企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

ニュース
社会 行政・法律
掲載日:2019/02/28

ハラスメントどう防ぐ? 2020年にパワハラ防止義務化へ

厚生労働省は、企業に対するパワーハラスメント防止の義務付けを盛り込んだ関連法の改正案を、今国会に提出する見込みだ。日本経済新聞によると、大企業に対しては2020年4月にも適用を始めるという。各企業は、ハラスメントの予兆を察知し、未然に防ぐシステムづくりに取り組んでいる。

 

サイバーエージェントでは、月に一度従業員の声を聞くウェブ上のアンケート「Geppo(ゲッポウ)」が、ハラスメントの予防措置になっているという。Geppoでは、従業員個人と所属チームのコンディションを尋ねている。例えば、チームリーダーとメンバーの回答に落差があれば、人事はチーム内にハラスメントが発生していないか調査。問題があれば介入する。また、Geppoで設定する月替わりの質問で予兆を探ることもある。回答を上司に見られないこと、必ず人事部が対応してくれることへの信頼感から、従業員が声を上げやすいという。(日本経済新聞より)

 

アクセンチュアは、「自分、または誰かが尊重されていないと感じる行為があるか」を確認する全社アンケートの結果を全社員が共有。入社歴や役職などによる回答傾向を見ることで、「自分の常識とほかの人の常識は違う」という理解を求めた。また、被害を訴えた社員が立場を脅かされないよう、情報漏えいには細心の注意を払う。ハラスメントの専門調査チームは、高度な情報管理スキルを身に着けることが必須という。(リクルートワークス研究所より)

 

欧米に比べ対応が遅れているものの、日本でもハラスメント規制への関心は高まっている。従業員が安心して働ける職場環境や、何かが起きたときに声を上げやすい制度がより大切になるだろう。

 


(『日本の人事部』編集部)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です
ニュースジャンル一覧
行政・法律(社会)ジャンルのニュース

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...


3年目社員の「賢い」育て方 (第2回)

3年目社員の「賢い」育て方 (第2回)

ベンチャーのIT企業に入社し、4月から社会人3年目に突入したB氏。仕事...


プレスリリース掲載に関して

プレスリリース掲載に関して

弊社媒体向けニュースリリースにつきましては、受付フォームをご用意しております。
プレスリリース受付フォーム


『日本の人事部』主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2020-春-」を5/12~15、5/22、5/27~28に開催。<全講演ライブ配信>


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

日本を代表する大手企業の人事エグゼクティブによる、人事の未来を考える会