無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

ニュース
人事サービス 人材育成・研修
掲載日:2012/05/30

グローバルナレッジマネジメントセンター
世界におけるグローバルリーダー開発に関する調査を公表

グローバルナレッジマネジメントセンター株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:春山昭彦、以下GKMC)は、米国AMAと調査会社i4cpが共同で実施したGlobal Leadership Development Survey 2012調査結果を公開しました。

本調査は世界のビジネスパーソン1,050人からの回答をもとに集計されたもので、今年で3回目となります。

調査では、世界の企業がグローバルリーダーシップ開発プログラムを実施するとき、重要であると考えるコンピテンシーが明らかになりました。この上位3つは「チェンジマネジメント」「クリティカルシンキング/問題解決」「影響力を与え協働する能力」でした。

本結果を受け、AMAブランドを国内販売するグローバルナレッジマネジメントセンター株式会社 ディレクターの増田智史は、「この調査結果と同様のトレンドが日本企業にも見受けられる」と考察しています。「日本企業におけるグローバル人材育成プログラムの内容も、新しいフェーズに入ったと感じています。これまで異文化理解や語学研修に注力していた多くの企業は、よりグローバル戦略の実行に直結するコンピテンシーの強化に力を入れ始めました。日本においても「クリティカルシンキング」や「チェンジマネジメント」、さらには「他人に影響力を与え協働する能力」を養うためのプログラムを提供する機会が増えてきています。加えて、将来のグローバルリーダー候補の裾野を拡大するべく、若年層にグローバルな視野を植え付けるための仕掛けを施す企業も多くなってきています。」

Global Leadership Development Survey 2012ではこの他に、企業が導入する評価指標や、グローバルリーダーシップ開発プログラムの内容を決める要素、将来のグローバルリーダーに重要なコンピテンシーなど調査しています。

リーダーシップ開発プログラムの内容を決める要素は何か?と尋ねた設問からは、「企業のグローバル戦略が多様化する中、グローバルリーダー育成方法も多様化が進んでいます。画一的で型にはまったプログラムではなく、各企業に最適化されたプログラムが求められています」と増田は考察しています。

本調査は米国AMAエンタープライズがi4cp(Institute for Corporate productivity)とTraining magazineと協力して実施されました。調査はemailを通し、主にミドル~シニアレベルのHRおよびマネジメントに就く方々を対象に行われ、世界中から1,050の回答が得られました。調査結果は下記のURLからダウンロードが可能です。

■ 英語版     http://bit.ly/MXaQlw
□ 日本語訳版  http://bit.ly/LSdNBI 

グローバルナレッジマネジメントセンターは、企業に最適化したグローバル人材育成プログラムをこれまでも数多く提供しています。サービスの詳細につきましては、お気軽にお問い合わせください。

(グローバル ナレッジ マネジメントセンター株式会社 http://www.amajapan.co.jp/j/ /5月30日発表・同社プレスリリースより転載)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。