無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

ニュース
グローバル その他人事
掲載日:2017/06/27

2025年までに社員数の男女比を均等にする目標を設定~グローバル全体の女性マネジング・ディレクターの比率を2020年までに25%に引き上げる目標も:アクセンチュア

アクセンチュア(NYSE:ACN)は、組織におけるジェンダーダイバーシティの実現に向けて、2025年までにアクセンチュア全社員数の男女比を50対50とすると発表しました。

 

アクセンチュアの会長兼CEO(最高経営責任者)であるピエール・ナンテルム(Pierre Nanterme)は次のように述べています。「多様性は、私たちのビジネスをより強力で革新的なものにするだけでなく、社会をより良い方向へ変えていく力を持っています。アクセンチュアはこの新たな目標を掲げ、ジェンダーバランスのとれた職場を実現するという重要なメッセージを社員とお客様に向けて発信していきます」

 

現在アクセンチュアでは、グローバル全体で約15万人の女性社員(社員数のおよそ40%)が働いています。これまでアクセンチュアでは、ジェンダーダイバーシティの実現に向けて、複数の目標値を設定してきました。

  • 2017年までに新入社員の40%を女性にすることを目指す活動を推進した結果、1年前倒しで達成
  • 2016年に、マネジング・ディレクター(経営幹部)に昇進した女性比率は過去最高の30%
  • グローバル全体の女性マネジング・ディレクターの比率を2020年までに25%に引き上げる目標を設定

アクセンチュアは、ジェンダーバランスのとれた組織実現に向けて、女性の採用を強化し、女性社員が働き続けやすいよう環境を整え、女性リーダーの継続的な輩出を支援する取り組みを推進してきました。

  • 女性の上級管理職を対象としたグローバル・エグゼクティブ・リーダーシップ・プログラムを開催: 6年前の開始以来、プログラムに参加した女性の約80%が昇進を果たすか、職責の範囲を大幅に拡大しました。
  • 透明性のある取り組みにコミット: 女性社員数の増加に向けた明確で測定可能な目標を設定・公開し、日本のほか、米国、カナダ、南アフリカ、インド、ASEAN諸国など多くの国々で社員数を公表しています。
  • 女性が、市場で需要が高いスキルの習得を支援する、複数のプログラムを開始: 例えば、「ウーマン・イン・テクノロジー」プログラムでは、高い需要に対して人材不足が顕著なテクニカル・アーキテクトを目指す、優れた女性社員の速やかなキャリア構築を支援しています。
  • 職場におけるジェンダーダイバーシティの推進に向けた官民連携を実践: 具体的な活動には、「White House Equal Pay Pledge(ホワイトハウス同一賃金誓約。同一賃金の実現に対する誓約を呼び掛ける米国政府の声に応じて、民間企業が誓約書に署名)」、「Paradigm for Parity(パラダイム・フォー・パリティ。女性の活躍推進を目指して米産業界の女性リーダーらが創設した団体)」への参加が含まれます。

アクセンチュアの最高人事責任者であるエリン・シュック(Ellyn Shook)は次のように述べています。「アクセンチュアでは、多様性は創造力と競争力の源泉であると考えています。『2025年までに男女比50対50の実現』に向けて取り組む中、アクセンチュアが最終目標としているのは、社員がアクセンチュアの社員であることに誇りを持ち、仕事でもプライベートでも自分らしく能力を発揮し、生き生きと活躍できる職場環境を作ることです」

詳細はこちらを参照ください。(英語のみ)

 

【報道関係の方のお問い合わせ先】
アクセンチュア株式会社
マーケティング・コミュニケーション部
山田 和美
TEL: 045-330-7157(部門代表)

 

◆本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。

(アクセンチュア株式会社 http://www.accenture.com/jp /6月26日発表・同社プレスリリースより転載)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

ニュースジャンル一覧

その他人事(グローバル)ジャンルのニュース