企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事キーワード 掲載日:2020/11/27

【ヨミ】エフェクチュエーション エフェクチュエーション

「エフェクチュエーション」とは、優れた起業家に共通する思考プロセスや行動様式のことをいいます。インド人の経営学者サラス・サラスバシー氏が、著書『エフェクチュエーション:市場創造の実効理論』のなかで提唱しました。それまで一般化できないと考えられてきた起業家の思考を体系化し、学習可能なものにしたことで注目が高まりました。

エフェクチュエーションのケーススタディ

5年後、世界はどうなっている?
エフェクチュエーションは予測不可能な時代の方法論

エフェクチュエーションへの注目が高まっている背景には、不確実性が高まる現代において、従来の方法では物事がうまく進まないことが多くなっていることがあります。大企業を中心に取り入れられている目標設定型の逆算的アプローチは「コーゼーション」と呼ばれます。「売上年間10億円」「東証一部上場」といった目標を掲げ、それを達成するための最適な方法を後から決めていく方法です。

しかし、変化の多いこの時代に数年先まで見通すことは困難を極めます。サラス・サラスバシー氏によれば、現代で活躍する起業家に共通していたるのは、目標ありきではなく、手段をベースにした思考プロセスでした。求める結果から逆算するコーゼーションではなく、手持ちの手段からスタートし、それらを使って何ができるかを考える。これがエフェクチュエーションです。

エフェクチュエーションは、以下の五つの原則から構成されます。

・手中の鳥の原則
新しい方法ではなく、既存の手段を用いて何かをつくること
・許容可能な損失の原則
損失が出ても致命的にはならない許容範囲のリスクをあらかじめ設定すること
・クレイジーキルトの原則
形も柄も違う布を縫い合わせて1枚の布をつくるクレイジーキルトに例え、顧客や競合他社、従業員などをパートナーと捉え、一丸となってゴールを目指していくこと
・レモネードの原則
酸っぱくて使い物にならないレモンに工夫を凝らして、甘いレモネードを作る(=価値を持つ製品へと生まれ変わらせる)こと
・飛行機の中のパイロット原則
前出の四つの原則を網羅した原則でもあり、不測の事態に備えて、状況に応じた臨機応変な行動をすること

これまで主流だった目的ありきのコーゼーションは、未来は予測できるという前提のもとに成り立っています。意思決定や姿勢が一貫しやすいというメリットがある一方で、予測が外れたときの軌道修正も大きなものになりえます。状況を臨機応変に判断しながら結果をデザインしていくエフェクチュエーションは、これからの時代の経営戦略として注目を集めそうです

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

ノーワーク・ノーペイの原則
労働契約法第6条が定める労働契約は、労働者による労務の提供と、使用者による賃金の支払との“双務契約”です。したがって労務の提供が履行されず、それが労働者の責任に帰する場合は、対応する賃金の支払義務も原則として生じません。これを「ノーワーク・ノーペイの原則」といいます。つまり「労働無くして給与無し」―...
WOOPの法則
「WOOPの法則」とは、目標達成を円滑にするプロセスについて提唱した法則です。アメリカの心理学者ガブリエル・エッティンゲン博士による20年以上にわたる研究の末に体系化されました。WOOPとは、「願望(Wish)」「結果(Outcome)」「障害(Obstacle)」「計画(Plan)」という四つのス...
KPI
「KPI」はKey Performance Indicatorの略で、一般に「重要業績評価指標」と訳されます。企業目標やビジネス戦略の実現に向けて、業務プロセスが適切に実施されているかどうかをモニタリングする目的で設定される業績評価指標(Performance Indicators)のうち、特に重...

関連する記事

人事評価への納得性を高めるための 目標設定・フィードバック面接と運用法
目標管理制度を導入する企業で、上司の評価と自己の評価の間にギャップを生じ、フィードバック面接などで不満を示す社員が増えているようです。本記事では、こうした問題を解消するための対策について、具体的な事例とともに、紹介します。
2012/03/19掲載人事・労務関連コラム
コンプライアンス対策における今後の課題
コンプライアンスの推進に欠かせない経営トップのリーダーシップとは?グローバル化を見据えた企業倫理の確立を目指して。
2017/01/31掲載よくわかる講座
「処遇」から「目標達成」へ ~人事考課における「目標管理」の重要性とは?
人は、周囲から評価されて「有用感」を持つことで、働く意欲が高まっていく。何より、活躍する場が与えられるからこそ、成長していくのである。
2010/05/10掲載注目の記事

関連するQ&A

パートの賞与
パートタイマーに賞与を支払う場合の一般的な計算方法はどのような方法がありますか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 経営戦略 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

会社の法律Q&A 仕事と家庭(育児・介護)』の両立支援 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


HR Techで人事が変わる~AI・データ分析の基本と実例~ 提供:ワークデイ

HR Techで人事が変わる~AI・データ分析の基本と実例~ 提供:ワークデイ

HRカンファレンス2016秋で大好評だった、『HR Techで人事が変...