印刷する印刷する 

[企業人事部]

2015/01/19

ノバレーゼ、全社員の有給休暇取得率100%を義務化、会社が後押し
年間の休暇体制を年初に策定し、旅行など充実した休日を過ごせるよう工夫
メリハリある働き方で、社員の満足度向上とより健康的な企業体質へ

ウエディングプロデュース・レストラン運営の株式会社ノバレーゼ(本社:東京都中央区、浅田剛治社長、東証一部、資本金:6億円)は本年度(2015年1月1日(木)~12月末)、全社員の有給休暇取得率100%を管理職者に義務付ける取り組みを開始します。

 

対象者は管理職者を除く全正社員・契約社員(537人、2014年末時点の人数)です。その年に付与する有給休暇を社員が100%取得できる管理体制を整えます。年明から1月下旬にかけ、各部門長が社員から取得希望日をヒアリングして、一年間の部署単位の有休取得予定表を策定し、本社総務人事部に提出。同部が1月末に全社員の有給休暇予定を確定します。その後、同部が定期的に出勤簿を確認し、取得状況の管理を行います。これまで通り部門長による休暇取得の促進と管理も継続します。休暇予定表の事前作成とチェック体制の二重強化で、取得率を100%へと引き上げます。

 

年間を通して前もって休日を整えておくことで、単純に休日の取得を促すのでなく、旅行などリフレッシュ効果の高い休日を社員に過ごしてもらう狙いです。「休む」に「満足感」を加えることで、
メリハリのある働き方を促し、集中して日々の業務に取り組んでもらえる職場環境をつくります。

 

有休取得に向けた業務内容の効率化や環境づくりは、引き続き管理職者に一任します。効果的な方法を総務人事部が中心となり全国各拠点から集め、全社に共有します。本取り組みで「有休取得」と「業務改善」の双方の向上を狙います。

 

有休取得率100%の実現に向けて、2014年の下半期7月から、各部門長が社員の休暇希望日を吸い上げ事前にスケジュールを策定する取り組みを試験的に開始。上期21.6%の取得率が下期は倍の43.5%に向上し、2013年度31.4%だった取得率が2014年度は65.2%に改善、企業の全国平均48.8%※を大きく上回りました。(※出所:厚生労働省)

 

社員からも「計画的に休みが取りやすくなった」と好評で、2015年度は年間を通したスケジュール策定を行い、管理体制を徹底します。  

 

<本件に関するお問い合わせ先>
株式会社ノバレーゼ 広報担当:松井
【TEL】 03-5524-1122
【FAX】 03-5524-1133
【mail】 t-matsui@novarese.co.jp


◆本リリースの詳細は、こちら(PDF)をご覧ください。

(株式会社ノバレーゼ http://www.novarese.co.jp/ / 1月19日発表・同社プレスリリースより転載)


ニュースジャンル一覧

人事労務・管理(企業人事部)ジャンルのニュース

スキルアップ講座特集
会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。会員ができること
人事ソリューション活用事例ダウンロード GABAの法人向け英語研修

ニュースアクセスランキング

注目コンテンツ


スキルアップ講座特集

本特集では、コミュニケーションやマネジメントスキル向上に効くメソッドや、個人の生産性、PCスキルを高める講座の情報まで、 『日本の人事部』が注目する多彩なプログラムをご紹介。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


事業所内保育施設を作る強い味方!<br />
内閣府が主導する「企業主導型保育事業」とは
new

事業所内保育施設を作る強い味方!
内閣府が主導する「企業主導型保育事業」とは

2016年4月に内閣府が「企業主導型保育事業」をスタートしました。これ...


プレスリリース掲載に関して

プレスリリース掲載に関して

弊社媒体向けニュースリリースにつきましては、受付フォームをご用意しております。
プレスリリース受付フォーム


『日本の人事部』 主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント開催!

日本の人事部「HRカンファレンス2016-秋-」を11/15(火)~18(金)に開催。


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

法政大学 教授の宮城まり子氏を講師に迎え、第9回会合を11/15(火)に開催。


人・組織ビジネス業界関係者の会

人・組織ビジネス業界関係者の会

日本の人事部『プロフェッショナル・ネットワーク』新年会~講演&交流会~を2016年2月2日(火)に開催。