無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ
人事辞典 掲載日:2021/01/28

【ヨミ】アンドラゴジー ペダゴジー アンドラゴジー、ペダゴジー

人材教育には大きく分けて二つの理論があり、大人に必要な教育理論のことを「アンドラゴジー」、子供の学び方のことを「ペダゴジー」といいます。どちらもギリシャ語がベースの言葉です。学校では、先生が生徒に物ごとを教え、学びそのものをゴールとする学校教育を行っています。そういう意味でペダゴジーは、他者依存的な教育体系ということができます。一方、大人の学びのアンドラゴジーは、学びの先にある結果や実践を重視する、自己決定的なアプローチです。企業研修でアンドラゴジーを念頭におかずに設計すると、依存的な人材を育てることになってしまいます。

アンドラゴジー、ペダゴジーのケーススタディ

知識を付与するつめこみ研修は
依存型の人材を増やすだけかもしれない

皆さんの企業では、どのような研修を行っていますか。講師が一方的に話すだけの、知識付与型の研修になってはいませんか。基礎知識や技術を学ぶ上で、確かにティーチングは効果的です。しかし知識付与型のカリキュラムは、基本的にペダゴジーになりがちです。つまり、大人を相手に、子ども向けの教育方法をとってしまっているのです。

アメリカの成人教育の理論家であるマルカム・ノールズは、アンドラゴジーの概念を発展させる際、「自己概念」「学習経験」「レディネス」「方向付け」「動機付け」という五つの観点で、子どもの教育とは異なっていることを発見しました。その違いを意識することで、より大人向けの教育に近づくことができるといわれています。しかし昨今では、子どもにアンドラゴジーを適応することで学びを促せるケースもみられており、単純に「大人向け」「子ども向け」という話ではなくなってきているようです。

なぜ私たちは教育を受けるのでしょうか。子どものころは、試験で良い点をとるためでした。勉強そのものが目的だったのです。しかし、大人は研修を受けることが目的ではありません。企業の業績向上に貢献するため、あるいは、よりよい世の中をつくるためなど、学習の先に目的があるから学ぶのです。

アンドラゴジーを必要とする人たちには、特長があります。学ぶ必要性を理解していないと学びにつながらないこと、これまでの人生経験があること、実利的で役に立つものに興味があることなど。どれだけ知識を与えられても、実務でその知識を活用して実績を上げることができなければ、その作業は意味をなしません。

そのため、社員に研修を受けさせる際には、ファシリテーターは答えを持っている「先生」ではなく、思考の方向性を指し示す「ガイド」でなければいけません。問いを投げかえていくことで、参加者である社員が内発的な動機から学びに向かうことができるようになるのです。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

  • 参考になった1
  • 共感できる0
  • 実践したい2
  • 考えさせられる0
  • 理解しやすい0
オススメ3
最新順 人気順 古い順

*****さんが実践したいでオススメしました

長野県 農林・水産・鉱業 2021/02/18

 

背中貼るカイロさんが実践したいでオススメしました

東京都 石油・ゴム・ガラス・セメント・セラミック 2021/02/18

とにかく良かった

*****さんが参考になったでオススメしました

島根県 教育 2021/02/14

 

3件中1~3件を表示
  • 1

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連する書式・テンプレート
テーマ別研修の目的・テーマ例・留意事項

事業展開と課題から必要な研修テーマを決定します。テーマには「グローバル研修/コンプライアンス研修/リーダシップ研修/ダイバーシティ研修」などがあります。
ここでは、研修テーマの設定、テーマ研修例の解説、研修の運営上の留意事項などを盛り込み整理しました。

ダウンロード
研修カリキュラムのテンプレート

研修を企画する際のテンプレートです。社員に自身で研修を企画してもらうときの必要要素を備えています。テーマは多岐にわたりますので、場面に応じて編集したたき台としてください。

ダウンロード

関連するキーワード