無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

ニュース
人事サービス 人材育成・研修
掲載日:2022/11/15

「男性が職場で感じる「生きづらさ」とDE&I推進に関するアンケート」調査

DE&I推進に「男性の働き方の多様性が尊重されること」も含めることで、同活動が本来目指すところである「誰しもが生き生きと輝ける社会の実現」に近づいていくものと考察


サマリー

  • 6割以上の男性が職場で男性に向けられる偏見に「生きづらさ」を感じていることが判明
  • 性別など、属性による偏見を解消する「DE&I推進」には「男性への配慮がない」と感じている男性が半数以上にのぼることが判明
  • 一方、「男性の多様性が尊重されること」もDE&Iの推進に含まれるならば、DE&Iに取り組むモチベーションは上がると回答する男性が60%を超えるなど、普段あまり着目されない男性の声が明らかに

 

シェリル・サンドバーグ米国Meta(旧Facebook)前COOが創設した活動団体Lean In Orgの日本地域代表サークルであるLean In Tokyo(代表:小野瀨若葉)は、11月19日の「国際男性デー」に先駆け男性を対象とした独自の意識調査「男性が職場で感じる「生きづらさ」とDE&I推進に関するアンケート」を実施、その結果を発表いたします。本調査は、2019年にLean In Tokyoが実施した調査を継続するもので、男性が職場で感じる「生きづらさ」を明らかにしました。さらに、DE&I(ダイバーシティ(多様性)、エクイティ(公平性)、インクルージョン(包括性)) 推進(以下「DE&I」(注1)とする)にこれまで以上に男性を巻き込むことで、男性がこれまで抱えてきた「生きづらさ」を解消し、結果として社会全体でのDE&Iが進むのではないかとの仮説のもと、職場で男性に向けられるバイアスの違和感やDE&I推進への印象などを、435名の男性に伺ったものです。
 
【結果概要・考察】

今回の調査を通して、6割以上の男性が職場において「男らしさ」という固定観念やプレッシャーにより多少なりとも「生きづらさ」を感じていることが、2019年に引き続き明らかになりました。
近年、DE&I推進を通して性別や属性などによる偏見を解消していこうという動きが企業において盛んになりつつありますが、その対象に女性や外国人といった”マイノリティ”が取り上げられることは多い一方で、”マジョリティ”と見なされる男性が対象となることは少ない状況です。実際に今回の調査でも「DE&I推進に男性への配慮がない」と感じている男性は回答者の半数を超える結果となりました。つまり過半数の男性は、自分たちがDE&I推進の当事者という意識がないともいえます。
本来、DE&Iは性別や年齢、国籍、宗教、性自認、障がいなどによらず、それぞれの個を尊重し、平等な機会を与えられ、参加できるような環境をつくることです。この実現のためには社会全体の参加が不可欠となる中、男性の当事者意識を高めない限り、DE&I推進は片手落ちとなってしまいます。

そこで、Lean In Tokyoは本調査結果を踏まえ、企業におけるDE&I推進の中で「男性の働き方の多様性の尊重」に一層スポットライトを当て、DE&I推進の主題の一つとして男性の生きづらさも解消していくことを提案します。その結果として、男性も当事者意識を持って活動に参画することになり、誰もがより生き生きと輝ける社会の実現に近づけるものと考察しました。
 

■6割以上の男性が職場で「男だから」という固定観念やプレッシャーにより生きづらさや不便さを感じていることが明らかに

職場で「男らしさ」を求められたり、「男だから」という固定観念やプレッシャーにより感じる「生きづらさ」について、64%の男性が多少なりとも「生きづらさ」と感じていることが明らかになりました。2019年に実施した調査では同数値が78%と今回調査ではその割合は減少(注2)したことになるものの、生きづらさを感じる男性がマジョリティである傾向は変わらず、また、生きづらさを「頻繁に感じる」と回答した割合は2019年時の17%から20%と増加傾向にあります。
年代別では20代が最も「頻繁に」もしくは「たまに」生きづらさを感じる傾向が強くなっています。一方、多少なりとも「生きづらさ」を感じている割合は30代と50代の方が多く、この傾向は前回調査の傾向をたどるものとなります。
 

■「男らしさ」のプレッシャーを感じる原因は「社会全体の風潮」が最も多く、次に「男性の直属の上司」「男性の同僚・知人・友人」から

「男らしさ」のプレッシャーは誰から感じるか、という問いに対しては「社会全体の風潮」が54%(注3)と最も多いことが判明しました。すなわち、誰から言われたか具体的に思い当たる対象がいるわけではないものの、幼いころからの無意識下での刷り込みやメディアの影響などに起因することが考えられます。

また、次に多数を占めるのは「男性の直属の上司(23%)」と「男性の同僚・知人・友人(10%)」が続きます。多くの職場ではそもそも割合として男性が多いという前提は想定されるものの、男性が感じる「男らしさ」のプレッシャーは、実は男性同士で与え合っているものである可能性が示唆されています。
 

■DE&Iには「男性への配慮がない」と感じている人が半数を超え、「男性の多様性が尊重されること」もDE&Iの推進に含まれるならば、DE&Iの推進を行うモチベーションは上がるという回答者は62%に上る結果に

職場におけるDE&I推進の中に男性への配慮があると感じるか、という問いに対して実に53.3%の人が「いいえ」と回答しました。その反面、62%の回答者が「男性の多様性が尊重されること」もDE&Iの推進に含まれるならば、DE&Iの推進を行うモチベーションは上がると回答し、男性がDE&Iに取り組むドライバーとして「男性(自分たち)への配慮」が大きく影響することがわかりました。すなわち、多くの男性がDE&I推進に対して完全に肯定的ではなく、距離感を持っている要因として、自分たちが尊重の対象とされていないと感じていることが挙げられます。

注1: DE&Iとは:性別や年齢、国籍、宗教、性自認、障がいなどによらず、それぞれの個を尊重し、どのような個人であっても支援され、参加できるような環境をつくること。また、すべての人が公平に情報、機会、リソースへアクセスできるように、ひとりひとりの状況に合わせてツールやリソースを調整して用意し、成功できるようにすること。
注2: 2019年の調査と今般の調査では回答者は異なる。
注3: 無回答者を除く割合。
 

【まとめ】

Lean In Tokyoは本調査を踏まえ、企業におけるDE&I推進の中で「男性のワークスタイル・ライフスタイルの多様性の尊重」に一層スポットライトを当て、DE&I推進の主題の一つとして男性の生きづらさも解消していくことで、誰しもが生き生きと輝ける社会の実現に近づいていくものと考察する

本調査を通して、Lean In Tokyoは男性が職場で感じる「男らしさ」へのプレッシャーによる生きづらさを明らかにしました。さらに、本来であれば性別をはじめとした属性による偏見を取り除いていく活動である「DE&I推進」の中には男性への配慮がないと感じている方が過半数であると分かった一方、そこに「男性の多様性が尊重されること」が含まれた場合、マジョリティの男性がDE&I推進に取り組むモチベーションが上がると判明しました。
この結果を踏まえ、Lean In Tokyoは企業におけるDE&I推進の中で「男性の働き方の多様性の尊重」に一層スポットライトを当て、DE&I推進の主題の一つとして男性の生きづらさを解消していくことを提案します。これにより、男性がより活動に対して当事者意識を持ち、積極的に取り組む結果として、DE&I推進が本来目指すところである「誰しもが生き生きと輝ける社会の実現」に近づいていくものと考察します。

 

概要
『男性が職場で感じる「生きづらさ」とDE&I推進に関するアンケート』実施概要
調査企画・実施:Lean In Tokyo
調査対象:日本国内で勤務する、性自認が男性の方
総回答数:435名
調査方法:オンライン上でのアンケート調査
実施期間:2022年8月27日~10月16日
 

【お問い合わせ先】
Lean In Tokyo(担当:河西)
E-mail:leanintokyo.org@gmail.com
 

◆本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。
(Lean In Tokyo/ 11月7日発表・同社プレスリリースより転載)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。