企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

ニュース
人事サービス 雇用・採用
掲載日:2013/07/24

ギブリー、2014年度新卒採用における、
人事担当者のソーシャルメディア利用意識調査を発表

~企業人事が新卒採用でFacebookを活用した結果
 「効果あり」は51% 昨年度より3.6ポイント増!~


株式会社ギブリー(本社:東京都渋谷区、代表取締役:井手高志)は、2014年度新卒採用においてソーシャルメディアを活用している企業人事対象のアンケート結果に加え、独自の調査をまとめた「ソーシャルリクルーティング白書(簡易版)」を2013年7月10日(水)に発刊いたしました。


◆「ソーシャルリクルーティング白書」調査の背景および目的

2011年より話題となりはじめた、Facebookなどソーシャルメディアを活用した新卒採用「ソーシャルリクルーティング」。調査を開始した2012年6月1日時点で、新卒採用用にFacebookページを立ち上げた企業は約1,300社※1。

今回、2013年6月1日時点では3,000社※2を超え、この1年で2倍以上の企業が新卒採用にFacebookを利用しています。

本白書では、Facebookを中心としたソーシャルメディアの活用がどのような効果をもたらしたのかを調査、公表することにより、新卒採用市場におけるソーシャルメディアの現状を明確化し、各社の今後の新卒採用に寄与することを目的としております。

また、本白書は簡易版となっており、今後、改めて詳細版を発表いたします。

※1 ※2 株式会社ギブリー「ソー活ナビ編集部」シンクタンクチーム調べ


◆「ソーシャルリクルーティング白書」調査概要

【調査対象】
1) 2014年度新卒採用においてFacebookを活用している企業人事
2) 2014年度新卒採用においてFacebookを活用していない企業人事

【調査期間】
2013年6月21(金)~2013年7月2日(火)

【調査方法】
インターネットによるアンケート調査

【有効回答数】
187社

【データ閲覧URL】
http://bit.ly/12VDWso


◆「ソーシャルリクルーティング白書」Vol.2 トピックス

2014年度のソーシャルリクルーティングに対する効果や、人事担当者に人気のソーシャルメディアを発表。

・Facebookページの効果の実感としては
 「学生から親しみを持ってもらえるようになった」が最も多い

・採用活動にKPIを設けている企業の中では、
 98%以上が「いいね!」の数でFacebookページの効果を測定

・ソーシャルリクルーティングを始めたきっかけで最も多かったのは
 「双方向コミュニケーションの必要性を感じたから」

・人事担当者が使ってみたい人気のソーシャルメディアはFacebook。
 次いでLINE、USTREAM、YouTube

・Facebookを新卒採用に利用する企業の32%が、
 複数のソーシャルメディアを併用


◆ 本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。

(株式会社ギブリー http://givery.co.jp/ /7月10日発表・同社プレスリリースより転載)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です
ニュースジャンル一覧
雇用・採用(人事サービス)ジャンルのニュース

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

会社の法律Q&A タレントパレット 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


プレスリリース掲載に関して

プレスリリース掲載に関して

弊社媒体向けニュースリリースにつきましては、受付フォームをご用意しております。
プレスリリース受付フォーム


『日本の人事部』主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2020-秋-」を11/17~20、11/25に開催。
<173講演ライブ配信>


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

日本を代表する大手企業の人事エグゼクティブによる、人事の未来を考える会