ニュース
人事サービス 雇用・採用
掲載日:2011/11/08

ビー・スタイル、仕事環境に関する実態調査を実施

企業で働いている女性の約4人に1人が非正社員!
~第一回ウーマン・リブ大会から40年以上が経過しているにも関わらず、
いまだに男女間に格差がある現実が明らかに~

女性に特化した人材サービスを展開する株式会社ビー・スタイル(本社:東京都新宿区代表取締役:三原邦彦)は、企業で勤務している男女800人を対象に仕事環境に関する実態調査を実施しました。

男女雇用機会均等法の制定に大きな役割を果たしたといわれる1970年11月14日に東京都渋谷区で開催された第1回ウーマン・リブ※大会から40年以上が経過しているにも関わらず、仕事環境において、依然として男女間に格差がある現実が浮き彫りになりました。


■ 調査概要
・調査手法     : インターネットリサーチ(調査実施会社:楽天リサーチ)
・調査対象エリア : 全国
・調査実施日    : 2011年10月14日
・調査対象者    : 企業で勤務している800人の男女(男性400人、女性400人)


■ 調査結果サマリー
・企業で勤務している人の非正社員(契約社員または派遣社員)の割合は男性が6.2%、女性が24%と女性のほうが17.8%多かった。

・仕事において性別による不公平感を感じている人は、男性が25.8%に対して女性は29.8%とやや女性のほうが多い。

・女性で正社員と非正社員(契約社員、派遣社員)の平均勤続年数を比較すると、非正社員のほうが平均勤続年数が短く、非正社員では61%が3年未満。

・企業で働いている女性の71.6%が年収300万円未満。

・非正社員(契約社員、派遣社員)のほうが現在の仕事において満足していない。


女性の社会進出は進んでいるようにみえるものの、女性は非正社員(契約社員、派遣社員)が多く、収入面においても差がありました。また重要な仕事は男性に任させることが多いなど、依然として女性は仕事環境において、まだまだ不利な立場であることが明らかとなりました。


◎ フリーアンサー回答抜粋

Q : どんな時に不公平感を感じたかを具体的に教えてください。
「男の人はがんばれば昇給していく。スピードも速い。」
「男性と同じ仕事を任せてもらえない」
「女だからとよくいわれる」
「男女の違いというだけで、基本給に何万円もの差がある。」
「女性の管理職はひとりもおらず、昇進・昇格の進度に不公平を感じる」
「女性なので出張に行かせてもらえない。」
「女性はいずれ結婚・出産等で退職するので重要な仕事を任されないケースがある。」


ウーマン・リブから40年以上が経過しているにも関わらず、仕事環境においてまだまだ男女間に格差がある現実が明らかになりました。1995年から2005年の10年間に大卒就職期を迎えた世代は、就職率の低さからロストジェネレーション(失われた世代)と呼ばれています。

リーマン・ショック以降の長引く不況の中、就職難や非正規雇用の割合が増え、なかなか「正社員」になれない第2ロストジェネレーション女性も多い中、このような問題を是正すべく、株式会社ビー・スタイルは女性が派遣社員から正社員になることを支援する「社会人インターンRe-ing」を2009年7月から提供しています。


【 「社会人インターンRe-ing」とは 】
人材派遣・人材紹介の契約を活用しながら、非正規雇用のスタッフに対して正社員としてのマインド・スキルを教育する仕組みを提供し、正社員就職を実現していく新しい人材サービスです。

就業へのマインドをセットする入社研修をはじめ、2カ月に1度、チームで課題解決への具体的アクションを見つけ出すフォーラムを行ったり、業務上必要なOAスキルを必要なときに学習できる制度を設けています。

評価昇給制度・推薦状制度・コーチング制度などを通じて、スタッフが継続的に成長し続けることができる仕組みを整えています。


・社会人インターンRe-ingのWebサイト
企業ご担当者様向けホームページ
求職者向けホームページ「シャインなワタシ」


【 株式会社ビー・スタイルについて 】
株式会社ビー・スタイルは「社会人インターンRe-ing」をはじめとして、既婚女性を活用した新しい労働力を提供する「パートタイム型人材派遣事業」など女性がそれぞれの価値観、ライフスタイルにあわせて働ける社会の実現に向けて様々な事業を展開しております。


※ ウーマン・リブとは
ウーマン・リブとは1960年代後半にアメリカでおこり、その後、世界的に広がった女性解放運動。この運動の発端となったアメリカでは、 ベトナム反戦運動や公民権運動に連動する形で、性による役割分担に不満を持った主婦や女子学生を中心に、「男女は社会的に対等・平等であって、生まれつきの肌の色や性別による差別や区別の 壁を取り払うべきだ」という考えのもとで開始された。1979年(昭和54年)には国連総会において、 女子差別撤廃条約が採択されるなど、その後の男女平等社会の推進に大きく貢献している。日本では、1970年(昭和45年)11月14日に第1回ウーマン・リブ大会が東京都渋谷区で 開催され、男女雇用機会均等法の制定に 大きな役割を果たしたという。


◆ 本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。

(株式会社ビー・スタイル http://www.b-style.net/ /11月7日発表・同社プレスリリースより転載)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。