企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】セイヤクシャイン 制約社員

「制約社員」とは、働く場所や時間、従事する仕事内容などの労働条件について何らかの制約をもつ社員の総称です。伝統的な会社組織の基幹を成してきた正社員が、会社に言われれば「いつでも・どこでも・どんな仕事でも」働く無制約社員を前提とするのに対し、近年は特定の場所や時間での勤務を希望するパートタイマー・契約社員などの非正社員に加え、正社員でも育児や介護、高齢、病気といったさまざまな事情により働き方が限定される制約社員が増えています。
(2013/3/25掲載)

制約社員のケーススタディ

「いつでも・どこでも・どんな仕事でも」は限界
働き方に制約のある人材をどう活用するか

労働人口の減少を背景に今後の人事管理のあり方を考えるとき、育児・介護と仕事との両立、定年以降の就労といったニーズの高まりに応えて、社員により柔軟な働き方を提供しながら組織活性化を図っていかなければならないのは明らかでしょう。勤務地や勤務時間、従事する仕事内容などに一定の制約が生じる「制約社員」の存在を前提に、人事管理システムの再構築が求められるゆえんです。

制約社員の反対は、会社の指示によって「いつでも・どこでも・どんな仕事でも」働く無制約社員です。終身雇用や年功制に象徴される日本企業の伝統的な人事管理システムの下では、この無制約社員という働き方を前提に、「総合職」と呼ばれる男性正社員が基幹社員として組織の中心を成してきました。以前から一般職やパート社員といった形態での制約社員も存在しましたが、日本企業はこれに無制約社員と異なる処遇を適用。伝統的な人事管理制度は、いわば「一国二制度」をとってきたのです。

しかしここへきて、高齢化や女性活用が進んだ結果、中高年の男性社員が老親の介護にあたったり、家事や育児で制約を受ける女性社員が増えたりするなど、正社員が制約社員化する傾向が見られます。一方で勤務地や勤務時間に縛りはあっても、正社員と同等の仕事を行うパートや嘱託の非正社員が増えるなど、制約社員の基幹社員化も顕著です。従来の無制約社員が減り、さまざまな形態の制約社員が組織内でマジョリティーを形成するようになれば、正社員・非正社員の壁も意味を失うでしょう。「一国二制度」の別扱いを続けていては、いずれ双方から不満が高まり、組織生産性の低下を招きかねません。

そうしたなか、政府が、正社員とパートの中間的な位置付けで職種や勤務地を限定する「準正社員」の雇用ルールをつくる方針を発表しました。職種変更や転勤を伴わない分、企業は賃金を抑えられ、事業所閉鎖時に解雇しやすいなどのメリットがあります。また、さまざまな要因から制約社員化する働き手にとっても、例えば出産を機に退社していた女性社員が子育て期間だけ準正社員として働くなど、一人ひとりの制約に応じた働き方の選択肢が広がります。準正社員は期間の定めのない無期雇用で、給与水準は正社員の8~9割。福利厚生などは正社員に準じ、社会保険にも加入できるため、非正規雇用より生活の安定が望めます。

すでに大手百貨店など一部の企業は、準正社員に相当する正社員とパートの中間的な職種を独自に導入しています。高島屋では雇用契約を1年ごとに更新する契約社員の数が正社員とほぼ同数、三越伊勢丹は今春から正社員の3割程度まで採用を拡大するとのこと(2013年3月14日 日本経済新聞)。政府はこうした先行事例の周知を図るとともに、パートなど非正社員を準正社員に転換させる企業への助成制度も拡充する方針です。 

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

改正パートタイム労働法
安倍総理が再チャレンジ支援策の一環として位置づけた法案で、2007年5月25日に成立し2008年4月から施行されます。今回の改正の最大のポイントは、「パート労働者と正社員の差別待遇を禁止する」という規定です。
限定正社員
「限定正社員」とは、勤務地や仕事内容、勤務時間などを限定して働く正社員のことで、従来型の正社員とパート、アルバイトなどの非正規社員の中間的な雇用形態を指します。転勤や残業、職務変更がないため、子育てや介護などの事情で働く時間と場所に制約がある人でも働きやすい、という特徴があります。通常の正社員と比べ...
正社員
正社員は正規社員ともいわれ、非正規社員と分けて使われる雇用形態のことを指しますが、法律で決められた定義はありません。一般には、「労働契約の期間の定めがない」「所定労働時間がフルタイムである」「直接雇用である」労働者を正社員と呼ぶことが多くなっています。

関連する記事

説明できる? 「あの人の方が給料が高い」理由
「同じ仕事なのに賃金が低いのはどうして?」 勤続が長く仕事の隅々まで理解したベテランパートよりも、何も知らない・できない 新人社員の方が賃金が高い、というのはよく聞く話です。 パート・アルバイトで働く人は、正社員との賃金格差についてどのような 不満と納得感を持...
2019/02/26掲載新卒・パート/アルバイト調査
パ-ト・アルバイトの正社員登用(転換)で企業を強くする
パ-ト・アルバイトの働きぶりを適正に評価し、正社員との処遇バランスを考えたときに、優秀なパート・アルバイトは正社員登用(転換)に行きあたる。正社員登用(転換)制度は定着したのか? 平成23年版『パートタイマ-白書』から、正社員登用(転換)のメリットと課題が見え...
2014/10/17掲載新卒・パート/アルバイト調査
若手社員の不足 どう解決するか
労働力調査(総務省)の平成25年平均結果において、非正規雇用で働く25歳から34歳の者が現職に就いた理由で最も多いのは、「正規の職員・従業員の仕事がないから」。その割合は3割を超え、他の年齢層よりも高く、不本意な形で非正規雇用に身をおいている者が多いことがうか...
2015/08/06掲載新卒・パート/アルバイト調査

関連するQ&A

正社員の解雇について
営業系正社員を解雇できる要件を教えていただけますでしょうか
契約社員から正社員登用をした場合について
弊社は入社時は、契約社員での雇用となっており試用期間は3ヵ月です。その後1年後に正社員登用試験を受けることが出来るのですが、この場合契約社員から正社員登用で正社員になる場合は、雇用契約書は必要でしょうか。 内示的なものでも良いのでしょうか。 初歩的な質問で申し訳ございませんが、宜しくお願い致します。...
有給休暇について
正社員として2年働いていた人が、正社員から業務委託になり半年たったのち、また正社員として戻ってきました。 この場合の有給休暇の付与は出戻りしてから半年後に付与して問題ないでしょうか? 業務委託期間も勤務期間としてされるのでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 人事管理 ]
分類:[ 就業管理 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

Withコロナ時代は社内研修をオンライン化! 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


なぜヤマシンフィルタは“急成長”を遂げたのか 組織変革を実現する「評価制度」と「タレントマネジメント」

なぜヤマシンフィルタは“急成長”を遂げたのか 組織変革を実現する「評価制度」と「タレントマネジメント」

成長過程にある企業では、現状に合う組織づくりや人の育成が後追いになって...


いま求められる「ハラスメント対策」<br />
~人事部が果たすべき「役割」とは何か?

いま求められる「ハラスメント対策」
~人事部が果たすべき「役割」とは何か?

近年、職場ではさまざまな「ハラスメント」が増加してきている。しかし、な...