ニュース
人事サービス その他人事サービス
掲載日:2018/11/28

2,000人規模の社内実践で得られた知見を活かしお客様の生産性向上を支援~AIを活用した働き方改革を実現する「Zinrai for 365 Dashboard」を販売開始:富士通

富士通株式会社は、多様な働き方の実現と従業員のワークライフバランスの向上に向けて、AIを活用した業務内容の可視化を実現する新サービス「FUJITSU Workplace Innovation Zinrai for 365 Dashboard(フジツウ ワークプレイス イノベーション ジンライ フォー サンロクゴ ダッシュボード、以下、「Zinrai for 365 Dashboard」)」を11月27日より販売開始します。

当社とマイクロソフト コーポレーション(本社:米国ワシントン州レドモンド、CEO:サティア・ナデラ、以下 マイクロソフト)は、2017年12月より開始されたAI分野での戦略協業において、働き方改革の領域でのソリューションを共同で開発してきました。

本サービスは、その第一弾として、当社で実施した2000人規模の社内実践から得られた知見を活かし、マイクロソフトの統合ソリューション「Microsoft 365」を利用することで蓄積されたメールやスケジュールなどのビッグデータやPCの利用状況を当社のAI技術「FUJITSU Human Centric AI Zinrai」(以下、Zinrai)で解析し、業務内容の分類や可視化を行うサービスです。お客様は、それらの結果をもとに、現状の働き方における課題を抽出し、重点的に改善することで、よりクリエイティブな業務へシフトし、多様で柔軟な働き方が可能となります。

当社は、今後もAIを活用したさらなる働き方改革を実現するソリューションを開発し、グローバルに提供していきます。


■背景
昨今、長時間労働の是正や多様な働き方の実現、ワークライフバランスの向上を狙いとして、働き方改革の取り組みが急速に進んでいます。一方で、このような改革を進める中で、どのような仕事に誰がどれだけ時間を費やしているかといった従業員の働き方の実態把握や生産性向上に向けた取り組みの効果を定量的に把握・検証する方法について、改善すべき課題も見えてきました。

当社とマイクロソフトは2017年12月よりこれまでの協業の枠組みをAI分野にも拡大し、両社が持つAI技術やサービスを活用したさらなる働き方改革を実現するソリューションの共同開発を進めてきました。


■サービスの特長
本サービスは、マイクロソフトの「Microsoft 365」を利用することで「Microsoft Azure」に蓄積されたメールや文書のタイトル、スケジュールなどのビッグデータおよびPCの利用状況を、富士通研究所の研究成果が集約された「Zinrai」の自然言語処理技術と知識処理技術を用いて解析し、業務内容を分類し可視化するサービスです。どのような仕事にどれだけの時間を費やしているかを把握するため、業務内容を「作業」「対象」「テーマ」の3つの角度から解析します。また、マイクロソフトの対話型データ視覚化ツール「Microsoft Power BI」との連携により、解析結果を可視化し、多角的な分析を可能としています。

これにより、現状の業務内容における課題を具体的に把握でき、さらに可視化された結果を活用することで生産性向上に取り組み、効果を定量的に把握・検証することが可能になるなど、お客様の生産性や業務の質の向上を実現します。

同時に、導入支援や働き方改革に向けたシナリオ作成のコンサルティングなどの各種サービスとあわせ、本サービスの導入から継続的な効果のモニタリングまで、お客様の働き方改革をトータルに支援します。
 

■当社における社内実践の概要
当社は、ソリューション開発に先立ち、2018年7月から、AIによる日々の業務の分類・可視化の精度向上を図る社内実践を開始しました。具体的には、AI技術「Zinrai」を活用し、当社の従業員約2000人の「Microsoft 365」のデータやPCの利用状況から、従業員ひとり一人がどのような作業を、どのような目的で、誰と行っているかを軸に業務内容を分類し、どのような仕事にどれだけの時間を費やしているかを可視化し、さらにダッシュボードで分析、評価しました。

先行トライアル部門では、課題として見えてきた会議やコミュニケーションスタイルの見直しに取り組み、一人あたり平均で43分/日の時間を創出しました。これにより、企画業務などにより注力することが可能となり、業務全体のうちコア業務の割合を16%増加させました。


■今後の展開
今後、本サービスとマイクロソフトのコミュニケーション状況や時間の使い方を分析する「Microsoft Workplace Analytics」とを連携させることで、会議や日常のコミュニケーションの質を高め、さらなる働き方改革の促進を支援していきます。

また、当社は2020年までに、本サービスにおける関連ビジネスを含め500億円規模のビジネスを開拓することを目指します。さらに、本サービスを日本市場への提供を皮切りに、順次グローバルに展開していきます。


■販売価格および提供開始時期
製品名:FUJITSU Workplace Innovation Zinrai for 365 Dashboard
販売価格(税別):1IDあたり月額1,200円より
提供開始時期:2018年11月27日

 

◆本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。

(富士通株式会社 http://www.fujitsu.com/jp/ /11月27日発表・同社プレスリリースより転載)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。