得られる精神的な刺激のことをいいます。心理学用語の一つで、カナダの精神科医であるエリック・バーン氏が提唱しました。ストロークには種類があり、人から示される関心や刺激が肉体的なものか心理的なものかによって、「肉体的ストローク(タッチストローク)」と「心理的ストローク」とに分けられます。さらに、その内容を受け手がどう感じるかによって「肯定的ストローク」と「否定的ストローク」に分類されます。人との関わりが連続する職場において、誰もが気持ちよく働けるよう、相手の存在を認めるストロークに目を向けることが大切です。

ストロークのケーススタディ

人はストロークを得たい生き物。
ポジティブな職場環境をつくるために

自分が他者に与えているストロークは肯定的なものでしょうか。それとも、否定的なものでしょうか。

「肉体的ストローク」と「心理的ストローク」をさらに分類すると、その手段には「スキンシップ」「バーバル(言語)」「ノンバーバル(非言語)」の3種類があり、それぞれに肯定的なものと否定的なものとがあります。

スキンシップの場合、ハイタッチをしたり、握手をしたりする行為は、肯定的な肉体的ストロークと捉えられます。一方、叩いたり、小突いたりする行為は、否定的ストロークといえます。

バーバルの場合、名前を呼ぶ、挨拶をする、言葉で褒めることなどは肯定的ストロークといえます。ノンバーバルでは、微笑んだり、うなずいたり、仕事をまかせたりという「相手を信頼している」ことが伝わるような非言語コミュニケーションが、肯定的ストロークです。一方、相手を叱ったり、悪口をいったり(バーバル)、嘲笑したり、にらんだり(ノンバーバル)する行為は否定的ストロークとなります。

提唱者のエリック・バーン氏は「人はストロークを得るために生きている」と説いています。それほど、相手の存在を認める言動は、良くも悪くも人に影響を与えるものなのです。

最近では、職場のメンタルヘルス対策の一環として、ストロークに関する研修を行う企業もあります。ブラザー工業株式会社では、ストレス度が高いと判定された部門と、サーベイにおいて「上司の支援」のスコアが低く出た部門の管理職に対し、ストロークを学ぶ研修を実施しています。ストロークに関する知識を得るための講義と、肯定的ストロークに関して参加者同士がディスカッションする内容になっています。

否定的ストロークの多い職場では、従業員は萎縮してしまい、本来のパフォーマンスを発揮しにくくなる可能性があります。ポジティブな気持ちを持ちイキイキと働ける環境でこそ、人は仕事に集中でき、やりがいを感じることができます。自分が他者にどのようなストロークを与えているか、一度考える機会を設けてみてはいかがでしょうか。

・関連記事
体系的・継続的な教育で従業員のセルフケア力をアップ。ブラザー工業が注力するメンタルヘルス対策

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

「ストローク」に関する記事

「ストローク」に関する人事のQ&A

復職判断と手当について

2ヶ月半のメンタルで休職の者が復職申請してきました。医診断書も付け、産業医面接も終えました。ただ年末年始に差し掛かり、本人が希望し、産業医の指示する一月上旬復職が、社内プロセス上、難しく1/15まで休...

人事パーソルさん
東京都/ 商社(専門)(従業員数 101~300人)
2020/12/30 09:59 ID:QA-0099523 労務・法務・安全衛生 解決済み回答数 4 件

産業医の適用事業所以外の対応

平素は大変参考にさせて頂いております.
さて、産業医契約締結先からの要望事項にてご教示を賜りたく宜しくお願い致します.
相手先の事業展開上、所定の従業員人数に満たない支店が多数あり、当然、人事異動等も...

ジョブQさん
静岡県/ 医療・福祉関連(従業員数 10001人以上)
2020/11/09 15:37 ID:QA-0098121 労務・法務・安全衛生 回答終了回答数 2 件

自然災害、感染症に際しての就業規則策定について

昨今の自然災害(台風・地震等)、コロナウィルス等における会社対応について、新たに就業規則に落とし込むよう組合からの要望に接しております。

「自然災害等規則」として新設をしていきたいのですが、ネット上...

総務の課長さん
東京都/ その他メーカー(従業員数 101~300人)
2020/09/17 10:20 ID:QA-0096819 労務・法務・安全衛生 回答終了回答数 3 件

「ストローク」に関する書式・テンプレート

復職申請書

復職申請書のテンプレートです。
傷病による休職を経ての復職の場合は、復職申請書と医師の診断書をもとに復職可否を判断します。また時期の明確化、記録のために復職許可証を発行する方がよいでしょう。

ダウンロード