無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

ニュース
人事サービス 人材育成・研修
掲載日:2011/09/09

人事の大学、世界から人が集まる人材開発会議に参加&シンガポール視察
一流の世界人脈をつくるプログラム

2011年11月に開催される「ASTD-STADA Conference」に参加。同時にグローバルビジネスの中心シンガポールの最新ビジネス事情を肌で感じるとともに、グローバル社会で戦うこれからの企業の未来を考えます。


グローバル組織人事改革の支援と教育事業をおこなう株式会社JIN-Gが運営する「人事の大学」は、初のシンガポール研修プログラムとして「ASTD-STADA Conference参加 シンガポール研修プログラム」を開催します。

2011年11月にASTDがシンガポールの人材開発協会STADAと共同でアジア・パシフィック初のカンファレンス(会議)を開催します。ASTDは約160の支部と65,000人の会員(20,000を越える企業や組織の代表を含む)をもつ、訓練・人材開発・パフォーマンスに関する世界最大の会員制組織です。
今回のカンファレンスのテーマは、”Real World Human Capital Development Solutions for the New Asia Pacific Economy”です。HCD分野で世界有数の専門家が基調講演を行ないます。

今回のシンガポール研修プログラムの目的は、この世界各国から人が集まる人材開発会議に参加しグローバル人脈を作ることです。また、先進的な水資源プロジェクトである「ニュー・ウォーター」や、アジアでもっと優れた起業環境を提供している「シンガポール国税局」などの先駆的国家プロジェクトを実際に視察し、シンガポールのビジネスを体感します。さらに5年後、10年後にグローバル社会で勝ち残る企業になるためにはどうしたらいいのか、経営とHR/HRDの観点から考えていきます。グローバル人事を目指す人事部員やこれからのグローバル社会で勝ち残る企業になりたい経営者にオススメです。


【シンガポール研修プログラム日程】
11月15日(火) 成田−シンガポール
11月16日(水) ASTD-STADAカンファレンス参加+(夜)ブリーフィング
11月17日(木) ASTD-STADAカンファレンス参加+(夜)ASTD-STADAパーティ
11月18日(金) ASTD-STADAカンファレンス参加+(夜)ブリーフィング
11月19日(土) フリータイム(シンガポールPJT視察、観光など。※任意参加)
11月20日(日) シンガポール−成田


【人事の大学とは】  “人事の専門教育を1科目から”
「人事の大学」は、株式会社JIN-Gが主催する人事のプロを育成する日本で初めてのビジネススクールです。
業界を代表する実務家が、試行錯誤してきた成果をもとに体系的な人事スキルの教育を行っています。人事に関する基礎知識・技能から、人事制度の設計・運用、組織人事戦略の立案、外国人社員の活用法や人事業務のアウトソーシングなど、具体的なノウハウを学ぶことができます。

(株式会社JIN-G http://www.jin-g.com/ /9月9日発表・同社プレスリリースより転載)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。