無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

【ヨミ】セイヤクシャイン 制約社員

「制約社員」とは、働く場所や時間、従事する仕事内容などの労働条件について何らかの制約をもつ社員の総称です。伝統的な会社組織の基幹を成してきた正社員が、会社に言われれば「いつでも・どこでも・どんな仕事でも」働く無制約社員を前提とするのに対し、近年は特定の場所や時間での勤務を希望するパートタイマー・契約社員などの非正社員に加え、正社員でも育児や介護、高齢、病気といったさまざまな事情により働き方が限定される制約社員が増えています。
(2013/3/25掲載)

制約社員のケーススタディ

「いつでも・どこでも・どんな仕事でも」は限界
働き方に制約のある人材をどう活用するか

労働人口の減少を背景に今後の人事管理のあり方を考えるとき、育児・介護と仕事との両立、定年以降の就労といったニーズの高まりに応えて、社員により柔軟な働き方を提供しながら組織活性化を図っていかなければならないのは明らかでしょう。勤務地や勤務時間、従事する仕事内容などに一定の制約が生じる「制約社員」の存在を前提に、人事管理システムの再構築が求められるゆえんです。

制約社員の反対は、会社の指示によって「いつでも・どこでも・どんな仕事でも」働く無制約社員です。終身雇用や年功制に象徴される日本企業の伝統的な人事管理システムの下では、この無制約社員という働き方を前提に、「総合職」と呼ばれる男性正社員が基幹社員として組織の中心を成してきました。以前から一般職やパート社員といった形態での制約社員も存在しましたが、日本企業はこれに無制約社員と異なる処遇を適用。伝統的な人事管理制度は、いわば「一国二制度」をとってきたのです。

しかしここへきて、高齢化や女性活用が進んだ結果、中高年の男性社員が老親の介護にあたったり、家事や育児で制約を受ける女性社員が増えたりするなど、正社員が制約社員化する傾向が見られます。一方で勤務地や勤務時間に縛りはあっても、正社員と同等の仕事を行うパートや嘱託の非正社員が増えるなど、制約社員の基幹社員化も顕著です。従来の無制約社員が減り、さまざまな形態の制約社員が組織内でマジョリティーを形成するようになれば、正社員・非正社員の壁も意味を失うでしょう。「一国二制度」の別扱いを続けていては、いずれ双方から不満が高まり、組織生産性の低下を招きかねません。

そうしたなか、政府が、正社員とパートの中間的な位置付けで職種や勤務地を限定する「準正社員」の雇用ルールをつくる方針を発表しました。職種変更や転勤を伴わない分、企業は賃金を抑えられ、事業所閉鎖時に解雇しやすいなどのメリットがあります。また、さまざまな要因から制約社員化する働き手にとっても、例えば出産を機に退社していた女性社員が子育て期間だけ準正社員として働くなど、一人ひとりの制約に応じた働き方の選択肢が広がります。準正社員は期間の定めのない無期雇用で、給与水準は正社員の8~9割。福利厚生などは正社員に準じ、社会保険にも加入できるため、非正規雇用より生活の安定が望めます。

すでに大手百貨店など一部の企業は、準正社員に相当する正社員とパートの中間的な職種を独自に導入しています。高島屋では雇用契約を1年ごとに更新する契約社員の数が正社員とほぼ同数、三越伊勢丹は今春から正社員の3割程度まで採用を拡大するとのこと(2013年3月14日 日本経済新聞)。政府はこうした先行事例の周知を図るとともに、パートなど非正社員を準正社員に転換させる企業への助成制度も拡充する方針です。 

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連する書式・テンプレート

関連するキーワード