ニュース
人事サービス 人材育成・研修
掲載日:2011/08/12

テンプスタッフ・ウィッシュ、学童保育指導員の教育を強化

~増える学童需要に対応 指導員のスキルアップと質の高い運営を~

総合人材サービスのテンプグループで、保育・託児サービスを手掛けるテンプスタッフ・ウィッシュ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:西内隆昭)は、学童保育(※1)にかかわる指導員の教育研修を年間で行い、指導員のキャリアアップサポートと質の高い受託運営を行ってまいります。

共働き家庭の増加と核家族化の進行を背景とした日本女性の就業率上昇(1999年より4.7ポイント増(※2))に伴い、学童保育の利用者数も過去5年間で1.49倍に増加、施設数は1.34倍に増加していますが、学童保育の待機児童数は1万人を超えており(※3)、依然として学童保育施設の不足が続いています。その中で、民間法人が運営する施設は2007年と比較し2.4%上昇するなど、民間運営委託が進んでいるほか、英語学習や送迎付きなど特長をもった施設が増加しています。一方、将来的なキャリアプランが見えにくい、給与や休暇など就業条件に課題があるなどの理由から、指導員の半数は3年以内に退職しています(※4)。自治体や施設では、拡大するニーズに対応するため指導員の確保が重要な課題であり、労働条件の改善やスキルアップ支援による指導員の安定就業の必要性が叫ばれています。

そこで、テンプスタッフ・ウィッシュでは、学童保育の基本に立ち返り『家庭に代わる毎日の「生活の場」として、成長期にある子どもたちに安全で安心な生活を保障する』ことを基本方針とした学童施設の運営と最適な運営をつかさどる指導員のスキルアップ研修の実施やキャリアプランの提示を行ってまいります。

安全・危機管理・マネージメント・アクティビティなど学童保育に関するさまざまなテーマに沿った研修を実施し、指導員の知識向上と質の高い学童保育運営の実現を目指します。また、指導員は経験や成果に応じ、リーダーから責任者、複数施設を統括するリーダーなどへのキャリアプランを提示し、これにより長期安定した就業や長いスパンで子どもの成長を見届けられる体制を構築することで、安全・安心の運営を行います。

弊社では今後も、保育施設の受託運営や保育士派遣を通じて新たな雇用を創造するとともに、企業や自治体と協力した託児施設の運営なども視野に入れ、自治体・企業の子育て支援対策に寄与することで、女性の就業を支援してまいります。

(※1) 学童保育とは、労働などの事情により昼間保護者が家庭にいない小学生の児童に対し、放課後や長期休暇中、保護者に代わって行う保育
(※2) 2010年版「男女共同参画白書」より
(※3・4) 2009年5月1日現在の学童保育の実施状況調査結果より


■ 学童保育指導員向け研修

実施期間:
2011年4月~2012年3月

対象:
弊社受託の学童保育指導員

内容:
【安全】
・応急処置研修基本編 ・上級救急救命
・防火管理責任者研修 ・不審者対応
【危機管理】
・個人情報保護研修 ・子どもの権利条約基礎講座
【マネージメント】
・リーダー養成用研修 ・利用者意見の反映 ・苦情解決方法
【アクティビティほか】
・障がいのある子どもへの対応 ・デイキャンプ研修


◆ 本リリースの詳細はこちらをご覧下さい。

(テンプスタッフ株式会社 http://www.tempstaff.co.jp /8月12日発表・同社プレスリリースより転載) 

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。