無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

ニュース
人事サービス 人材育成・研修
掲載日:2016/04/04

女性管理職は若手社員のロールモデルなのか~管理職だけでなく若手社員も、女性は男性よりも総じて仕事に対して前向き~トーマツ イノベーション調査

トーマツ イノベーション株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長 眞﨑大輔)は、2016年4月1日の女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(女性活躍推進法)施行を目前に控え、女性活躍の実態と周囲の評価、またこれから活躍が期待される若手社員の意識についてアンケートを実施しました。アンケートは当社の研修サービスBiz CAMPUSのうち、管理職および若手社員を対象とした研修の受講者1,461名を対象に2016年3月11日~30日に実施しました。

 

【調査結果のサマリ】
 ・女性管理職は「このままもっと成長したい」、より高度な仕事に対しても意欲的
 ・
仕事に真摯に向き合い成長し続ける上司は若手社員にとってのロールモデル
 ・
女性若手社員は上司に憧れつつも、現状に満足する保守的な一面も
 ・
管理職だけでなく若手社員も、女性は男性よりも総じて仕事に対して前向き

 

【女性管理職の実態】
研修受講者の性別を見てみると、若手社員(係長以下)ではおよそ男:女=6:4ですが、管理職(課長以上)ではおよそ9:1となりました。男性管理職に比べて女性管理職は圧倒的に少数派と言えます。一方で女性管理職と男性管理職の社会人歴構成に大きな差は見られず、若くして管理職に登用されている女性も一定の割合でいることが分かります。

自身を取り巻く仕事の環境および成長意欲について女性管理職に聞いたところ、「環境が自分の成長に適している」と感じている人が多く(78.1%、男性管理職は70.9%)、また「もっと高度な仕事に取り組みたい」という人が9割を超える結果となりました(93.9%、男性管理職は78.6%)。男性と渡り合い1割の管理職となった “選ばれた女性”にとっては、現在の仕事環境が心地よく、「この調子でもっと成長したい」といったポジティブでアグレッシブな様子がうかがえます。

一方で、女性管理職は自分が頑張っている分部下に対する期待も高いためか、部下の評価が辛い傾向が見られました。部下のことを「プライベートを優先」(43.8%)して「成長をし続けていない」(46.9%)と評価する女性管理職が男性管理職(それぞれ26.5%、35.4%)より多い結果となりました。

 

【女性管理職を見る部下の目】
若手社員に上司の仕事の仕方(「変化・成長し続けているか」「より高度な仕事に取り組んでいるか」)について聞いたところ、女性管理職(上司が女性である場合)の評価は男性管理職(上司が男性である場合)と同程度かむしろ高い傾向があり、それぞれ「とてもそう思う」「そう思う」を足すと8割程度(80.4%、76.5%)となっています。

上司のワークライフバランスについては、女性管理職を上司に持つ人の80.4%が「上司はプライベートよりも仕事を優先している」と感じています(上司が男性の場合は78.6%)。

これらの結果から、 男性管理職と肩を並べ、あるいは、より意欲的・挑戦的に働き、部下からも認められ輝いている女性管理職の姿がイメージされます。「将来、上司のようになりたいか」という問いに対して、上司が女性の場合は58.8%でした(上司が男性の場合は52.4%)が、若手社員が「上司の仕事の仕方」を評価しているほど高くなる(「上司のようになりたい」と思う若手が多くなる)傾向がありました。現状よりも高度な仕事に取組み、成長し続ける女性管理職が女性若手社員のロールモデルとして機能していることをうかがわせます。

 

【若手女性の意識】
若手社員に自身の仕事の仕方について聞いたところ、「仕事に対して主体的に取り組んでいる」という女性は79.6%と男性(74.7%)と比べてもやや多く、またワークライフバランスについては「仕事よりもプライベートを優先している」という女性は39.4%と男性(44.2%)と比べてやや少ない結果となりました。管理職同様に若手においても、きちんと仕事に向き合う女性社員の様子がうかがえます。

一方で、「取り巻く環境が自身の成長に適しているか」という問いについて、女性若手社員(64.6%)は女性管理職(78.1%)に比べて10ポイント以上低い結果となりました。また「もっと高度な仕事に取組みたい」という項目において女性の若手社員(64.9%)は男性の若手社員(78.1%)と比べて低く、保守的な一面を垣間見ることができます。仕事を通した自身の成長について、若手女性社員の認識、価値観が従来のものとは変わってきていることが示唆されます。

 

【まとめ】
現在会社で管理職となっている女性は、男性に負けじとワークライフバランスも気にせずに働き、成長し続けるためにより高度な仕事にチャレンジしていることが分かりました。仕事に取り組むその姿に対して部下からの評価は高く、部下にとって女性管理職は憧れの存在=ロールモデルでもあります。

一方で若手の女性社員において、現在の管理職世代の「自分にも周囲にも厳しく、もっと成長を」というスタンスに対して違和感を持っている人が多いことも示唆されました。若手女性社員は従来の管理職世代とは異なる働き方、成長の仕方を求めていると考えられ、女性活用のさらなる推進においては、若手女性社員の仕事観を加味した人材戦略・人材育成が必要と言えます。

 

【調査概要】
調査対象: Biz CAMPUSの研修*を受講する管理職(課長以上) および若手・中堅社員(係長以下)* 東京会場で開催の管理職向け研修および若手・中堅社員向け研修
調査時期: 2016年3月11日~年3月30日
調査方法: 自記入式のアンケート
調査サンプル数: 1,461名(管理職:329名、若手・中堅社員:1,132名)

 

◆本レポートの詳細は、こちらをご覧ください。

(トーマツ イノベーション株式会社 http://www.ti.tohmatsu.co.jp/ /3月31日発表・同社レポートより転載)

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。