企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

印刷する印刷する 
企業人事部人材育成2017/12/20

2020年には4万8000人が不足するIT人材 育成の取り組み活発に

多くの企業が人工知能(AI)ビッグデータ解析技術を応用したサービスの開発に取り組む中で、IT人材の不足が深刻化している。経済産業省が発表した調査によると、2020年には約4万8000人のIT人材が不足することが予想されるという。

 

こうした予測を受け、政府はIT人材の育成に乗り出している。大学での人材教育の強化を図るほか、企業などで働く雇用保険の被保険者を対象に、技能習得に必要な費用の助成などを行うことで、リカレント教育(社会人になってからの学びなおし)による人材育成にも力を入れる。

 

企業の取り組みも活発だ。ダイキン工業は大阪大学と組み、人工知能(AI)に詳しい人材の育成を開始。教授らを招き、社員に学ばせることで、2020年度までに700人弱の人材養成を目指す。また、日立製作所では昨年6月、北海道大、東京大、京都大とそれぞれ共同研究組織を設立。外部と交流するオープンイノベーションを進める中で、IT人材の育成を目指す(日本経済新聞より)。

 

今後、IT人材の需要がさらに高まる中で企業が人材を獲得するには、採用を強化するだけでなく、社内でいかに人材を育てるかがカギとなる。産官学の連携による人材育成の取り組みは、ますます増加するのではないだろうか。


(『日本の人事部』編集部)


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です
ニュースジャンル一覧
人材育成(企業人事部)ジャンルのニュース

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代<br />
働くひとのための「眠り方改革」とは

企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代
働くひとのための「眠り方改革」とは

睡眠改善への取り組みが今、注目を集めています。健康への影響にとどまらず...


働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術<br />
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

2019年4月より大企業に対する適用がスタートした「働き方改革関連法」...


プレスリリース掲載に関して

プレスリリース掲載に関して

弊社媒体向けニュースリリースにつきましては、受付フォームをご用意しております。
プレスリリース受付フォーム


『日本の人事部』主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2020-春-」を5/12~15、5/22、5/27~28に開催。<全講演ライブ配信>


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

日本を代表する大手企業の人事エグゼクティブによる、人事の未来を考える会