無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

ニュース
書籍 組織開発
掲載日:2022/03/07

『図解 組織開発入門』(坪谷邦生・著)ディスカヴァー・トゥエンティワンより刊行

株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン(本社:東京都千代田区、取締役社長:谷口奈緒美)は2022年2月18日に『図解 組織開発入門 組織づくりの基礎をイチから学びたい人のための「理論と実践」100のツボ』(坪谷邦生・著)を刊行しました。


■組織づくりの基礎をイチから学びたい人のための「理論と実践」

「組織開発」とは何でしょうか?「いい組織をつくる」「強い組織をつくる」ということはよく言われますが、そもそも「組織をつくる」ためにはどのようなことが必要なのでしょうか。この問いに正しく答えることは、人事部門の人間でさえ難しいことでしょう。
また、組織論においては、学習する組織、ティール組織、ビジョナリー・カンパニー、システム思考、U理論、心理学的経営、社会構成主義、プラグマティズムなど、耳にはするが理解できないような難しい概念も数多く、全体像をつかむのは至難の業です。

そんな組織開発について学ぼうと、世に出ている様々な本を読んでみても、「専門的すぎて理解が難しい」あるいは「一社の特殊な事例のみで応用できない」ものばかりで、全体像を体系的に把握する助けとなる書籍はあまりありません。
そこで、組織に対して課題や悩みを持つビジネスパーソンに向けて、組織開発を体系的にわかりやすく解説することを目的に、本書を刊行する運びとなりました。


■つまみ食いできる100のツボ構造

本書はタイトルに「100のツボ」とあるとおり、組織開発における100個のツボ(ポイント)を解説した本です。1つのツボは見開き2ページで完結した内容となっており、ペラペラとめくって気になるツボだけを「つまみ食い」することができます。

そして、本書では「組織開発のやり方・あり方」と「組織モデル」を10のChapter(章)で説明しています。1つのChapterは10のツボからできています。どのChapterから読んでも理解できる仕立てとなっているので、興味のあるところから読みはじめてください。


Chapter 1. 組織開発:そもそも組織とは何か、組織開発とは何か、組織開発の目的、歴史、哲学など、組織開発の概論です。
Chapter 2. チェンジエージェント:チェンジエージェントとは実践者のこと。組織開発においてもっとも重要とされる実践者のスタンス、あり方について考えます。
Chapter 3. サーベイ・フィードバック:組織開発の代表的な手法であるサーベイ・フィードバックについて解説します。
Chapter 4. 対話型組織開発:組織開発の新しいアプローチである対話型組織開発を、理論と具体的な方法を交えて紹介します。
Chapter 5. 学習する組織:1990年代に組織開発のバイブルと呼ばれ、多くの企業が取り入れたピーター・センゲ『学習する組織』を紹介します。「組織の学習能力」を伸ばすメソッドです。
Chapter 6. ティール組織:発達という概念を組織自体に取り入れたフレデリック・ラルー『ティール組織』を紹介します。組織が進化するという兆しを見せた「希望の書」です。
Chapter 7. ビジョナリーカンパニー:経営者が入れ替わっても長期的に成果を出し続ける「偉大な企業」の特徴を調査したジム・コリンズ『ビジョナリーカンパニー』を紹介します。
Chapter 8. デリバリング・ハピネス:ザッポス社が実践してきた「幸せ」な企業の文化づくりのノウハウと、永続的に続く企業を目指した「ティール組織」への挑戦を紹介します。
Chapter 9. 心理学的経営:リクルート社が創業期から行なってきた「個をあるがままに生かす」自主経営の理論と実践を紹介します。
Chapter 10. ワイズカンパニー:日本でもっとも有名な経営書『知識創造企業』の続編である『ワイズカンパニー』を紹介します。個と組織、内的と外的を統合する「知恵の書」です。


■書籍情報
『図解 組織開発入門 組織づくりの基礎をイチから学びたい人のための「理論と実践」100のツボ』
著者:坪谷邦生
発売日:2022年2月18日
刊行:ディスカヴァー・トゥエンティワン
仕様:B5判変型/280ページ
ISBN:978-4-7993-2824-8
定価:2,860円(税込)


■著者情報
坪谷邦生(つぼたに・くにお)
株式会社壺中天 代表取締役/株式会社アカツキ 人材マネジメントパートナー/株式会社ウィル・シード 人事顧問/株式会社ポニーキャニオン人事アドバイザー/中小企業診断士/Certified ScrumMaster認定スクラムマスター
1999年、立命館大学理工学部を卒業後、エンジニアとしてIT企業 (Sler) に就職。2001年、疲弊した現場をどうにかするため人事部門へ異動、人事担当者、人事マネジャーを経験する。2008年、リクルート社で人事コンサルタントとなり50社以上の人事制度を構築、組織開発を支援する。2016年、急成長中のアカツキ社で人事企画室を立ち上げる。2020年、「人事の意志を形にする」ことを目的として壺中天を設立。
20年間、人事領域を専門分野としてきた実践経験を活かし、人事制度設計、組織開発支援、人事顧問、人材マネジメント講座などによって、企業の人材マネジメントを支援している。
主な著作『人材マネジメントの壺 ARCHITECTURE』(2018)、『人材マネジメントの壺 DEVELOPMENT』(2018)、『図解 人材マネジメント入門』(ディスカヴァー、2020)など。

 

◆本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。

(株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン / 2月18日発表・同社プレスリリースより転載)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。