企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

「アクセンチュア」関連のコンテンツ

  • 1

18件中 118件を表示

ニュース2019/08/01
日本含む世界の労働者は、自身の老後についてより計画的なアクションをとるべく、デジタルチャネルによる支援の拡充を望んでいる~労働者にとって、年金と退職金は就職や仕事の継続を決める際の重要な要素:アクセンチュア
アクセンチュア(NYSE:ACN)が日本を含む、ヨーロッパ、アジア太平洋地域、南米の10カ国の労働者5,000人を対象に実施した最新調査によると、労働者が自身の老後の計画に対する支援の拡充や、デジタル手法を活用して年金や退職後に関する情報の入手・計画...

ニュース2019/02/28
ハラスメントどう防ぐ? 2020年にパワハラ防止義務化へ
厚生労働省は、企業に対するパワーハラスメント防止の義務付けを盛り込んだ関連法の改正案を、今国会に提出する見込みだ。日本経済新聞によると、大企業に対しては2020年4月にも適用を始めるという。各企業は、ハラスメントの予兆を察知し、未然に防ぐシステムづく...

ニュース2018/11/22
時代のニーズに合わない教育や企業研修が、人工知能(AI)などの先端技術がもたらす11兆5,000億ドルの経済成長を阻む恐れがあることが判明~『アクセンチュア最新調査』:アクセンチュア
アクセンチュア(NYSE:ACN)の最新調査によると、デジタル技術によってもたらされるべき経済成長が、時代のニーズに合わない教育や企業研修システムによって達成できない恐れがあることが明らかになりました。G20のうち14カ国では、人工知能(AI)やアナ...

ニュース2018/05/02
男女のキャリア平等と賃金格差の縮小を実現するには、企業文化の変革がカギ。全ての人が活躍するための40の要素を特定~『アクセンチュア最新調査』:アクセンチュア
アクセンチュア(NYSE:ACN)の最新調査によると、企業が男女ともに活躍する組織へ変わるためには、企業文化の変革がカギとなることが明らかになりました。 アクセンチュアは、男女間の賃金格差を解消するために経営層が講じるべき対策などについてまとめた調査...

ニュース2018/02/15
AIをさらに活用することにより、2022年までに収益を38%、雇用水準を10%向上させることが可能に~『アクセンチュア最新調査』:アクセンチュア
アクセンチュア(NYSE: ACN)の最新調査によると、企業経営者が、従業員による人工知能(AI)などのインテリジェント テクノロジーの活用を促さない場合、大きな成長機会を逃すリスクが生じることが明らかになりました。 アクセンチュアによるレポート「R...

ニュース2017/12/15
塩野義製薬、全社的なデジタル変革に向けた戦略的なプロジェクト契約をアクセンチュアと締結~IT運用コストの削減を通じて、デジタル変革に資する人材の育成を促進:塩野義製薬
塩野義製薬株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:手代木功、以下塩野義製薬)およびグループ会社のシオノギデジタルサイエンス株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:丸山秀喜、以下シオノギデジタルサイエンス)は、シオノギグループ全体のデジタル...

ニュース2017/10/27
デジタル技術をテコに効率化と成長を図る企業は、平均60億ドルの時価総額増が可能~「インダストリーX.0」の推進が必要である一方、従業員のスキル不足が推進を阻害『アクセンチュア最新調査』:アクセンチュア
アクセンチュア(NYSE:ACN)が、12業界にわたって10種類のデジタル技術を評価したところ、新興技術を最適に組み合わせることで、企業は時価総額を平均で60億ドル高められることが判明しました。 アクセンチュアは、大企業の上級役職者931名に対する調...

ニュース2017/07/06
PC作業の自動化による業務効率化を推進~業務自動化に向けたRPAの本格導入について:三井住友海上火災保険
MS&ADインシュアランスグループの三井住友海上火災保険株式会社(社長:原典之、以下「三井住友海上」)は、アクセンチュア株式会社(代表取締役:江川昌史、以下「アクセンチュア」)と共同で、全社的なRPA(※1)(Robotic Process Auto...

ニュース2017/07/06
2035年には人工知能によって16業界で平均38%の増収が可能~アクセンチュア最新レポート:アクセンチュア
アクセンチュア(NYSE:ACN)の最新レポートによると、企業は人工知能(AI)を最大活用することで、2035年までに収益を平均で38%向上できる可能性がある結果となりました。企業のAI活用が進むことで、先進12ヵ国(*1)における16の業界(*2)...

ニュース2017/06/27
2025年までに社員数の男女比を均等にする目標を設定~グローバル全体の女性マネジング・ディレクターの比率を2020年までに25%に引き上げる目標も:アクセンチュア
アクセンチュア(NYSE:ACN)は、組織におけるジェンダーダイバーシティの実現に向けて、2025年までにアクセンチュア全社員数の男女比を50対50とすると発表しました。 アクセンチュアの会長兼CEO(最高経営責任者)であるピエール・ナンテルム(Pi...

ニュース2017/04/04
2020年に大学を卒業する女性は、社会人時代に男女の所得平等を経験する初めての世代になる可能性がある~キャリア構築を促進する三つの要素により、所得格差解消を加速:アクセンチュア
アクセンチュア(NYSE:ACN)の最新調査によると、2020年に先進国で大学を卒業する女性は、社会人として男女間所得格差の解消を経験する初めての世代となる可能性があることが明らかになりました。 調査レポート「Getting to Equal 201...

ニュース2016/11/18
2035年には人工知能によって先進12ヵ国の経済成長率が倍増し、労働生産性は最大40%向上することが判明~『アクセンチュア最新調査』:アクセンチュア
アクセンチュア(NYSE:ACN)の最新調査によると、人工知能(AI)が仕事の在り方を変え、人間と機械との新たな関係性を生み出すことで、2035年には年間経済成長率が倍増する可能性があることが判明しました。AI技術によって根本的に働き方が変わり、ビジ...

ニュース2016/04/26
アクセンチュア、在宅勤務制度の拡充および短日短時間勤務制度の導入~多様な社員のニーズに対応する、より柔軟な就業制度を実現。週20時間および週3日以上の範囲内で勤務時間を選択可能
アクセンチュア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:江川 昌史、以下アクセンチュア)は、社員が効率的かつ自分らしく働ける職場環境の実現に向けた取り組みをさらに強化し、より柔軟な就業制度を実現するため、従来の在宅勤務制度を拡充し、および短日・短時...

ニュース2016/03/22
インクルージョン&ダイバーシティ推進のための社外有識者によるアドバイザリー・ボードを設立:アクセンチュア
アクセンチュア株式会社は2016年3月11日、都内で記者会見を開き、日本オフィスにおけるインクルージョン&ダイバーシティの取り組みをさらに強化するため、社外有識者によるアドバイザリー・ボードを設立することを発表しました。アクセンチュアは、インクルージ...

ニュース2016/01/27
アクセンチュア、『上級役職者に対して行った最新調査』~82%の上級役職者が自社の成長に向けたコスト削減の意向を持つ一方、大多数が成長投資とコスト削減の連動に苦戦~
アクセンチュア(NYSE: ACN)が約700名の上級役職者に対して行った最新調査によると、82%の回答者は「コスト削減によって捻出した資金を、自社の成長分野に投資したい」と考えている一方で、大多数は「成長戦略とコスト削減の足並みが揃っていない」と考...

ニュース2015/12/08
日本ワーキングママ協会、企業・団体連合「チームWork Smarter!」を21社で発足。短時間で高い価値を生みだす働き方を推進!(東京ワーキングママ大学×アクセンチュア株式会社)
東京ワーキングママ大学(運営:一般社団法人日本ワーキングママ協会/東京都世田谷区/代表理事 大洲 早生李)と、アクセンチュア株式会社(東京都港区/代表取締役社長 江川 昌史)は、“働き方変革”で女性の活躍を支援するプロジェクト「Work Smarte...

ニュース2015/03/16
「多様な働き方」に関するアクセンチュアの最新調査―
~多くのビジネスパーソンはデジタル化推進のリーダーに
女性が登用されることに期待~
【ニューヨーク発:2015年2月26日】アクセンチュアが実施した最新の調査「#ListenLearnLead(聞き、学び、リードする)」によると、グローバルで活躍するビジネスパーソンの多くは「自分自身をよい聞き手である」(96%)と認識する一方で、「...

  • 1

18件中 118件を表示

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


10~300名規模の企業だからこそ効果的<br />
「クラウド型人事・給与システム」が人材と企業経営を強くする

10~300名規模の企業だからこそ効果的
「クラウド型人事・給与システム」が人材と企業経営を強くする

クラウドシステム導入を検討する中堅・中小企業必読のインタビュー。システ...


ビジネス界の重鎮が提言!<br />
 語学力偏重にモノ申す~日本人のグローバルリーダーはまず日本語から育てよ~

ビジネス界の重鎮が提言!
語学力偏重にモノ申す~日本人のグローバルリーダーはまず日本語から育てよ~

日本のビジネスパーソンが海外で活躍するためには、何が必要なのでしょうか...


『日本の人事部』主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2020-春-」を5/12~15、5/22、5/27~28に開催。<全講演ライブ配信>


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

日本を代表する大手企業の人事エグゼクティブによる、人事の未来を考える会