無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

ニュース
人事サービス 人事労務・管理
掲載日:2019/12/25

<働くみんなのホンネ調査> 「2019年振り返りと2020年目標」について調査を実施 

総合転職エージェントの株式会社ワークポート(所在地:東京都品川区、代表取締役社長 CEO:田村高広)は、全国の転職希望者203人を対象に、【2019年振り返りと2020年目標】についてアンケート調査を行いました。

2019年は令和に改元され、新時代の幕開けを感じられる一年となりました。ま
た、今年は働き方改革がはじまり、働き方が大きく変化した人も多かったので
はないでしょうか。まもなく2019年“働き方改革元年”が終わり2020年を迎え
ようとしているなか、働き手は今年一年をどう振り返り、来年に向けてどんな
目標を立てているのでしょうか。今回、全国の転職希望者を対象に2019年の振
り返りと2020年の目標について聞きました。

対象者に自身の働き方に満足できた一年だったか聞いたところ、「とても満足
できた」(5.4%)、「やや満足できた」(20.7%)とする人は合わせて26.1%と
なり、「あまり満足できなかった」(37.9%)、「まったく満足できなかった」
(36.0%)とする人は合わせて73.9%でした。「あまり満足できなかった」、
「まったく満足できなかった」と回答した人からは、仕事量が変わらないのに
対し働き方改革による残業時間削減の制度だけが進み、そのしわ寄せに負担を
感じているといった意見が最も多く見られました。今年4月に開始された働き
方改革は現状働き手にあまり好影響をもたらせていないようです。しかし「と
ても満足できた」、「やや満足できた」と回答した人からは、以前よりも働き
方の満足度が上がったとの意見が散見されているため、個人や企業ごとに格差
が生まれはじめているとみられます。
 

▼満足できた理由(回答者のコメント)
・フレックスタイム制が導入されたおかげで働きやすくなった(20代・女性・
システムエンジニア)
・残業時間が減ったことで生産性を意識して仕事ができた。ワークライフバラ
ンスは昨年よりも改善されたと思う(20代・女性・管理)
・台風のときや子どもが熱を出したときなど、柔軟にテレワークに切り替えられるようになった(30代・男性・その他)

▼満足できなかった理由(回答者のコメント)
・残業時間削減により、仕事を持ち帰って自宅作業をする時間が増えた(30代・
男性・企画マーケティング)
・働き方改革により残業ができず、提供するサービスの質が落ちた(30代・女
性・営業)
・作業効率は上がったかもしれないが、その分残業がなくなり収入は減った
(40代・男性・運輸交通)
・残業時間削減の悪影響で、サービス残業が常態化した(30代・男性・営業)
・人手不足感のほうが大きく、働き方改革の効果をあまり感じられなかった
(40代・男性・企画マーケティング)


■2020年、働き方の課題は「業務効率化」という意見多数。働き方改革でもた
らされた意識の変化

対象者に2020年はどんな働き方をしたいか聞いたところ、仕事の効率化を図
ることで個人の時間を確保したいという意見が全体の大多数を占めました。働
き方改革がスタートし残業時間が削減されたことで、これまでの時間の使い方
を見直し限られた時間内で効率よく仕事を進めることに課題感を持った人が多
くいたことがわかります。また、効率よく業務を進めることでワークライフバ
ランスをしっかり保ちたいなど、一日の時間の使い方を強く意識するようにな
った人も多いと思われます。

ほかにも副業をはじめたり、教養や知識を高めたい、趣味を楽しみたいとする意見も多くみられたことから、働き方改革によって増えた余暇をさらなるスキルアップや自身の市場価値を高めるための時間に充てたいと考える人も少なくないと考えます。

2019年に満足のいく働き方ができなかったと回答した人が70%以上いたものの、働き方改革によってこれまでの自身の働き方や時間の使い方、今後のキャリア形成、ワークライフバランスについて見つめ直すきっかけを持てた人は多かったといえます。

2019年は終身雇用の崩壊や定年延長など、さまざまな働き手に関わるニュースが話題になりました。人生100年時代といわれる中で、働き手にはこれまで以上に能動的な働き方が求められることになっていくはずです。働き方に対する気づきを与えられた働き方改革元年、2020年はそこから一歩前進しさらなる変化が生まれる一年となっていくのではないでしょうか。


▼2020年はどんな働き方がしたいか(回答者のコメント)
・個人のスキルを伸ばせるような働き方がしたい(20代・男性・その他)
・自身の市場価値を上げていきたい(20代・男性・接客販売)
・時間の使い方が重要になってくると思うので、効率化を図り無駄のないビジネスライフを過ごしたい。また、プライベートの時間を教養や趣味に費やしたい(40代・男性・運輸交通)
・社内にとどまらず人脈を広げて仕事の質を高めていきたい。また、副業などで収入を上げたい(20代・女性・管理)
・自身のスキルアップをした上で新技術やコア業務に従事したい(40代・男性・企画マーケティング)


◆本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。
(株式会社ワークポート/12月23日発表・同社プレスリリースより転載)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。