企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

印刷する印刷する 

[グローバル]

2017/12/27

転職後に満足度が高まった人は74%~「求職トレンド調査 2017」を発表。世界13ヵ国で2016年に就職・転職した人の求職行動を解明:リクルートホールディングス・BCG

ボストン コンサルティング グループ(東京オフィス:東京都千代田区、日本代表:杉田浩章)と、株式会社リクルートホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 兼 CEO:峰岸真澄)内の人と組織に関する研究機関であるリクルートワークス研究所は、共同で「求職トレンド調査 2017」を実施しました。これは、2016年に就職・転職した、13カ国・約13,000人の求職行動を、国際比較可能な形で明らかにしたものです。なお、「求職トレンド調査」の実施は2015年に開始し、今回が3回目です。

調査結果をまとめたレポートは、以下よりダウンロードいただけます。(PDF)

日本語英語

 

<ポイント>
※明記のないものについては、13ヵ国平均について説明しています。

2016年に求職活動を行い就職・転職した13ヵ国・約13,000人を対象にした本調査では、次の結果が得られた。

1.転職の満足度

  • 転職前の仕事と転職後の仕事を比較し、転職後に満足度が高まった人は74%
  • 年代別では、10代・20代では70%台である一方、50代では67%、60代では59%と、年代が上がるごとに転職の満足度が低下
  • 転職後に満足度が高まった人の割合を国別に見ると、中国84%、インド83%を筆頭に、新興国で多い

[日本の特徴]

  • 転職後に仕事満足度が高まった人の割合は、61%であり、フランスに次いで低い
  • 低くなった人の割合は、18%であり、13ヵ国中、最も高い水準

 

2.給与・報酬の重要性

  • 前職の退職理由について、13ヵ国平均で最も多いのは給与・報酬に対する不満(22%)。給与・報酬に対する不満を退職理由として挙げた人が特に多いのは、インド(35%)、中国(30%)
  • 現在の仕事に転職を決める上で、転職前よりも給与水準が上がる転職先だけを検討した人は、13ヵ国平均で53%。特に多いのは、インド(81%)、中国(63%)

[日本の特徴]

  • 前職の退職理由について、給与・報酬に対する不満を挙げた人は17%にとどまり、職場の人間関係への不満(16%)、不満はなかったが辞めざるを得なかった(15%)を挙げた人の割合が他国よりも高い
  • 現在の仕事に転職を決める上で、転職前よりも給与水準が上がる転職先だけを検討した人の割合について、日本は他国と比較して大幅に少ない26%。75%の人は給与水準が前職と同等もしくは下がる仕事も転職先として検討の対象としており、他国と比べて大幅に多い

 

3.求職手段・入職経路としてのSNS

  • 求職活動において利用した全ての求職手段のうち、入職経路(現職を得る上で最も有効・重要だった手段)として挙げた人が多かったのは、インターネット求人サイト(36%)、リファーラル(職場の同僚や家族、知人からの紹介)(16%)、SNS(10%)。SNSの割合は前回調査結果から2ポイント増加し、初めて10%台となった
    [参考:前回調査(求職トレンド調査2016)の結果]
    入職経路として挙げた人が多かった順に、インターネット求人サイト(36%)、リファーラル(職場の同僚や家族、知人からの紹介)(16%)、新聞・雑誌などの紙媒体の求人広告(9%)、人材派遣会社(4%)、人材紹介会社(4%)、SNS(8%)
  • 中国では、入職経路としてSNSを挙げた人が、昨年より3ポイント増加し、13ヵ国中最も高い21%。中国内での入職経路の比較においても、インターネット求人サイト(15%)を上回り、全ての入職経路において最も高い割合となった

[日本の特徴]

  • 入職経路(最も有効・重要だった手段)としてSNSを挙げた人は、13ヵ国中最も低い水準の2%。公的機関を挙げた人は、13ヵ国中最も高い21%

 

4.国境を越えた就職・転職

  • 国外での就職・転職に関心を持つ求職者(就職・転職に伴って移住した人含む)は62%
  • 就職・転職先として希望する人が多いのは英語圏先進国(アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア)、次いで、非英語圏先進国(日本、ドイツ、フランス、イタリア)

[日本の特徴]

  • 国外での就職・転職に関心を持つ求職者(就職・転職に伴って移住した人含む)は、前回調査(求職トレンド調査2016)と同水準の30%であり、13ヵ国中最も低い

 

<調査概要>
目的:
世界各国の求職者行動の実態を把握し、国際比較可能な形で明らかにすること
対象国:13ヵ国
オーストラリア、ブラジル、カナダ、フランス、ドイツ、日本、イタリア、ロシア、南アフリカ、イギリス、アメリカ、インド、中国
対象者:
・上記対象国で、2016年1~12月に求職活動を行い就職・転職した人(15歳以上)
・被雇用者(会社員、アルバイト・パート、公務員)、非被雇用者(自営業者・フリーランス)
※主夫・主婦・学生・退職者・失業者を除く
・学歴、男女比率について、各国の構成比の実態に合わせて割り付け補正(ウェイトバック集計)を行った
調査項目:
転職における満足度、前職を退職した理由、給与・報酬の重要性、入職経路(最も有効・重要な求職手段)、国境を越えた就職・転職の状況 等
手法:インターネットによるアンケート調査
期間:2017年7~8月
有効回答数:13,184人
(内訳 オーストラリア、ブラジル、カナダ、フランス、ドイツ、日本、イタリア、ロシア、南アフリカ、イギリス、アメリカ:約830人/国、インド:約1,600人、中国:約2,500人)

 

◆ 本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。

(株式会社リクルートホールディングス リクルートワークス研究所  http://www.works-i.com/ /12月26日発表・同社プレスリリースより転載)


ニュースジャンル一覧

調査(グローバル)ジャンルのニュース

2020年度の新卒採用を見据える。注目の採用支援ソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

Indeedオンラインセミナー

ニュースアクセスランキング

注目コンテンツ


2020年度の新卒採用を見据える。注目の採用支援ソリューション特集

日本の人事部では、激戦の新卒市場をリードするための最新のサービスやソリューションをご紹介。御社にぴったりのパートナーを見つけてください。



管理職としての必須知識を獲得するサービス特集

本特集では、『日本の人事部』が注目する、管理職育成のための多彩なプログラムをご紹介。体験セミナーへの参加申込み、資料のダウンロードも可能ですので、 ぜひご利用ください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


いま考えるべき人事の「未来像」 <br />
~新しい時代における人事の存在意義とは~

いま考えるべき人事の「未来像」
~新しい時代における人事の存在意義とは~

グローバリゼーションやテクノロジーの急激な進化により、いま世界は大きく...


1日30分、週3日、3ヵ月。<br />
それだけでTOEIC®テストスコア500点突破を目指せるプログラムとは?
new

1日30分、週3日、3ヵ月。
それだけでTOEIC®テストスコア500点突破を目指せるプログラムとは?

グローバル化が進む現在、多くの企業が社員の英語力向上を課題としています...


プレスリリース掲載に関して

プレスリリース掲載に関して

弊社媒体向けニュースリリースにつきましては、受付フォームをご用意しております。
プレスリリース受付フォーム


『日本の人事部』 主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2018-春-」を5/9・15・16・17・18・21・22に開催。


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

第12回会合として、人事リーダーによる座談会を2/2(金)に開催。