企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

印刷する印刷する 
社会行政・法律2017/12/28

就職活動開始時に地域限定正社員への応募意向がある割合は約72.6%。応募意向のある学生の現在の居住地域は、約64.9%が三大都市圏~『大学生・大学院生の多様な採用に対するニーズ調査』:JILPT

労働政策研究・研修機構(JILPT)では、2018年春以降に就職することを予定している大学生・大学院生を対象に、多様な採用に対するニーズ調査を実施しました。その結果を速報版としてとりまとめ、公表します。なお、 詳細の報告は追ってとりまとめ、当機構の  調査シリーズ  として刊行する予定です。

 

<調査結果のポイント>

●希望する就職先企業
学生合計で見ると  、「勤務地が限定される全国規模の企業」(約40.0%)、「全国転勤がある全国規模の企業」(約29.5%)および「海外展開もしている企業」(約27.3%)を希望する割合が高く、事業所を広域に展開している企業を希望している。

ただし、女子学生は、「勤務地が限定される全国規模の企業」(約47.0%)  および「特定の地域に展開する企業」(約29.8~32.7%)を希望する割合が高く、勤務地が限定される企業を希望する傾向がある。

 

●地域限定正社員への応募意向
就職活動開始時に地域限定正社員への応募意向がある割合(「是非応募したい」と「(限定のない一般の正社員と)処遇に大きな差がなければ応募したい」の合計。以下同様)は、学生合計で約72.6%である。とりわけ女性の文系学生では約85.3%と、  応募意向のある割合が相対的に高い。なお、応募意向のある学生の現在の居住地域は、約64.9%が東京・名古屋・大阪の三大都市圏である。

地域限定正社員への応募意向のある学生が希望する勤務地は、「現在の居住地域」が約72.6%でもっとも割合が高く、ついで「高校卒業時の居住地域」(約42.0%)である。勤務地として希望する「現在の居住地域」は「大学(大学院)の所在地域」とほぼ同じ地域であるが、勤務地として希望する「高校卒業時の居住地域」は「現在の居住地域」と約2割乖離している。

 

●職務限定正社員への応募意向
就職活動開始時に職務限定正社員への応募意向がある割合は、学生合計で約58.0%である。とりわけ女性の理系学生では約67.5%と、応募意向のある割合が相対的に高い。

職務限定正社員の応募を希望する理系の学生は、「大学・大学院の専攻に直結した仕事」(約54.3~62.7%)を希望する割合が高い。ただし、男性の文系学生は、「一般事務の仕事」および 「営業の仕事」を、女性の文系学生は、「一般事務の仕事」を希望する割合が高い。

 

●勤務時間限定正社員への応募意向
就職活動開始時に勤務時間限定正社員への応募意向がある割合は、学生合計で約51.8%である。とりわけ女性の理系学生では約61.3%と、応募意向のある割合が相対的に高い。

ただし、勤務時間限定正社員の応募を希望する学生の約82.0%は、残業がないことを希望しており、所定内勤務時間が短いことを希望する割合は低い。

 

●就職予定先企業での働き方
内定を得て就職活動を終えた学生の就職予定先企業での働き方は、「限定のない一般の正社員」が約67.7%、「地域限定正社員」が約21.8%、「職務限定正社員」が約16.1%、「勤務時間限定正社員」が約2.8%となっている。

就職活動開始時の限定正社員への応募意向と就職予定先企業での働き方を比較すると、地域  限定正社員への応募意向のある学生の約28.6%  が就職予定先企業で地域限定正社員として働く予定である。同割合は、職務限定正社員では約24.3%、勤務時間限定正社員では約4.4%となっている。

 

●希望する働き方の変化
調査時点で就職活動を続けている学生のうち希望する働き方に大きな変化のない学生は約89.4%だが、限定正社員や契約社員から一般の正社員希望に変えた学生が約7.1%いる。希望する働き方が変わった主な理由は、「希望している企業のなかでは、その働き方でしか求人している企業がないから」が約35.2%、「その働き方でしか内定を得られないと思うから」が約23.5%である。

 

●通年募集・秋季募集
通年募集・秋季募集が多ければ良いと思う学生は、合計で約60.6%である。通年募集・秋季募集が多ければ良いと思う主な理由は、「就職活動に時間をかけて自分に合った企業を見極めたいから」が約61.2%、「希望する就職先の候補が複数あり、採用スケジュールが重なるのを避けたいから」が約47.9%である。

 

◆ 本調査の詳細は、こちら(PDF)をご覧ください。

(独立行政法人労働政策研究・研修機構 http://www.jil.go.jp/ /12月26日発表・同機構プレスリリースより転載)


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です
ニュースジャンル一覧
行政・法律(社会)ジャンルのニュース

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!<br />
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

VUCAの時代となり、あらゆる意味でこれまでの企業経営が見直されていま...


働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術<br />
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

2019年4月より大企業に対する適用がスタートした「働き方改革関連法」...


プレスリリース掲載に関して

プレスリリース掲載に関して

弊社媒体向けニュースリリースにつきましては、受付フォームをご用意しております。
プレスリリース受付フォーム


『日本の人事部』主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2020-春-」を5/12~15、5/22、5/27~28に開催。<全講演ライブ配信>


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

日本を代表する大手企業の人事エグゼクティブによる、人事の未来を考える会