企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

ニュース
企業人事部 その他企業人事部
掲載日:2018/10/30

長時間労働が困難な人材 「超」時短で受け入れ

障がいや疾病、加齢などの理由から長時間の労働が困難な人に対して、より柔軟に短時間の労働を認める企業の動きが進んでいる。

 

ソフトバンク株式会社では、2016年に「ショートタイムワーク制度」を導入。精神障がいや発達障がいなどの理由で長時間勤務が難しい人を対象に、週20時間未満でも就業できる仕組みをつくっている。今年2月には、東京大学先端科学技術研究センターと協力し、ショートタイム制度の普及を目指す「ショートタイムワークアライアンス」を発足。理念に賛同する企業・自治体の募集も開始した。

 

また、株式会社スギ薬局は、「シルバーアソシエイツ制度」を2017年11月に本格スタート。65歳以上のシニアと業務請負契約を結び、いつでも好きな時間に自分のペースで働ける仕組みを提供している。店舗や物流センターで約100名が働いており、平均年齢は70歳だという。

 

人手不足が続く中で、人材の確保が多くの企業の課題となっている。制限のある人材をいかにして受け入れるのか、企業の取組みが注目される。

 

(『日本の人事部』編集部)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です
ニュースジャンル一覧
その他企業人事部(企業人事部)ジャンルのニュース

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

無料ウェビナー8/25コーナーストーン主催

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


プレスリリース掲載に関して

プレスリリース掲載に関して

弊社媒体向けニュースリリースにつきましては、受付フォームをご用意しております。
プレスリリース受付フォーム


『日本の人事部』主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2020-春-」を5/12~15、5/22、5/27~28に開催。<全講演ライブ配信>


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

日本を代表する大手企業の人事エグゼクティブによる、人事の未来を考える会