無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

ニュース
人事サービス 雇用・採用
掲載日:2011/08/12

ヘイズ、人材業界の動向を発表、「ソフトスキル」を備えた人材が高需要

人材紹介会社のヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:クリスティーン・ライト、以下ヘイズ・ジャパン)はこのたび、日本の人材業界の動向に関するコメントを発表しました。

ヘイズ・ジャパンによると、今日の人材市場では、対人能力、リーダーシップ力、組織管理能力、言語能力の4つの「ソフトスキル」を備えた人材が高く評価される傾向にあります。しかしながら求職者は次の職へ応募する際、その重要性をしばしば見落としているとヘイズ・ジャパンは述べています。


ヘイズ・ジャパン代表取締役のクリスティーン・ライトは次のように述べています。

「求職者は技術的能力あるいはハードスキルに重点を置くあまり、企業の求めるソフトスキルへの要望を軽視しがちです。しかし、雇用者は役職に必要な技術的能力だけでなく、企業にソフトスキルをもたらす候補者を探しています。

また適切な技術的能力と企業が求めるソフトスキルを兼ね備えた候補者が不足しています。企業の中には採用条件にフレキシブルで、役職に適した候補者にトレーニングを提供する場合もありますが、ハード、ソフトともに全ての要件を満たす候補者をあくまでも求める企業もあります。

よって、履歴書と面接において、明確な例を示してソフトスキルをアピールすることが重要であるといえるでしょう。また現職においてそれらのスキルを向上させる機会を追求することも大切です」。


ヘイズ・ジャパンによると、企業が求める4つのソフトスキルは次の通りです。


■ 対人関係およびコミュニケーション能力:
幅広く主要な要素である対人関係およびコミュニケーション能力はチームの一員として効率的に働き、人間関係を構築するのに必要なスキルです。電話応対から、Eメールのマナー、クライアントや経営陣の前でのプレゼンテーションに至るまで、これらのスキルは必要となります。これらのスキルは企業からも高く望まれています。そのため、ヘイズ・ジャパンでは候補者には面接にてどのくらいこの分野の能力があるかを示すため、事前にいくつかの例を用意しておくようにアドバイスしています。

■ チーム管理とリーダーシップ能力:
これらのスキルも企業にとって重要であると繰り返し言われています。しかしながら、全般的にこのスキルを備えた候補者は不足しているといえるでしょう。このことからヘイズ・ジャパンでは候補者にこれらの良い能力を身につけることを奨励しています。例えば、会議の運営を積極的に行うこと、チームプロジェクトの運営を手伝うこと、チームの後輩を指導することなどがこれにあたります。

■ 組織管理能力:
組織管理能力もまた企業が評価し、求めているソフトスキルであると言われていますが、多くの候補者に欠けている、もしくは候補者が十分な注意を払っていないスキルでもあります。このスキルを示す方法は、イベントを運営することから、すべての任務が期限までに終わるよう、大きなプロジェクトを細分化すること、あるいは仕事量を計算することまで、さまざまです。

■ 言語能力:
多くの分野を通して共通して繰り返しテーマとなるのが、外国語の言語能力の必要性です。程度の差こそあれ、英語がビジネスの共通語であるグローバルな社会では英語をきちんと理解、把握することは必須条件といえるでしょう。また、英語が母国語の人にとっては第二、第三の言語を話すことができれば雇用者にとって大変重宝されます。


【 ヘイズ・グループについて 】
ヘイズ・グループは、グローバルな人材サービスを提供する、スペシャリストのリクルーティング会社です。官民問わず、正社員から契約・派遣社員まで、経験やスキルを備えた人材に関するサービスをグローバルに提供しています。ヘイズ・グループでは、世界31カ国、257の拠点において、7,086人の従業員が、17の専門分野にわたってサービスを提供しています。2010年6月30日現在、およそ5万人の求職者を正社員職として、18万人を契約・派遣社員として送り出しています。

【 ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社について 】
ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社は、ヘイズ・グループの日本法人として2001 年に東京で設立され、日本においては今年設立10周年を迎えました。同社は日本で唯一、東京赤坂本社、新宿支店、大阪支店の3つの国内拠点を擁する外資系人材紹介会社です。「経理・財務」、「金融」、「ファイナンス・テクノロジー」、「インフォメーション・テクノロジー」、「人事」、「ヘイズ・リース・マネージメント」、「法務」、「オフィス・プロフェッショナル」、「製薬」、「セールス&マーケティング」、「サプライチェーン」、「不動産関連」、「保険」の13の専門分野に精通したコンサルタントが豊富な知識と経験をもとに、企業の人材採用や個人のキャリアアップを支援しています。


◆ 本リリースの詳細はこちらをご覧ください。
 
(ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社 http://www.hays.co.jp/ /8月11日発表・同社プレスリリースより転載) 

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。