無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ
人事辞典 掲載日:2019/04/17

【ヨミ】アンダーマイニングコウカ アンダーマイニング効果

「アンダーマイニング効果」とは、それまで内発的動機で行っていた行為に対して、報酬などの外発的動機付けが行われることにより、逆にモチベーションが低減してしまう現象のことをいいます。「undermine」とは英語で「下を掘る」という意味のほかに、「損なう」「傷つける」という意味があります。例えば、趣味として行っていたランニングに対して、金銭的な報酬を与えられることで、モチベーションが外発的なものへと変わってしまい、結果的にやる気がなくなってしまうことなどがこれにあたります。

アンダーマイニング効果のケーススタディ

行為そのものが「目的」か
それとも報酬を得るための「手段」か

子どもが自発的に良い行いをしたとき、ご褒美にお小遣いをあげることは望ましくないといわれています。例えば、子どもが掃除機に興味を持ったとします。自動的にゴミが吸い込まれていく様子が楽しくて掃除機をかけていたら、親が「えらいね」とお小遣いをくれました。子どもは喜んでお小遣いを受け取りますが、それが続くと、次第にお小遣いなしでは掃除機をかけなくなっていきます。はじめは楽しんでいたはずが、お小遣いをもらうようになったことで、「ただ働きをしたくない」という意識が生まれてしまったのです。

こうした現象こそ、アンダーマイニング効果によって起こるもの。「好き」や「楽しい」といった気持ちがモチベーションになる「内発的動機」から、評価や利益など外部からもたらされる「外発的動機」へと意欲の源泉が変化したのです。

企業内での評価や報酬においても、同様のことが起こりえます。従業員の行動や成果に対して会社から褒賞を与える場合には、その従業員の内発的動機を損ねないよう、注意することが必要です。一般的に外発的動機と比べると、内発的動機の方が持続的で効率よく結果を得ることができるとされています。しかし、内発的動機はちょっとしたことで外発的動機に変化してしまいます。

とはいえ、成果を出した従業員に報酬を与えなければ、会社全体の従業員満足度や士気の低下につながりかねません。内発的動機づけを損なわず、適切に報酬を与えるには、どうすればいいのでしょうか。

ポイントとなるのは、従業員に「自分で決めている」「選択して行動している」という感覚を持たせること。アンダーマイニング効果は「期待させられた報酬」によって起こる、という研究結果があります。ニンジンをぶら下げた状態で、報酬を目的に行動させられてしまったとき、アンダーマイニング効果が発生するのです。

つまり「報酬のためにがんばれ」というのではなく、まずは従業員が内発的動機づけに基づいて成果を上げられる環境を整える。物質的な報酬ではなく、褒めたり期待を伝えたりすることで、言語的な報酬を与えることも有効です。上司と部下がしっかりと信頼関係を築けていれば、部下にはやらされ感がなくなり、内発的動機付けも高まるでしょう。その上で、仕事を評価していることを伝える一手段として物質的な報酬を与えれば、アンダーマイニング効果は起こりづらくなります。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連する書式・テンプレート
育成型人事考課を目指すためのリスト

成果主義人事考課の目的は報酬決定のためであり、成果に対して報いる制度です。一方、育成型人事考課は「成果をあげられる社員の育成」を目的としており、仕事ぶりとこれから強化したい方向性を確認し、共有する人事考課です。
ここでは育成型人事考課を目指すための項目をリスト化しました。

ダウンロード

関連するキーワード