無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

ニュース 掲載日:2022/06/03

【労働者意識に関するグローバル調査】世界でも最下位、日本人の出世欲低下が顕著にランスタッド・ワークモニター 2022年上半期が発表

日本の労働者が強く求めるのは「現状維持」という結果が明らかに

世界最大(※1)の人材サービス企業であるランスタッドの日本法人で総合人材サービスを展開するランスタッド株式会社(本社:東京都千代田区、CEO 兼 代表取締役会長 ポール・デュプイ)は、世界34の国と地域で実施する労働者意識に関するグローバル調査「ランスタッド・ワークモニター」の2022年上半期の結果と日本市場の数字を発表いたしました。
(※1):Staffing Industry Analysts 2020、人材サービス企業売上ランキングより
 

<ランスタッド・ワークモニター 2022年上半期TOPICS>

■スキルアップの機会を強く求める世界中の労働者
若い世代を中心に強い成長意欲があり、スキルアップとコーチングの機会を求めている。

■「仕事で不幸になるなら無職の方がよい」と回答した日本人は世界で最も低い数字に。
ライフスタイルを重視して働く労働者が世界的に増加するなかで、日本では定職に就くことを優先する人が最も多いことが分かった。

■日本の労働者は現状を維持するために働く人が多い。
自分の会社で昇進したい日本人労働者は29%で世界最低の数字に。

 

■スキルアップの機会を強く求める世界中の労働者
世界的に進むデジタル化の波によって、個人でスキルをつける需要が非常に高まっていることがわかる結果となりました。世界の労働者の88%が機会を与えられれば研修育成プログラムに参加すると回答し、84%がチャンスがあればキャリアコーチに相談すると回答していることからスキルアップへ意欲的なことがわかりました。その中でも、若い世代はコミュニケーションスキルやリーダーシップなどのソフトスキルの育成機会を強く求めていることもわかる結果となっています。この数字から、世界中の労働者は若い世代を中心に強い成長意欲があり、スキルアップとコーチングの機会を求めていることが示されており、雇用主は研修育成機会の増加を望まれている現状が考察されます。また、新しいスキルの研修育成の重要性に価値を置いているのは中南米に多く、回答者の90%が研修育成機会がキャリアと雇用適性のプラスになると回答しました。それに対して、日本は44%と世界最低の数字を記録し、研修育成を最も軽視する傾向の市場であることも今回の調査でわかり、世界各国で大きな格差があることが明らかとなっています。

■「仕事で不幸になるなら無職の方がよい」と回答した日本人は世界で最も低い数字に。
今回の調査で注目の結果となったのはライフスタイルと仕事の両立です。新型コロナウイルスの影響後、ライフスタイルを重視して働く労働者が世界的に増加しており、今回の調査でも半数近くの労働者(48%)がお金の問題がなければ、あえて働かない、と回答するなど個人の幸せの在り方が重視されていることが考察できる結果となりました。
その中で「仕事で不幸になるなら無職の方がよい」と回答した日本人は、世界中の労働者33%に対して、15%と世界中の市場で最も低い結果となりました。日本では、世界的な潮流から乖離があり、現状では無職になるならネガティブな事象を我慢してでも定職に就く方が多いことがわかる結果となっています。

■日本の労働者は現状を維持するために働く人が多い。
先述の通り、世界の労働者が成長意欲を強く持っていることに対して、日本の労働者で現在の雇用先でのキャリアアップを望んでいる人は29%と、世界中の労働者の40%を大きく下回る結果となりました。この数字は34の国と地域の中で最も低い順位となっており、現在の雇用先以外でのキャリアアップを望んでいるかの質問についても21%と回答しており、日本の労働者が昇進や地位などを求めていないことを示しています。     

さらに日本は、「社会に貢献する仕事だと感じられるなら、報酬が下がってもかまわない」という回答も世界中の労働者の34%から乖離がある13%を記録しました。こちらの結果から、日本よりも世界各国が、企業の社会貢献に対して、積極的に興味を持っていることがわかりました。雇用主だけでなく労働者レベルで取り組もうとしている姿勢が表れていると考察しています。
一方で、日本は社会貢献よりも収入を重視する点がありながらも、雇用先でのキャリアアップは望まれておらず、現状の生活を維持するために働く労働者が多いのではないか、と考えられます。

■今回の調査を受けて
世界的に、ライフスタイルと仕事を両立する働き方をしつつ、スキルアップやコーチングなど自己成長の機会を求める労働者が多いことが今回のワークモニター調査で明らかになりました。世界の労働者に対して、日本の労働者は定職に就いて、社会的な貢献よりも安定的な収入を得ることを求めている意向が強いこともわかる結果となっています。
また、安定的な収入を得る上でもキャリアアップなどの立場を求める意識は弱く、「今のままでよい」という現状維持を求める志向があることも特徴だと分析することが出来ました。

現在、働き方が多様化していく中で、世界中の労働者が雇用主に求めることも多種多様になっている傾向があります。今後とも、ランスタッドでは新しい働き方を推進するサービスや価値を提供し、労働者の働き方のアップデートと企業の魅力度向上のためのエンプロイヤーブランディングの浸透に向けた発信を続けてまいります。


■調査概要
日 時:2022 年 2 月 21 日から 3 月 13 日
対象地域:ヨーロッパ、アジア太平洋、南北アメリカの世界34の国と地域
年 齢:18 〜 67 歳
職 業:最低週 24 時間以上勤務する従業員、個人事業主、あるいは今後就職活動を検討している失業者
対 象 数 :3万5,000名
最小サンプル数:500 件(各市場)

 

◆本調査の詳細は、こちらをご覧ください。
(ランスタッド株式会社/5月26日発表・同社プレスリリースより転載)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。