無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

ニュース
社会 教育・オピニオン
掲載日:2022/02/25

今どきビジネスパーソンの「キャリア志向」について 「会社に依存したくない!」キャリア志向の多様化進む

総合転職エージェントの株式会社ワークポート(所在地:東京都品川区、代表取締役社長 CEO:田村高広)は、全国の現役ビジネスパーソン470人(20代~40代・男女)に、自身のキャリア形成についてどのような考え方、価値観を持っているのかなどを聞く「キャリア志向」についてのアンケート調査を行いました。

■【キャリアと向き合う機会】 74.0%がコロナ禍以降「見つめ直す機会が増えた」

働き方改革、高度プロフェッショナル制度、リモートワーク、副業解禁、ワーケーション、ジョブ型雇用…など、この数年のうちに働き方やキャリアに関する新しい制度や言葉を数多く耳にするようになりました。終身雇用の崩壊が叫ばれ、ひとつの会社に定年まで勤め上げることが当たり前とされた時代から、今や転職や自分らしい働き方を求める時代へと変化してきました。多様な働き方、キャリアの積み方がある中で、今どきのビジネスパーソンはどのような「キャリア志向」を持っているのか調査しました。まず、今回の調査対象者470人に、コロナ禍以前と比べて自身のキャリアについて考える機会は増えたか聞いたところ、「増えた」と回答した人が74.0%に及ぶ結果となりました。新型コロナがもたらした変化などによって、自身のキャリアと向き合い、見つめ直そうとする人が多いことがわかりました。

■【キャリアに対する不安】 キャリアに不安を抱えている人は82.4%

さらに、自身のキャリアについてどう感じているか聞いたところ、「とても不安」と答えた人が36.2%、「やや不安」と答えた人が46.2%となり、82.4%もの人がキャリア形成について不安を抱えていることがわかりました。

どのようなことが不安なのかを聞いたところ、おもに「会社の将来性や雇用が継続されるかどうかについての不安」、そこから派生して「今後安定した収入を得られるかどうか」など、現在の勤務先で会社員としてキャリアを積むうえでの不安を挙げる人が大多数でした。また、「現在のキャリアがほかの会社で通用するのかどうか」、「このまま単一の経験を積んでいるだけでよいのかどうか」、「転職先が見つからないのではないか」など、転職を見越したうえで自身のスキルや経験値が不足しているのではないかという不安を挙げる人も目立ちました。そのほか、「そもそもやりたいことがわからない」、「どんなキャリアを積むべきかわからない」など、キャリアを描くことができないことに対して漠然とした不安を挙げる人や、「年齢を重ねることでどんどんチャンスが減っていく気がする」という、年齢に関する不安を挙げる人も散見されました。

■【キャリア志向:志望するキャリアの積み方】会社員としてキャリアを積みたいとする人は51.7%だが、会社員と副業の両立や起業・独立を志望するなど、「会社の枠にとらわれない」派も半数近くに及んだ

対象者にキャリアを積むためにどんな働き方を選びたいか聞いたところ、「会社員として働く」とした人が51.7%、「会社員をしながら副業する」とした人が41.3%、「起業・独立する」とした人が7.0%という結果となりました。

会社員として働くことでキャリアを積んでいきたいという人が半数ではあるものの、会社員と副業の両立や起業・独立をするなど、「会社の枠にとらわれない働き方」でキャリアを積んでいきたいとする人も48.3%と半数近くに及んでいます。この結果からも、働き手の働き方やキャリア形成に対する価値観や志向性が多様化しているようすがうかがえます。

それぞれの理由を聞いてみたところ、会社員として働きたいとした人からは、「収入や雇用の安定性がある」「起業のリスクが取れない」「一つの仕事に集中したい」「独立や副業をするスキルや経験値がない」などの保守的な意見が挙がり、安定志向の傾向があることがわかりました。

一方、会社員と副業の両立でキャリアを積みたいとした人からは、「安定性を保ちつつ、やりたいことにチャレンジしたい」や「スキルや経験値の幅を広げたい」「会社に依存したくない」「収入をもっと増やしたい」などの意見が挙がりました。独立や起業のリスクは取れないけれど、会社員という安定した地盤を生かして、自身の可能性を試していきたいというチャレンジ精神にあふれる人が多いようすがうかがえました。起業・独立してキャリアを積んでいきたいとした人からは、会社員と副業の両立派より、一層チャレンジ精神の強さがうかがえるコメントが多数挙がりました。また、終身雇用の崩壊や給与アップが見込めない状況が続いていることに危機感を覚え、今後必要な人材として生き残っていくためには、会社という枠にとらわれない働き方で、柔軟にキャリア形成をしていく必要があると考える人も多く見受けられました。

■【現在のキャリアの満足度】 5割が未来のキャリアに期待

現在のキャリアをどう感じているかを聞いたところ、社会人になる前に思い描いていたキャリアを積めていると感じる人は31.9%でした。一方で、5年後に思い描いているキャリアを積めていると思うか聞いたところ、「とても思う」が9.8%、「やや思う」が43.2%という結果となり、53.0%の人が未来のキャリアに期待感を持つことがわかりました。

 

◆本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。

(株式会社ワークポート / 2月24日発表・同社プレスリリースより転載)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。