ニュース
社会 行政・法律
掲載日:2012/10/01

平成24年度「『見える』安全活動コンクール」を実施(厚生労働省)

~労働災害防止活動の「見える化」事例を募集(10月1日~11月30日)~

厚生労働省では本日から、労働災害防止に向けた企業の取り組み事例を募集・公開し、国民からの投票により優良事例を選ぶ、平成24年度「『見える』安全活動コンクール」を実施します。

このコンクールは、昨年4月に厚生労働省が策定した「安全から元気を起こす戦略」の一環として実施するものです。2回目となる今年は、より多くの応募を促すため、昨年の事例を基に「見える化」の活動内容を「危険有害性」や「安全衛生事象」など7パターンに類型化しました。

応募期間は、本日10月1日(月)から11月30日(金)まで。応募事例は、「あんぜんプロジェクト」のホームページに掲載し、平成24年12月17日(月)~平成25年2月17日(日)の間に実施する投票の結果に基づいて、優良事例を3月下旬に発表する予定です。

安全活動の「見える」化とは、労働災害に対する認識を従業員が共有し、それぞれの現場での危険予知に役立てるための、目に見える形での取り組みを言います。さらに、自社の安全活動を企業価値(安全ブランド)の向上に結びつけ、一層、機運を高めることも狙いとしています。

厚生労働省では、コンクールの実施を通じて、特に労災の発生件数が増加している第3次産業(小売業、社会福祉施設、飲食店)や、今後の震災復旧・復興工事での労働災害の減少に取り組んでいきます。


1 趣旨・目的
平成23年の労働災害による死亡者数は1,024人と過去最少だったものの、休業4日以上の死傷者数は111,349人と前年に比べて3,590人の増加(+3.3%)となり、33年ぶりに2年連続の増加という残念な結果となりました。建設業では、約6割の企業が、最近の厳しい経営環境により安全衛生管理活動に支障を来している、または後退しているとするなど、企業の安全への取り組みはその足元が危うい状態にあります。

こうした状況の中、平成23年4月に緊急に取りまとめた「安全から元気を起こす戦略」では、『企業の安全活動活性化の支援』を掲げています。

これを実現していくための取り組みの1つとして実施する「『見える』安全活動コンクール」では、職場の安全活動の中で、危険認識や作業上の注意喚起を分かりやすく周知でき、また、一般の労働者も参加しやすい活動である安全活動の「見える」化について、取組事例を募集、公開し、広く国民から投票を募り、優良事例を決定します。これにより事業場の安全活動の「見える」化への取り組みを活性化することを目的とします。

また、このコンクールに応募された取組事例は、現場の安全活動の取り組みに活用できるよう、「あんぜんプロジェクト」ホームページ上で継続的に公開します。


2 実施スケジュール
募集期間:平成24年10月1日~平成24年11月30日
投票期間:平成24年12月17日~平成25年2月17日
結果発表:平成25年3月下旬(予定)


3 取組事例の応募方法
「あんぜんプロジェクト」ホームページ上の「『見える』安全活動コンクール」特設ページから、申請書をダウンロードし、電子メールに添付して応募してください。(メンタルヘルス対策も対象になります) 

詳しくは、こちらのURLから「『見える』安全活動コンクール」特設ページをご覧ください。


4 取組事例への投票方法
平成24年12月17日から、「『見える』安全活動コンクール」特設ページ内の「応募作品」ページから誰でも簡単に投票できます。
(締め切り:平成25年2月17日)
「応募作品」ページ


5 参考
(1) 安全から元気を起こす戦略(報道発表)
(2) あんぜんプロジェクト周知用リーフレット(第2版)


◆ 詳しくはこちらをご覧ください。

(厚生労働省 http://www.mhlw.go.jp/ /10月1日発表・報道発表より転載)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。